Yahoo! JAPAN

【櫻坂46・渡邉理佐卒業コンサート総集編レポ!】ジレンマの昇華が生んだ未来の種

SODANE

【櫻坂46・渡邉理佐卒業コンサート総集編レポ!】ジレンマの昇華が生んだ未来の種

 櫻坂46(以下櫻坂)は、5月21日(土)、22日(日)の2日間、国立代々木競技場第一体育館において、「渡邉理佐 卒業コンサート」を開催した。
 欅坂46(以下欅坂)が生まれてから約7年。欅の幹から伸びた初めての枝達は半分以下となり、今現在のオリジナルメンバーは渡邉理佐(以下渡邉)を含めて9名となった。アイドルという枠を超えてセンセーショナルな衝撃を残したグループの歴史を文字通り最前線で支え、そして櫻坂として生まれ変わってからも、その華が色づくまで大きな柱として走り抜けた渡邉。彼女の卒業コンサートは、タイトル通りに彼女を送り出すというトピックに留まらず、メンバーのみならずファンに至るまで、ずっと抱えていたジレンマを昇華するようなエポックな夜となった。欅坂から数えても、セレモニーの実施だけではなく、初めてのある1人のメンバーのための卒業コンサート。過去から歴史を刻んできた代々木のステージに、多くの驚きと共に、美しくも優しい軌跡を残した2日目のレポートをお届けする。

奇跡ではない軌跡を辿るために 

 会場を埋め尽くした、見渡す限りの青と白に驚く。渡邉のサイリウムカラーで制作されたスティックバルーンやグッズで溢れかえった空間は、それぞれの形で彼女の卒業を受け止めようとしているBuddies(櫻坂ファンの総称)で膨れ上がっていた。
 ペンライトも青と白に染まる中、暗転すると“Overture”が流れる。見慣れた演出のようだが、この日は違う。渡邉理佐の姿だけで構成されたスペシャルな映像と共に、彼女の辿ってきた時間が映し出される。それはつまり、欅坂と櫻坂というグループそのものが積み上げてきた時間そのもの。間違いなく特別な日となる期待と共に、ライヴはスタートした。
 まるで櫻坂への改名時を想起するかのような水面の映像と共に、その水流は緑が配されたステージに広がっていく。そこに白煙が広がるとメンバーが登場。最後に2階のステージに渡邉が登場すると、“無言の宇宙”から記念すべき1日はスタートをした。

 ライヴの始まりを飾った同楽曲。渡邉が代理という立場ではなく、センターを務めた初の楽曲であるのと同時に、櫻坂史上1期生がセンターに立つのも初となったトピックとしても語られてきた楽曲だが、それ以上に楽曲が語るコアが雄弁であることに改めて気づく。<広い世界には多くの人がいるのに/同じ時間を共有するなんて/それを奇跡で片付けちゃうのは/もったいない勘違い>という歌詞が綴られているのだが、同グループにとって初めて、ある一人のメンバーへの餞の日が生まれたこと自体が当たり前ではないこと。迎えた今日を奇跡のような1日としてではなく、彼女がそれだけの大きなものをグループに残してきた軌跡の証として受け止める日であることを再認識する時間となった。

 アウトロと共に、彼女が歩んできた日々が会場全体に流れ、ここから本ライヴは、余りにも渡邉理佐というメンバーのパーソナリティが浮かび上がる時間が描かれることとなる。自身も考案に携わったという、彼女が抱えてきた「ジレンマ」をメンバーとBuddiesが共に昇華するようなセットリストは、普段決して多弁ではなくとも、優しくも暖かな眼差しを持った無言の想いに包まれていた。

一緒に過ごした季節へ

 セットリストを通して、最も大きな衝撃を運んだのは、間違いなく会場に1本の緑の欅が映し出された瞬間だっただろう。以前も目にした光景にオーディエンスの胸が高鳴る中飛び込んだのは、欅坂時代にリリースされた稀代の名曲"二人セゾン"。彼女自身が欅坂時代の一番好きな楽曲と語った同曲を皮切りに、本ライヴは長き沈黙を破るかのように、欅坂の楽曲を数多く披露した。

