Yahoo! JAPAN

婚活するなら絶対知っとこ!結婚しても継続できること&なかなかできなくなること

ウレぴあ総研

女性は結婚に夢見がち。中には「結婚すれば人生バラ色に変わる」と思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、その一方で結婚するとだんだん夫と会話がなくなり、愛が冷めるのではと不安になることもありますよね。

そこで実際、結婚後の生活とはどんなものなのか、「結婚しても意外に変わらないこと・なかなかできなくなること」を具体的に紹介します。

結婚しても意外に継続できることって?

1: 夫と楽しく会話をする

よく結婚すると「夫と徐々に会話がなくなる」と言いますよね。

しかし、実際は「今日上司に褒められたよ」「それはすごいね! よかった」などとその日の出来事を中心に食卓を囲むことが多くなります。

筆者は、テレビを見て「このクイズ難しい」「答えは○○じゃない?」と盛り上がるので、話題に困ったことはありません。

また、時を重ねても互いに関心を持ち続けることで、会話のない時間というものも苦痛に感じなくなります。

2: 愛情表現をする

結婚したら「毎朝キスをする」など甘い生活を思い描くものですね。

しかし、ずっと夫と二人でいるとなると「愛情表現は面倒になるのかな」と頭をよぎることも。

筆者の場合、「行ってらっしゃいのハグ」は毎日欠かしませんが、気乗りしないなんてことはなく挨拶のように習慣となっています。

生涯を共にする仲なら「毎日好きと表現する」ことは決して苦にならないでしょう。

結婚後になかなかできなくなることは?

1: 夫とすぐに生活のリズムを合わせる

付き合っていたから、結婚しても夫と息がぴったりなはず、と思いますね。筆者もそう考えていたのですが、結婚生活になるとリズムを合わせるのは至難の業でした。

育ってきた環境の違いは大きく、例えば「ちゃんと入浴したい」「シャワーで十分」と食い違うなら、どちらかが折れることも必要となります。

こうして小さなこと一つ一つをすり合わせ、二人のリズムが完成するまで何年もかかったりするでしょう。

2: 結婚指輪をつけ続ける

気になる男性がいたら「彼女持ち? 既婚者かな?」と指輪をチェックしますね。それだけ女性にとって指輪は特別な意味を持っているということ。

筆者も結婚指輪をすることに憧れており、どんなに年を取ってもつけていたいと思っていました。

けれど、「サイズが合わなくなった」「仕事中はできない」など単純なことがきっかけとなり、自然と身につけなくなります。

もちろん、指輪をつけ続ける人もいますが、なんらかの事情で結婚指輪をつけ続けることを諦めるという人も案外多いものです。

結婚したら思い描く幸せが手に入ると思いがちですね。

確かに幸せを感じることもいっぱいありますが、「ちょっと違う」と感じることも。

ご紹介した「結婚してもできることできないこと」を押さえて、あらかじめ対策を練っておくといいでしょう。

(mimot.(ミモット)/菜花 明芽)

【関連記事】

おすすめの記事