Yahoo! JAPAN

【北新地】「エンドレスサンドイッチ」で楽しむアジアの美味しいグルメ旅

PrettyOnline

【北新地】「エンドレスサンドイッチ」で楽しむアジアの美味しいグルメ旅

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

繁華街の梅田中心地からもアクセスしやすい北新地に、今年3月にオープンしたばかりの「EN-DRESS SANDWICH(エンドレスサンドイッチ)」。旅行気分を味わえるサンドイッチをコンセプトにしたお店です。

店内のテーブル席の他、テラス席もあり、オープンで気軽に立ち寄りやすい雰囲気。バラエティ豊かな創作サンドイッチが、イートインでもテイクアウトでも味わえます。

アジア各国の郷土料理の味で旅行気分も味わうサンドイッチ

お好みの具材や求めるボリュームに合わせて、お好きなサンドイッチをチョイスして!

サンドイッチは大きく分けて、バインミー、コッペパン、バーガーの3種類。東南アジアを中心に、各国の郷土料理をアレンジした具材がサンドされて、多彩なメニューへと派生しています。
料理好きのフィリピン人のお母様の影響で、幼い頃からさまざまな国の料理に慣れ親しんでいたというオーナーの川島さん。お母様譲りの料理の腕で、郷土料理の味を再現されています。たくさんの方に美味しく食べてもらえるよう、程よく日本人の味覚にも馴染みやすい味付けに工夫されているそう。

使用するパンは、有名レストランやホテルなどにも卸している、福島区の老舗ベーカリー「原パン工房」にオーダーしたものです。

レジカウンターのケースには、コッペパンやバーガーが並んでいます。朝7時とオープンも早いので、通勤や通学の途中にサッとテイクアウトできるのも嬉しいポイントですね。

単品で500円のコッペパンサンドに、プラス100円でこだわりのコーヒーも頂けるお得なランチセット

11時から14時はランチセットとして、バインミーには無料でコーヒーや紅茶のドリンクがセットになる嬉しいサービスも。コッペパンとバーガーは、いずれもドリンクと合わせて600円で頂けます。ランチセットもテイクアウトできるので、オフィスや学校でのランチタイムにもぴったり。

サンドイッチに合わせるドリンクには、日本の軟水に合わせて焙煎される「Largo(ラルゴ)」の香り高い特選コーヒー豆を使ったコーヒーがオススメ。オーダーしてから、挽きたての豆で丁寧に淹れてくれるこだわりの一杯です。

迷ったら、まずはボリューム満点の作りたてバインミーを

豊富なサンドメニューの中から、まずチョイスしてほしいのが、オーダーしてから作ってくれるバインミー。
バインミーとは、フランスパンにレバーパテやなますなどをサンドしたベトナムのサンドイッチです。

ナンプラー の風味が効いたスタンダードな鶏ハムのサンドから、熱々チーズがとろける韓国名物“チーズタッカルビ”をイメージした変わり種に、週替りメニューなどバインミーだけでも5種類がスタンバイ。アジアン鶏ハムは「ハノイ」、ガパオは「バンコク」など、メニューには、それぞれの郷土料理にちなんだ都市の名前がつけられています。

「マニラバインミー(アドボチキン)」(800円)

オーナー川島さんのオススメは「マニラバインミー(アドボチキン)」。お酢や醤油に漬け込んだお肉を煮込むフィリピンの代表的な家庭料理、“アドボ”をモチーフにしたオリジナルバインミーです。

外はサックリ、中は噛みごたえのある特注の大きなリュスティックパンに、柔らかくて甘辛いチキンや玉ねぎ、自家製のなますなどたっぷり具材がサンドされていて、とにかくボリューム満点! 自家製鶏レバーペーストやパクチー、ローリエで香り付けされた爽やかな味わいにエスニック気分が一気に高まります。
パクチーや鶏レバーが苦手かも……という方は、量を調節したりパクチーを水菜に変更するといったオーダーにも対応してくれますよ。

ひと味違うアジアンテイストで味わうたまごサンドが2種類

「台北コッペ(八角煮卵)」(500円)

「台北コッペ(八角煮卵)」も川島さんイチオシのひと品。台湾グルメでおなじみのスパイス、八角が香る自家製煮卵を卵サラダにしたコッペパンサンドです。ほんのり甘くふんわりとしたコッペパンに、ツヤツヤの卵サラダがたっぷりと。スライスの卵もトッピングされたWたまご仕様で、卵好きにはビジュアルからしてたまらないはず♪ ふわふわコッペパンとまろやかな口当たりの卵サラダの相性は間違いないですが、煮卵のコクのある味わい、スッと香り立つ八角の風味と、ザーサイのコリッとした食感のアクセントがクセになる味わいです。

「楽山コッペ(中華風トマトだし巻き)」(500円)

卵サンドはこちらの「楽山コッペ(中華風トマトだし巻き)」もオススメです。トマト入りでさっぱりしつつも、中華だしが効いた味わい深いだし巻き玉子のサンドイッチ。コチュジャンマヨネーズのほんのりピリ辛アクセントとパクチーで、こちらもアジアンテイストを楽しめるひと味違ったたまごサンドに仕上げられています。

コッペパンはハーフサイズも用意されているので、両方食べたい願いも叶えてくれますよ♪

もっと手軽に味わえるバーガーやトレンドスイーツ「マリトッツォ」も!

