Yahoo! JAPAN

三浦半島にウルメイワシ回遊中 朝マヅメの短時間堤防サビキ釣りで約60尾

TSURINEWS

ウルメイワシがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

三浦半島でウルメイワシの釣果が上向いてきたと聞いて釣行。朝マヅメの短時間勝負で、60尾ほどの釣果を得た釣行をリポートする。

三崎港でサビキ釣り

8月29日(日)、三浦半島でウルメイワシの釣果が上向いてきたと聞いて釣行。辺りが明るくなり始めた5時ごろ到着すると、すでにたくさんの釣り人で賑わっている。わずかに空いているスペースを見つけ、両隣の釣り人に挨拶をして入らせてもらう。

タックルは4.5mの磯竿に、ナイロン2号を巻いたスピニングリールをセット、仕掛けはアミエビを模したサビキ4号にナス型オモリ6号を使用。アミコマセを用意した。

準備ができたころ、ちょうどイワシが回遊してきたようで、さっそく15cm級がヒットしてくる。

釣り初挑戦の原さんへ、簡単に釣り方をレクチャーすると早くもゲット。同行の羽成さんも順調に数を伸ばしている。

回遊待ちで連続ヒット

ダブルヒットもしばしばあるが、群れが離れるときがあるようで、ピタリとアタリが止まり、散発的になると、ネンブツダイやウミタナゴ、小サバが竿を曲げる。

ウルメイワシをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

それでも終始アタリがきて楽しめる。今回は朝マヅメのみの短時間勝負と決めているので納竿の時間まであとわずか。ゲストのアタリもなくなり、「今回はこれで終了か」と思ったが、再びイワシが回遊してきたようで、周囲で掛かり始める。すると、原さん、羽成さんの仕掛けにも掛かって楽しめた様子で7時に納竿。

当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

使用したコマセが足元に残らないようバケツで海水を汲んで洗い流し、先釣者が残していった仕掛けやゴミなどを集め釣り場をあとにした。

イワシ料理に舌鼓

刺し身(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

今回は2時間ほどの釣りだったが、60尾くらいのイワシを釣ることができた。帰宅後は各自、刺し身や唐揚げ、つみれ汁などにして堪能したようだ。

唐揚げ(提供:週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝)

マナー&ルールを守ろう

しばらく釣れそうな状況だが、釣行される際は屋外とは言え、釣り場が混み合う場合はマスクの着用などはもちろん、道中に立ち寄る釣具店やコンビニエンスストアなどでもコロナウイルスの対策は万全に。

また、釣り場周辺は路上駐車が多く目立った。緊急事態宣言が発令されている地域では駐車場の閉鎖なども行われている。釣り場周辺の住宅や工場や店舗などにくれぐれも迷惑にならないようにして欲しい。

ゴミの放置もひどかった。放置されたエサの腐敗臭が漂い、とても不快。釣りイトの放置も多く、ニュースでも問題にしている場面を見かけることが多くなった。今一度、マナーやルールの徹底を。

<週刊つりニュース関東版APC・杉崎勝/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post三浦半島にウルメイワシ回遊中 朝マヅメの短時間堤防サビキ釣りで約60尾first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事