 まず語るべきは、やはり“二人セゾン”だろう。緑を宿した欅の木をバックに、渡邉がステージ上に現れた時点で観客は息を呑む。これまでの日々に思い馳せるように欅を見つめる彼女が右手を伸ばすと同曲の旋律が始まり、土生瑞穂を中心に形成された欅の木が傍らに存在することに気づかされる。そして誰もがメンバーが散開して気づいたはずだ、今このステージに存在するのは、この楽曲のリリース時と同じように1期生だけであることを。「出逢いと別れ」という普遍的なテーマを通して、刹那の心の揺れ動きを表現した同曲は<一緒に過ごした季節よ/後悔はしてないか?>という言葉と共に、ビートを強めて楽曲世界に飛び込んでいく。気づけば半数以下となった、1期生9名の表情があまりにも美しく輝いていたことが印象深い。欅坂と交わした別れ、そしてこれから訪れる渡邉との別れ、そして櫻坂として過ごしてきた新たな始まりの日々……すべてを抱き締めるかのような慈しみを持った笑顔は、1期生にしか生まれないものだっただろう。そして<花のない桜を見上げて/満開の日を想ったことはあったか?>という言葉と共に、ステージ中央でソロダンスを披露した渡邉の姿は、間違いなくこの日のハイライトのひとつ。欅坂というグループを背負い、櫻坂という新たな華を咲かすために最前線に立ち続けた彼女が魅せた流麗な姿と笑顔には、旅立ちを決めた彼女の強さと、今現在の櫻坂というグループへの信頼が迸っていた。

 続けて、欅坂時代のユニットもスペシャルな復活を遂げる。「FIVE CARDS」は渡邉、土生、上村莉菜という3人で“僕たちの戦争”を、「青空とMARRY」は先日の守屋茜と渡辺梨加の卒業を経て、菅井友香と渡邉2人で"青空が違う"を披露した。ここのタームで目立ったのは、客席の近くで笑顔を届ける彼女たちの姿だった。明らかに過去のライヴとは異なるアティチュードがここには発露していて、メンバーが口々に発している渡邉の持つ「優しさ」が明らかにBuddiesにも向けられていることがわかる。ただ何よりも、横で共に歩み続けた1期生という盟友への想いが強かったのだろう。その他に披露された全員参加の欅坂時代の楽曲に加えて、現在に至るまでを過ごしたメンバーでユニット曲をすべて披露する姿自体が、彼女がこの卒業コンサートに携えた自身のパーソナリティの表れだったと言える。

 このタームのラスト、再び1期生全員で欅坂の楽曲を2曲を披露した。過去の思い出の映像と共に、全員が座りながら<傷つき挫けながら/歩き方を覚えるもの>と青春を語りかけた"制服と太陽"は、Buddiesによってオレンジ色に染め上げられた会場の光景によって、さながら夕日が刺す放課後のワンシーンかのように、強い郷愁が香り立っていた。アイコンタクトを取りながら、欅坂史上でも最も美しいメロディラインのひとつひとつを辿るメンバーたち。尾関梨香が涙を流すなど、制服を脱ぐ覚悟を決めたメンバーへの惜別の想いに溢れる空間が生まれていた。

 そして、“世界には愛しかない”では清涼感のあるバックトラックと共に、当時アイドルとしては革新的だったポエトリーリーディングを今日という一日に捧げる。真っ青に染まった会場、それぞれ万感の想いを込めた言葉と歌声ーー何よりもラストシーン、<自分の気持ちに正直になるって清々しい/僕は信じてる/世界には愛しかないんだ>と語った渡邉の笑顔は、最新トラック“五月雨よ”で辿り着いた「愛」を歌う櫻坂のかたちとも強くリンク。欅坂で過ごした時間も、櫻坂として歩みを進めた時間も、そのすべてが今に繋がっているということを再認識する、エポックな瞬間だった。

