Yahoo! JAPAN

【東海2021】おすすめワカサギ好釣り場:3密避けて入鹿池でボート釣り

TSURINEWS

入鹿池でのワカサギの釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫

今回紹介するのは、老若男女と誰もが気軽に楽しめる愛知県の犬山市の入鹿池でのボートワカサギ釣り。3密も避けられる上に、釣果料理も絶品だ!

入鹿池のボートワカサギ釣り

今回お勧めしたいのは、愛知県の犬山市にある入鹿池での貸しボートでのワカサギ釣りだ。今季の入鹿池でのワカサギ釣りは、例年になく二年物が多く、数釣りでにぎわっている。

貸しボート(2人乗り用)はファミリー、カップル、老若男女と誰もが気軽に楽しめる。しかも、貸しボートでの釣りなので3密も避けられるだろう。貸しボート店では、ワカサギ釣り用の道具などがレンタルできるので、飲み物や食べ物を入れたクーラーボックスだけでも大丈夫だ。

老若男女が楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

仕掛けと便利アイテム

入鹿池でのワカサギ釣りの仕掛けは、ハリス1.5号の5本バリ、オモリ5gが定番。ポイント選びは、魚探がなければボートが集まっている付近でのサオ出しがベストだろうが、貸しボート店でも聞けば親切に教えてくれる。

魚探を持参していれば、船団から離れた場所でワカサギの群れを探索するのも楽しい。その理由は、ボートの船団内で入れ替わりがあり、そのたびにアンカーが上げ下げされて、今まで釣れていても、ワカサギの群れが逃げてしまうことも。少し離れたポイントでサオ出しすれば、そんな心配もないはずだ。

攻略法

ワカサギを仕留めるには、早めのエサの交換が求められる。アタリが途絶えてエサを交換したら、すぐアタリが出ることも少なくない。これはワカサギ釣りの基本なので、ポイント移動する前に必ず実行してほしい。

入鹿池でのワカサギ釣りはベタ底が狙いダナで、魚探で中層にワカサギの群れを見つけても、すぐに群れがどこかに行ってしまう。ベタ底で魚影の反応があるポイントで、アンカーは静かに入れよう(これはアンカーを入れる時のマナー)。

ワカサギ料理は冬のご馳走

ワカサギを仕留められれば、寒さもぶっ飛ぶほどうれしく、しかも、ワカサギは多彩なおいしい料理で、家族や友人との食事も盛り上がるはず。当然、主役になることは言うまでもないだろう。

定番のてんぷら(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

ワカサギの定番料理は「てんぷら」だが、わが家ではワカサギのてんぷらバーガー、唐揚げ、千枚漬けが大好評で人気の料理だ(笑)。

ワカサギのてんぷらバーガー(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

入鹿池でのワカサギ釣りは楽しい。防寒対策を万全にして、必ずマスクも持参するようにして、爆釣を祈りたい!

<週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年月1日15号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【東海2021】おすすめワカサギ好釣り場:3密避けて入鹿池でボート釣りfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事