Yahoo! JAPAN

博多湾ジギングタチウオで連発劇 6人で111尾の好釣果に【福岡・Gulf】

TSURINEWS

ライトジギングでタチウオ(提供:週刊つりニュース西部版APC・杉俊廣)

8月24日、福岡市志賀島・弘漁港のGulf(ガルフ)から出船しジギングでタチウオを狙った。シーズン後半ながら、6人で111尾と嬉しい釣果となった。

福岡「Gulf」でジギング

8月24日、福岡市志賀島・弘漁港のGulf(ガルフ)から出船しジギングに出かけた。季節によって多彩な釣行メニューがあるが、近海ライトジギングがメインで、タイラバでも自由に選択ができる。今回は、今月いっぱいであろう博多湾のタチウオがメインの釣り。猛暑のため、午前5時に集合して9時帰港というスケジュールだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

釣友の森山君と久しぶりの対面。あいさつの後、道具やクーラーを積んで出港。船長は親切で、細やかな対応をしてくれるので非常に助かる。

幸先よく本命タチウオ

15分ほどでポイントに到着。西戸崎と能古島の間に、すでに12~13隻の船がいた。船長から「13m底に反応がたくさん出ています、どうぞ」と声が掛かる。

ミヨシで釣っていた川村さんが、幸先よくすぐにタチウオを釣り上げた。私の後ろで釣っていた豊嶋さんにもヒット。続いて森山君にもヒット。私にもヒット。大学生2人にもヒット。次に森山君、続けて2回、船に上がる寸前にバラシ。

その後もヒットが続いていたが、ばったりと止まり「上げてください、移動します」の声。船長は魚群探知機を見ながらベイト探し。

ゲストにタカバ(マハタ)

「はい、どうぞ」と船長の声がして、一斉にジグを落とす。1投目から3人にヒットし、船長は大忙し。アタリが止まり、私はジグを軽く上下に巻きながらアタリを待つ。それを5~6回繰り返した時に大きなアタリが。指幅4~5本サイズだった。

高級魚タカバがゲスト(提供:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

その時、森山君に大きなアタリが。上がってきたのは大きなタカバ。船長いわく「こんな所にねー」。次に森山君、グチを2尾続けてゲット。

6人で111尾ゲット!

また移動。船の前後でエソをリリース。移動、移動、また移動で、その時その時でタチウオが数尾釣れて大漁となった。

暑くて、9時10分に納竿で帰港。魚を分ける時、船長がタチウオに釣った人のイニシャルを書いていたので一目瞭然。数えていたら、6人全員で111尾の大漁だった。

<週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース版』2020年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post博多湾ジギングタチウオで連発劇 6人で111尾の好釣果に【福岡・Gulf】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事