Yahoo! JAPAN

モーニング娘。[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

Pop’n’Roll

モーニング娘。[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

1998年にシングル「モーニングコーヒー」でメジャーデビュー。その後「LOVEマシーン」、「ハッピーサマーウェディング」、「恋愛レボリューション21」、「ザ☆ピ~ス!」などミリオンを含む大ヒット曲を次々に飛ばし、その名を知らぬ者はいないと言われるまでの存在となったモーニング娘。。オリジナリティ溢れる楽曲やハイレベルなダンスを披露し、メンバーが入れ替わっても20年以上愛され続けています。そんなモーニング娘。の楽曲の中で、最も多く聴かれている曲は何でしょうか?

この記事では、モーニング娘。のYouTube再生回数のトップ10を発表していきます!(2020年6月14日現在。なお、本記事はMVだけではなく、Dance Shot Ver.の映像も含みます)

10位「What is LOVE?」(2014年1月リリース) 799万回再生

2014年元旦から、“モーニング娘。”ではなく “モーニング娘。'〇〇(年)”という名前で活動を開始した彼女たち。この「What is LOVE?」は、改名後に初めてリリースされた55枚目のシングルに収録されている楽曲です。BPM195前後という驚異のテンポの速さや、ビームのような強烈なシンセ音、オートチューンで加工されたボーカルなど、近未来的なイメージを抱かせる要素が満載。新たなフェーズに突入した当時の彼女たちの勢いを示すような、インパクト大のナンバーです。

9位「ザ☆ピ〜ス!」(2001年7月リリース) 844万回再生

デビューからリーダーを務めてきた中澤裕子が卒業した後の9人体制で初めてリリースされたシングル。地を這うようなベースが先導し、ホーン隊が華やかさをプラスするファンクサウンドの上で、メンバーたちが元気いっぱいかつラブリーな歌声を放っています。またこの曲のセンター・石川梨華による中盤での一人語りや、終わった……?と見せかけて永遠に終わらないアウトロなど、耳をそばだててしまったり、ちょっと笑えてしまったりするフックが盛りだくさん。モーニング娘。は“可愛い”だけで人気になったアイドルではないということを鮮やかに証明する、不朽の大ヒットナンバーです。

8位「恋愛ハンター」(2012年4月リリース) 874万回再生

“恋愛ハンター”というフレーズに合わせて、メンバーが手と脚を大きく開き中腰になるポーズが話題の楽曲。甲高い電子音と重低音が鳴り響くダブステップ調のサウンドや、“人のせいにすんな”、“抜け駆けしてでも/伸し上がる気がないなら/Wow Wow Wow 明日はない”という歌詞など、音の面でも言葉の面でもかなり攻めているのが特徴です。なお、今作は当時のリーダー・新垣里沙にとってのラストシングル曲。このようなアグレッシブな歌詞になったのは、グループを旅立つ彼女に対する厳しくも優しい想いがあったからかもしれません。

7位「Help me!!」(Dance Shot Ver.)(2013年1月リリース) 934万回再生

11期メンバー・小田さくらが初めて参加したシングル曲のDance Shot Ver.映像がランクイン。冒頭の“私をこのまま一人ぼっちにしておくわけ?”というつぶやきにドキッとさせられたり、吐息の合いの手にセクシーさを感じたりと、メンバーのアダルトな魅力が存分に発揮されています。しかし最も注目すべきはやはりダンス。全員の動きのタイミングがカチッと揃うシンクロ率の高さや、ピタッと縦一列に並び、先頭以外のメンバーが背後から頭をのぞかせるユニークな振り付け、逆V字のポジションからスムーズに、かつ綺麗に、しかも踊りながらV字に並び替える移動テクニックなど、彼女たちの高度なスキルが披露されています。モーニング娘。のファン以外の人たちにも認知されるべき素晴らしいパフォーマンスです。

6位「泡沫サタデーナイト!」(2016年5月リリース) 1004万回再生

4人組バンド・赤い公園の津野米咲が作詞作曲を手掛けた61枚目のシングル曲。モーニング娘。らしいキラッキラのディスコサウンドが鳴らされている作品ですが、歌詞の中身もクラブやダンスが持つ“魔法”について書かれたものに。個人的に胸を打たれたのは、“日々はスレスレ 忘れ去って思い出して(中略)誰も彼もが思いを抱えて”というフレーズ。“クラブで踊る人たちは一見派手で煌びやかなように見えるけれど、実はみんな多忙で味気なくてつらいことばかりの日常をなんとかやりこなしていて、発散したいモヤモヤを抱えてやって来る人たちばかりなのだ”というメッセージが感じられ、なんだかエモーショナルな気持ちになります。ただ楽しいだけではなく、クラブに魅せられた人たちの心模様に触れる哀愁もあるナンバー。