バインミーよりも小ぶりなバーガータイプは、朝ごはんや小腹を満たしたい時にもオススメ。手軽なサイズ感ながら、具沢山でこだわり食材の旨味がギュッと詰まっています。

「ハノイバーガー(アジアン鶏ハム)」(450円)

「ハノイバーガー(アジアン鶏ハム)」はバインミーでも人気の具材、自家製の鶏ハムや鶏レバーペーストをサンド。ふっくら柔らかい鶏ハムと、なますやレタス、パクチーと、野菜もたっぷりサンドされていてヘルシーなサンドですが、噛むごとに香ばしさ引き立つしっかり食感の全粒粉生地のバンズを使用し、食べごたえも十分。
バーガーはすぐに買えるようにカウンターのケースにも並んでいますが、サックリとした焼きたてのバンズでオーダーすることもできます。

「週替わりバーガー」(450円) ※取材時のメニューは日本でも人気の台湾グルメ、ルーロー飯をイメージした「高雄バーガー(牛すじルーロー)」

バインミーとバーガーには週替わりメニューもあるので、訪れる度に新しい郷土料理との出合いが楽しめますよ♪

「キャラメルバナナのマリトッツォ」(550円)

今話題のマリトッツォも、各国グルメの味が詰め込まれた同店ならではの個性派スイーツサンド。使用されるのはバーガーと同じ全粒粉の香ばしいパンです。「キャラメルバナナのマリトッツォ」のたっぷりクリームの中からバナナと共に現れるのは、なんとプリン!

中まで具材がゴロゴロ入っていて最後までしっかり堪能できます♪

“レチェフラン”という濃厚な硬め食感のフィリピンプリンと、ほろ苦く甘いキャラメルバナナを、程よい甘さのクリームが柔らかく包みます。香ばしいパンとの相性も良く、ほかでは味わえない異国情緒溢れるマリトッツォも、ぜひ味わってみて頂きたい一品です。

マリトッツォはほかに、マンゴーのトッピングにココナッツ香る「トロピカルプリン」や、季節のフルーツなどを使った限定メニューが登場することもありますよ。

絶え間ない進化で美味しいサンドイッチを提供し続ける

今回ご紹介したメニューのいくつかは、現在提供されているものと仕様が異なる場合があります。
それは、新メニューや週替わりメニューの開発の他、定番メニューも、より良いものが提供できないかと、日々創意工夫を考えられているから。以前に食べたことのあるサンドイッチでも、少しずつ新しい発見があるかもしれません。

店名の「EN-DRESS SANDWICH」の“EN”は“縁”を表しています。川島さんは「大阪に来てから多くの人の縁に助けられたので、いつか自分のお店を持つ時には“縁”を店名に入れたい」と考えていたのだそう。いつまでも飽きられることなく、様々なサンドイッチを提供できるようにと、“エンドレス”は、飾るを意味する“DRESS”にスペルを変えて店名に組み込みました。

数種類あるオリジナルシールは、様々な人をモデルに描かれたもの

「ふらりと気軽に立ち寄れて、たくさんの方に親しんでもらえる居心地の良いお店にしていきたい」と、常にお客さんに楽しんでもらえるようなメニュー作りや、お店の雰囲気作りにこだわる川島さん。これまで紡いできた縁は、同店を通しこれからもまた、多くの人にも繋がっていくもの。そんなたくさんの縁の形を纏い編み出されるサンドイッチから、今度はどんなアイデアが飛び出すのだろうかと、次に訪れる時の楽しみが尽きません。

まとめ

自由に海外旅行をすることが難しい現在の状況だからこそ、食事で身近に楽しく現地の空気感を味わえるのが嬉しいですね!

サンドイッチはお取り置きも可能。特にマリトッツォなど人気メニューは売り切れることもあるので、気になるメニューや週替わりの新メニューなどの情報はInstagramなどのSNSでも是非チェックしてみてくださいね。

・旅行もグルメも好き

・気軽に立ち寄れて通いやすいお気に入りのカフェを見つけたい

・具材たっぷりのサンドイッチが食べたい

そんな方にオススメの、気軽に何度も通いたくなるお店です。

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【関連記事】

おすすめの記事