Yahoo! JAPAN

【前編】結果が出ない息子と周りを比べて劣等感。ママが抱える”過去の出来事”とは?

ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト

私は中学1年生の息子のことで悩んでいます……。

息子は性格や健康面に問題はなく、学校には毎日元気に行ってくれています。
しかし勉強や運動はイマイチで成績は下位……部活にも入っていません。
唯一、幼児期から水泳を習ってはいますが、大会に出ることもなくなんとなく続けているだけで、何をさせてもパッとする印象はありません。

秀でたものがない息子にモヤモヤしている中、ある日小学6年生の甥である私の妹の子が、スポーツで大会で好成績をあげてきたことを聞きました。甥は小学4年生ころからスポーツを始めたのに。種目は違えど、短期間で結果を出した甥に、息子があっさり抜かされてしまったような悔しい気持ちになりました。

比べてはいけないとわかっていても、甥が羨ましい、周りの子でも、何か一つでも輝けることを持った子が羨ましい……。そう思って苦しくなってしまいました。どうして息子には何もないのだろう。

私は思わず、連絡をくれた妹に「羨ましい」と本音を漏らしてしまいました。
妹は私の今抱えてる気持ちを聞いてくれたあと、私にこう言ったのです――

「お姉ちゃん。また同じことを繰り返すの?」と。

後編へ続く。
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。
原案・ママスタコミュニティ 作画・Ponko

【関連記事】

おすすめの記事