花開いた新時代

 「安心して任せられるまではここで頑張ろう」と思っていたと、渡邉は卒業に際して語っていた。それはつまり、櫻坂として改名後新たに走り出したグループを安心して去ることができる季節が訪れるまでだ。逆説的に言えば、もうその時が訪れたということ。この日のステージで目撃することができたパフォーマンスは、渡邉が感じたものに違わず、改名直後とは全く異なるステージングだったと言える。彼女が支え、そして自分自身を捧げてきた新たな生命はどのように花を咲かせたのかーー今現在、櫻坂の先頭に立って引っ張るメンバーに触れながら振り返りたい。

 改名後、2作連続でセンターの重責を果たした森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天はその中でも顕著に成長が見て取れたメンバーだろう。渡邉が盟友・小林由依と共に、最前列で共に支え続けてきたメンバーだ。

 まずその中でも触れたいのは、改名後の櫻坂を文字通り顔として走り抜けてきた森田ひかる。ライヴ序盤、“無言の宇宙”を抜け全員がステージに揃って最初に披露した楽曲は、彼女達の始まりの楽曲“Nobody’s fault”。大きなダイナミズムを持ったリズムの中で、吐き捨てるように「誰のせいでもない今の自分の姿」を受け止めろと歌う楽曲の中でセンターに立ち続けてきた森田。改名当初は「強さ」を全面に押し出した姿にその責任感の強さを垣間見てきたのだが、そこにプラスして生まれたのは余裕を感じるような表情だ。ステージ上から挑発するかのような表情を同曲で見せたかと思えば、“最終の地下鉄に乗って”では一変し、シリアスさと諦観の狭間をいく感情表現を見せる。渡邉とのペアダンスも印象的な“ブルーム―ンキス”では、彼女が持つ儚げな美しさが神秘的な世界観を描き出す(セリフ部分で「理佐さん大好き!」と伝えたシーンも印象的だった)。櫻坂の中心メンバーとして最多のセンター経験を持つことも納得、小さな身体に似つかわしくない強大な存在感がさらに増していた。

 そして藤吉夏鈴。3名の中でも唯一無二の空気感を持つ彼女は、兎に角ステージで化けるメンバーだ。"偶然の答え"という楽曲は、櫻坂楽曲の中でも随一のセンシティヴでセンチメンタルな側面を持っているのだが、そのような楽曲の中でも中心に立ち、ストーリーを描く才能が非常に高い。"なぜ 恋をして来なかったんだろう?"でも、裏拍のリズムの中で特殊なロープパフォーマンスやステージ上を自由に駆け回るような演出も含め、常に一枚絵になるようなステージを生み出す。渡邉のことを藤吉は「私のことをすごく叱ってくれる存在」と語っていたが、それも間違いなく期待の表れ。彼女が持つダンススキルの高さ自体が生み出す要素も大きいのだろうが、ステージそのものを作品として届ける才能はこれからも櫻坂の力になるに違いない。

 山﨑天は最年少としてグループに加入し、未だにその事実は変わらない。その分、間違いなく加速度的な進化を遂げたメンバーのひとりと言っていいだろう。この日披露した、"それが愛なのね"や"Buddies"で魅せたエネルギッシュなパフォーマンスには、彼女の生命力が迸るような姿が改めて格別なものであることを再認識させてくれたが、最も語るべきは最新楽曲"五月雨よ"でセンターに立った彼女の姿だろう。通常のフォーメーションとは異なり、渡邉と共に冒頭のスポットライトを浴びて登場したシーンも美しき光景だったが、それ以上に彼女がこの楽曲の中心に立った意義が余りにも大きい。欅坂というグループへの憧れを人一倍もって2期生として活動をスタートし、渡邉を「お姉ちゃん」と慕い続け、グループの最年少として愛を受け取り続けてきた彼女が<どんな時も絶えることない永遠を/愛と信じてる>と中心に立って歌い上げたのだ。愛を受け取ったからこそ、愛を歌うことが出来たであろう彼女の姿は、今本当に頼もしい。

