Yahoo! JAPAN

サク・とろっ・シャキ 1度に3つの食感が楽しめる!コンビニからお取り寄せまで“新食感スイーツ”を調査

フジテレビュー!!

フジテレビ『めざましテレビ』で毎日放送しているトレンド情報コーナー「イマドキ」。1月24日(月)の放送では、イマドキガールの夢咲ももなが、お取り寄せやコンビニでも楽しめるクセになる美味しさの“新食感スイーツ”をチェックした。

<1850万袋売れた“チョコまみれ”だけじゃない!2021年バズったお菓子まとめ>

ローソンでは、1度に3種類の食感を楽しめるスイーツが登場した。その名も「ごろっとリンゴのパイバー」。サクサク感を出すために256層になっているパイ生地の上に、コクのあるカスタードクリームと国産ふじりんごをたっぷり乗せて、甘みと酸味を一緒に感じられるパイになっている。パイは「サクッ」、りんごはジャムの中に果肉を残す”プレザーブスタイル”にすることで「とろっ」と「シャキ」の食感を楽しめる。

夢咲は「生地がサクサク!りんごはとろっとなめらかなのにシャキッとした食感もある」と新食感を伝えた。

たまご食パン専門店の「アール ベイカー」では、”耳が食べたくなるトースト専用食パン”「雲」が話題を呼んでいる。食パンの生地に雲のようにふわふわの生ホイップクリームを加えることで”もちもち”食感を出し、さらにメレンゲを入れることで耳まで軽くサクッとした食感に仕上がる工夫をしたという。

トースターで焼いて食べてみると…「耳が軽くてサックサクで初めて食べるようなトースト。中はもっちりふわふわで美味しい!」と夢咲も初めての食感に驚いた。

オンラインストアの「NOUGAT℃」には、食べ進めると温度で食感が変わる新食感スイーツがある。冷凍からアイス感覚でそのまま食べても良し!冷蔵庫で時間が過ぎるとムースになっていくという不思議な食感が楽しめる。

生クリームにアーモンドキャラメルとメレンゲを加え混ぜ合わせてから、マイナス15度以下に急速冷凍するのが食感の変化を出す秘密。味はプレーン・モカ・炭チョコレートの大人テイストな3種類で、ワインにも合うという。

ブルーチーズテリーヌ最中 2000円

「三福而今」で大人気のお取り寄せは、モナカの皮とブルーチーズのテリーヌをあわせた新食感のスイーツ。モナカの皮はサックサク!テリーヌは濃厚でなめらか!一度に2つの食感が楽しめる。ブルーチーズは、本来クセのあるゴルゴンゾーラに、こだわりの卵、生クリームを合わせじっくりと焼き上げることで食べやすく仕上げたそうだ。ちょっと大人味の濃厚なテリーヌと香ばしい食感のモナカとのハーモニーが評判となっている。

【関連記事】

おすすめの記事