Yahoo! JAPAN

臆病な犬がよくする仕草や行動5選!改善するためのコツは?

わんちゃんホンポ

臆病な犬がよくする仕草や行動5選

犬にもそれぞれ性格があります。中には他の犬よりも怖がりな性質が強い子も少なくありません。今回は、そんな臆病な犬がよくする仕草や行動を紹介します。みなさんの愛犬は当てはまりませんか。

1.重心を後ろに倒した感じで立つ

臆病な性質が強い犬は警戒心が強く、他の犬や人、場合によっては状況や物に対しても警戒して見せることがあります。その時に見せる行動として重心を後ろに置き、ビクビクした様子でその場に佇む行動があります。

視線を向けている対象に違和感や不安を感じているため、すぐに逃げられるようにと重心を後ろに倒しているのです。

2.近寄ると後退りする

臆病な犬の場合、他の人や犬が好意的に近づいて行っても、警戒心むき出して後退りすることが多いです。他の犬に比べて「この人は自分にとって危害を加える人物であるかどうか」をより慎重に見極める傾向があります。

後退りしている時は、相手が危険な人物であるかどうかを見極めている最中であることも多いので、まずはそっと手を差し出して匂いを嗅がせてあげましょう。

3.体を硬直させて視線を逸らす

臆病な犬によく見られる仕草に、体を硬直させて視線を逸らす行動が見られます。これは近付いてきた相手に警戒心を抱いているため、恐怖や不安がMAXになってしまい、ストレスから硬直してしまっているのです。

また、視線を逸らすことで「こちらに敵意はありませんよ」と相手に攻撃しないでと意思表示しています。

4.吠えたり唸ったりして威嚇する

犬の中には、飼い主以外の人や犬に吠えたり歯を剥き出して唸ったりする犬がいます。このような威嚇行為は、不安や恐怖から来ることが多いです。

相手に対して不安や恐怖、不信感を抱いているため、吠えたり唸ったりすることで「それ以上、近付かないで!」と意思表示しているのです。

近付いてしまうと攻撃してくる犬もいれば、飼い主の後ろに隠れる犬もいて、反応は様々です。

5.頻繁にあくびをする

愛犬が頻繁にあくびをして見せることはありませんか。犬にとって、あくびには眠いという生理現象とストレスサインの2つがあります。

臆病な犬の場合、他の犬に比べてストレスを感じる機会が多いため、その分あくびをする頻度や回数も多くなります。

臆病を少しでも改善してあげたい!改善するためのコツは?

「いくつも行動や仕草に当てはまった」という場合は、愛犬が臆病な性質を強く持っている可能性があります。臆病な性格は頑張って直せるものでもないので、無理強いする必要はありません。

しかし、少しでも改善することができれば、愛犬ももっと楽しく生きることができます。では、『臆病』を少しでも改善してあげるコツはあるのでしょうか。

✔少しずつ他の犬や人と接する機会を設ける
✔犬のペースに合わせて新しいルートを散歩してみる
✔怖がる音や物に少しずつ慣れさせる

初歩的なことではありますが、臆病さを少しずつ改善していくには様々な刺激に少しずつ触れ、慣れていくことが大切です。もちろん、無理強いしてはいけません。

愛犬のペースで、まずは遠くから他の犬や人、怖いと思っている対象を観察させ、徐々に距離を縮めていきましょう。こうして少しずつ弱点を克服していくことで、少しずつ臆病な性格を改善していくことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。臆病な犬は常に気を張っているため、他の犬よりも疲れやすい傾向にあります。少しでも楽に生活できるよう、できる範囲で臆病な性格を改善していけるように飼い主が導いてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事