 MCで自らの言葉を堂々と届ける姿、"Buddies"の曲間で渡邉へ全身全霊で感謝を届ける姿ーー今最新作の顔として煌めきを放つ彼女の姿は、何よりも渡邉が櫻坂を安心して任せることができる未来とも言えるのではないだろうか。

 また、最後に田村保乃にも触れたい。3rdシングルから“流れ弾”をこの日もセンターに立って披露していたのだが、この楽曲は1stシングル“Nobody's fault”とも2ndシングル"BAN"とは明確に違う要素がある。前者2曲が自分自身を見つめ直すための叫びのような楽曲であるとするなら、本楽曲は自分自身の叫びでありながらも<愛がなくちゃ世界は終わる>と隣人愛を語る側面も持つのだ。非常に明るいパーソナリティを持つ彼女が、享楽的かつ劇的に感情的なパフォーマンスを披露することで本楽曲の彩りが色濃くなっていることは間違いなく、この日最大の熱狂を会場にもたらしたことも含め、非常に頼もしい姿だった。前述の3名とは異なり、3rdシングルで渡邉が背中を支え、また背中を見せてきたメンバーである。既に背中を預けた田村というメンバーも彼女を安心させた大きなピースであったに違いない。

 先に挙げたメンバー、そして1期生は勿論、他の2期生のメンバーからも口々に渡邉への感謝が伝えられる1日となった本公演。しかしその言葉以上に、櫻坂のメンバーが見せた頼もしいパフォーマンスこそが、渡邉にとっては何よりも後悔なく卒業できる要因だっただろう。今、櫻という花は間違いなく第一章を終え、新たな大輪を咲かそうとしている。

ジレンマをすべて携えて

 欅坂時代の楽曲、そしてもちろん櫻坂の楽曲を通して、渡邉理佐というメンバーの卒業を彩ってきた本公演。最大のハイライトは、本編ラストに披露された"僕のジレンマ"の披露時だった。

 渡邉がセンターに立ち、“櫻坂の詩”というグループ名を冠した楽曲以来となる、全メンバーが参加することとなった同楽曲。渡邉の卒業に際して書かれたことは明白な同曲は、欅坂との別れを経て、そして櫻坂からの卒業を前にした彼女の心情が、荘厳なストリングスと美しいメロディと共に綴られている。<ジレンマ>という言葉と共に、<でも君を 一人だけ/残していけない>という歌詞が同曲には綴られているのだが、まさしく渡邉がこの卒業コンサートで描いた時間は、<ジレンマ>からの解消だったのではないだろうか。欅坂というグループで過ごした記憶とこのまま別れてしまいたくないという願い、全員でのパフォーマンスを叶えたいという願い、櫻坂というグループに全幅の信頼を持って後悔なく卒業するという願いーーそのすべてを<残していけない>と願い、創り上げたのが今回のライヴそのものなのではないだろうか。彼女にとっての<ジレンマ>からの解放は、結果としてBuddiesの心も昇華したに違いない。此処に至るまでの道程すべてを否定せず、向き合うことで「今」と向き合った彼女の卒業コンサートは、ひとつの卒業イベントに留まらない、櫻坂の道を改めて照らす歴史的な一日となったのだ。

 メンバー全員、一人ひとりと共にダンスを創り上げるステージは全員の想いが溢れ、涙のステージとなった。特に1期生が渡邉を抱き締める演出を迎えてからは、渡邉自身も涙が止まらない様子だったのだが、彼女はそこで涙を吹くこともなく、最後までパフォーマンスをやり遂げた。そのプロとしての姿こそが、このグループを支え続けてきたのだろう。アイドルでありながらも、表現者としてステージに美しき優しさを描き続けた彼女の姿として、これ以上ない光景だった。

