Yahoo! JAPAN

中川政七商店と金鳥がコラボ!日本の夏の暮らしの道具が数量限定で登場

PrettyOnline

中川政七商店と金鳥がコラボ!日本の夏の暮らしの道具が数量限定で登場

1716年創業の奈良の老舗「中川政七商店」は、「金鳥(大日本除虫菊)」とのコラボ商品全22種を2022年6月1日(水)より販売。

「中川政七商店 大丸心斎橋店」(大阪府大阪市中央区心斎橋筋)ほか、全国の直営店およびオンラインショップに登場します。

工芸職人の技術を結集した「日本の夏の暮らしの道具」

今回で5回目となる両社のコラボ。
注目は、「金鳥の渦巻」の缶デザインを有田焼で再現した「金鳥の夏日本の夏 有田焼 金鳥の渦巻蓋物」(数量限定・55000円)です。

手がけたのは、佐賀県・有田で150年の歴史を持つ「幸楽窯」。伝統工芸士による手描きの絵付けをもとに、高度な転写の技術を生かした蓋物で、蓋の中に佇む燃焼途中の蚊取り線香も有田焼でできています。

※「中川政七商店」奈良本店・大丸心斎橋店・渋谷店およびオンラインショップのみでの取り扱い

毎年完売続出の「手捺染てぬぐい」

一色ごとに型を作って染める「手捺染」という技法で、職人の手仕事ならではのあたたかみが感じられる「金鳥の夏日本の夏 手捺染てぬぐい」(各1980円)。
2022年の新作は「キンチョール初期エアゾール」と「蚊取線香製造ノ図」の2柄。その他、金鳥グラフィックが堪能できる図柄が揃います。

ポケットに入れてもかさばらないサイズの「金鳥の夏日本の夏 こてぬぐい」(1100円)もおすすめ。

昭和の企業広告用うちわがモチーフ!「手刷り丸竹うちわ」

「金鳥の夏日本の夏 手刷り丸竹うちわ」(2750円)

細かく割った柄や手刷りの風合いが楽しめる、昔ながらの「金鳥の夏日本の夏 手刷り丸竹うちわ」は、昭和によく見られた企業広告用うちわ風で、とってもレトロおしゃれ。

ギフトにもおすすめの“暮らしの道具”

上記の他にも、「風呂敷」や「手染めかや織ふきん」、「レトログラス」などをラインアップ。
職人の手仕事が感じられる「日本の夏の暮らしの道具」は、大切な方への贈り物にもおすすめです。

※【画像・参考】中川政七商店

【関連記事】

おすすめの記事