Yahoo! JAPAN

アップル、M1搭載の新「iMac」は超スリムでカラフルな7色展開

価格.comマガジン

アップル、M1搭載の新「iMac」は超スリムでカラフルな7色展開

アップルは2021年4月21日(日本時間)、オンラインで新製品発表イベントを開催し、自社設計のシステムオンチップ(SoC)「Apple M1」を搭載した新しい「iMac」を発表した。アップルストア価格は154800円(税込)から。4月30日から注文を受け付けて、5月後半に発売する。

Apple M1チップ搭載に合わせてデザインを一新したiMac

7色展開! 厚さは11.5mm

新しいiMacはデザインを一新。ロジックボードを小型化できるApple M1の特徴を生かして、11.5mmの超薄型ボディを実現した。本体サイズは547(幅)×147(奥行)×461(高さ)mm(スタンド含む)、重量は4.46~4.48kg。

カラーはブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルの7色を用意する。イベントの招待状のカラフルな手書きのリンゴは、iMacのカラーリングだった。

ティム・クックCEOと7色の新iMac
Magic Mouseも本体カラーと合わせてカラフルに
別売のMagic Trackpadもカラフル

4Kオーバーの24型ディスプレイを搭載

ディスプレイは4480×2520の24型。4Kオーバーの4.5K Retinaディスプレイだ。P3の広色域、True Toneテクノロジー、反射防止コーティングなどをサポート。輝度は500ニトという高輝度を実現している。

ビデオ会議やビデオ電話に利用するFaceTime HDカメラは1080p。Apple M1の画像信号プロセッサ(ISP)により、画質は大幅にアップしており、Mac史上最高品質のカメラだという。

24型のディスプレイの下部に大きなスピーカーがレイアウトされている

マイクは3マイクアレイで、周囲のノイズを取り除く機能も備える。本体は薄型だが、6つのスピーカーで、ドルビーアトモスもサポート。4.5K Retinaディスプレイと組み合わせて、映画などを高画質&高音質で楽しめる。

Touch ID搭載キーボードを用意

外部インターフェイスは上位モデルがThunderbolt/USB 4ポート×2とUSB3.0×2、下位モデルがThunderbolt/USB 4ポート×2と拡張性は低め。電源コードは磁石で固定する仕組み。LAN端子がACアダプターに搭載されているのがユニークだ。ネットワークはWi-Fi 6、Bluetooth 5.0に対応する。

上位モデルの背面
電源ケーブルは磁石で固定する。側面の小さな穴は3.5mmヘッドホンジャッ

上位モデルにはTouch ID搭載のMagic Keyboardが付いてくる。指紋でログインや各種認証ができる便利な機能だ。

上位モデルはTouch ID搭載のMagic Keyboardが付属

スペックは、上位モデルが8コアCPU/8コアGPUのApple M1チップ、メモリーが8GBユニファイドメモリー(オプションで16GBユニファイドメモリーに変更可能)、ストレージが256GB SSDまたは512GB SSD(オプションで1TB SSDまたは2TB SSDに変更可能)。下位モデルは8コアCPU/7コアGPUのApple M1チップ、メモリーが8GBユニファイドメモリー(オプションで16GBユニファイドメモリーに変更可能)、ストレージが256GB SSD(オプションで512GB SSDまたは1TB SSDに変更可能)。

【関連記事】

おすすめの記事