5位「ハッピーサマーウェディング」(2000年5月リリース) 1085万回再生

4期生である辻希美、加護亜依、石川梨華、吉澤ひとみが加入して初の、また2期生だった市井紗耶香にとっては卒業のシングル曲となった作品。今作がリリースされた当時も現在も、“ウエディングソング”といえば結婚相手もしくは結婚する家族・友人に向けて歌われるものが多いですが、「ハッピーサマーウェディング」は自分の両親、とりわけ父親に感謝を伝える楽曲になっています。その独特な着眼点がモーニング娘。らしいですし、ところどころではっちゃけた声が入ったり、中澤裕子による結婚相手の紹介シーンが入ったり、インド発祥の楽器・シタール風の音が入ったりと、クセになる成分がこれでもかと詰め込まれているのも彼女たちならでは。グループのオリジナリティが炸裂した、これからもまだまだ聴かれていくであろう傑作です。

4位「わがまま 気のまま 愛のジョーク」(2013年8月リリース) 1227万回再生

田中れいな卒業後の初シングル曲。今やモーニング娘。の王道となった、EDMのど真ん中を突っ走るような強めのビートを持つトラックに耳が引きつけられます。また、強がる女の子の複雑な心情を、ボーカルのニュアンスで巧みに表現したサビのフレーズ(“愛はきっと罪深い/愛されたい 愛されたい/愛はもっとほろ苦い/愛されたい 愛されたい”)も秀逸。クールなトーンでネガティブなことを言い、“愛”を警戒しながらも、“愛されたい”の部分を思いっ切り声を張り上げるように合唱し、後者が本音であることを明示しています。この駆け引き的な感じや、素直になり切れないいじらしい心を表現できるのが、つんく♂の作詞やモーニング娘。の歌の妙だと言えるでしょう。

3位「LOVEマシーン」(1999年9月リリース) 1382万回再生

モーニング娘。の代表曲にして、1999年の大ヒットナンバー。グループ初のミリオンを達成した作品としても有名です。DJのスクラッチ音や煌びやか&ユーモラスな電子音、Bメロで入る厚いコーラスなど、派手でギラギラしたディスコサウンドは中毒不可避。またそんな音に乗せて“どんなに不景気だって/恋はインフレーション”、“明るい未来に 就職希望だわ”など、バブル崩壊から間もないリリース当初の時代や、そこで生きる人たちの気持ちを反映したような内容が歌われているのには、“こんな時代でもパーっと明るく生きていこう!”というポジティブなメッセージを感じます。“日本の未来は(Wow×4)/世界がうらやむ(Yeah×4)”という著名なフレーズも、“そんな日本の未来を盛り上げていくのは私たちだ”という姿勢を表しているかのようです。

2位「One・Two・Three」(Dance Shot Ver.)(2012年7月リリース) 1458万回再生

50枚目のシングル曲「One・Two・Three」のDance Shot Ver.が2位に登場。再生回数が1500万回に迫るというものすごい人気を誇っていますが、映像を観ればその理由に納得がいくはず。移動先の方向を見ずに踊りながらその位置へ向かっていくところや、前後のメンバーが入れ替わると見せかけて、ステージの下手(しもて)から上手(かみて)へ斜め一直線に並んでいくところなど、難易度の高いフォーメーションダンスに挑戦しているのです。今作で新たに開花したモーニング娘。の才能に、驚いたファンも多かったのではないでしょうか? 今後も再生回数をグングン上げていきそうなダンス映像です。

1位「恋愛レボリューション21」(2000年12月リリース) 1917万回再生

栄えある1位に輝いたのは「恋愛レボリューション21」でした! 今年(2020年)でちょうどリリースから20年が経過しますが、未だに多くの音楽リスナーがMVを視聴しており、この曲がいかに大名曲であるかを物語っています。今作で注目したいのは歌詞のスケールの大きさ。“恋もして(Woo Baby)/仕事して(Woo Baby)/歴史きざんだ地球”など、日常の出来事と地球を紐づけ、人間とこの星がともに年を重ねてきた運命共同体であることを示しています。そういうリリックになったのは、この曲が21世紀に突入する直前という、非常にスペシャルで、地球のこれまでの軌跡を思ってしまうような時期に発表されたものだからかもしれません。ダンサブルなサウンドや真似したくなるような振り付けも手伝い、モーニング娘。フィーバーにさらなる拍車をかけた、まさに日本のポップスの歴史に刻まれるであろう1曲です。

可愛いだけではなく、一風変わったボーカルやセリフ、あっと驚くハイレベルなダンスなど、ズバ抜けた個性で他を圧倒してきたモーニング娘。。20年以上続いてきた彼女たちの勢いは、まだまだとどまることを知りません!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【栃木県那須黒磯ドライブVOL.2】ふらっとひとりツアー ~CHUS・Pino cafe&meal~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. 北仙台駅目の前!コスパ抜群の焼肉屋さんのランチへGOGO ~スタミナホルモン食堂 食樂 北仙台駅前店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  3. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  4. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  5. 【NEWS】焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」×「シルバニアファミリー」コラボ企画第二弾!~仙台駅2階 12/14(月)より~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. KREVA、「Fall in Love Again feat. 三浦大知」MV公開 “人との距離をとっても心の距離は遠ざけない”思いを映像化

    SPICE
  7. KEMURI、ニューアルバム『SOLIDARITY』より「Blue Moon」のMVを公開

    SPICE
  8. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  9. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  10. 大人になってからも、きょうだいってそんなに価値があるもの?

    ママスタセレクト