 余りにも美しき結実を迎えた「渡邉理佐卒業コンサート」は、新たな未来へと踏み出していく彼女の姿と共に終焉。演出の中で辿り着いた卒業のラストシーンが余りにも美しく、このレポートでは、その後の卒業セレモニーとアンコールについては敢えて触れることはしない。しかし、一つだけ此処に残しておきたいのは、この彼女の言葉だ。

「ここまで一緒に頑張ってきてくれた1期生の皆だったりとか、逞しく成長してくれた2期生たちの姿を見て、私は安心して卒業できるなと思って本日卒業させていただきますが、そんな、自慢したくなるようなグループにいられたことが本当に本当に誇りだし、これからも、私が新しく他の道に進んでも櫻坂にいたんだぞって胸を張って言えるような気がします」

 きっと彼女のジレンマは解消されたに違いないと、この言葉を聞いて感じた人は多いのではないだろうか。櫻は花を咲かせる前に緑となり、春夏秋冬を巡り続ける。そして、満開の日を待ち続けた1本の枝は、間違いなくこの日満開の花を咲かせ、美しき種を残した。櫻坂46という花に宿る未来にこれからも期待したい。
(カメラ:上山陽介)(テキスト:黒澤圭介)

セットリスト

櫻坂46 渡邉理佐 卒業コンサート
2022年5月22日(日)
at 国立代々木競技場 第一体育館

Overture
1. 無言の宇宙
2. Nobody’s fault
3. 最終の地下鉄に乗って
4. それが愛なのね
5. 流れ弾
6. 二人セゾン
7. 僕たちの戦争
8. 青空が違う
9. 制服と太陽
10. 世界には愛しかない
11. ブルームーンキス
12. 偶然の答え
13. なぜ 恋をして来なかったんだろう?
14. 五月雨よ
15. 思ったよりも寂しくない
16. Buddies
17. 僕のジレンマ
EN1. 青空とMARRYメドレー(割れたスマホ〜波打ち際を走らないか〜ここにない足跡〜青空が違う)
EN2. 太陽は見上げる人を選ばない
EN3. 危なっかしい計画

櫻坂46 最新リリース情報

櫻坂46 4thシングル『五月雨よ』
ダウンロード&ストリーミング配信日:2022年3月30日(水)
DL & STは コチラ
CDパッケージ発売日:2022年4月6日(水)
【Blu-ray付き】
TYPE-A CD+Blu-ray(SRCL-12130~12131)税込1900円
TYPE-B CD+Blu-ray(SRCL-12132~12133)税込1900円
TYPE-C CD+Blu-ray(SRCL-12134~12135)税込1900円
TYPE-D CD+Blu-ray(SRCL-12136~12137)税込1900円
※初回仕様限定盤・封入特典:応募特典シリアルナンバー封入・メンバー生写真(各TYPE別23種より1枚ランダム封入)
【通常版】
CD only SRCL-12138 税込1100円
【特別仕様盤】(Sony Music Shop限定)
CD only SRC7-94 税込1100円
渡邉 理佐・スペシャルスリーヴケース仕様
特別仕様盤限定・スペシャル抽選応募シリアルナンバー封入
特別仕様盤の詳細は コチラ

櫻坂46『五月雨よ』MUSIC VIDEO

櫻坂46『僕のジレンマ』MUSIC VIDEO

櫻坂46『車間距離』MUSIC VIDEO

櫻坂46『Documentary of Risa Watanabe』予告編

櫻坂46『Sakurazaka46 3rd Single BACKS LIVE!! 〜Center Performance Collections〜』ダイジェスト映像

櫻坂46 OFFICIAL WEBSITE: https://sakurazaka46.com/
櫻坂46 OFFICIAL Twitter: @sakurazaka46

【関連記事】

おすすめの記事