Yahoo! JAPAN

TVアニメ『東京リベンジャーズ』放送直前威弁斗(イベント)は当て字多めで気合十分!決起集会詳細レポ

SPICE

圧のある集合写真

「TVアニメ『東京リベンジャーズ』放送直前威弁斗〜今何してンの?神社に来いよ!愛仁夢決起集会〜」が開催され、花垣武道役の新祐樹、橘日向役の和氣あず未、橘直人役の逢坂良太、佐野万次郎役の林勇、竜宮寺堅役の鈴木達央が登壇した。イベント冒頭、林が「今日のMCは事務所の後輩、新くんが務めます。初MCとなりますので、よろしくお願いします!」と緊張気味の新をフォローすると、新は「イベントもほぼ初めてなので、緊張気味ですががんばります!」と気合を見せた。鈴木は会場を見渡しながら「みなさんの目が全員こっちを向いて、メンチ切っている感じですね。マスクをしているから、目だけがこちらを向いていて、不良の時代を作りたいという高ぶる気持ちが伝わってきます」と解説。アニメ視聴直後の会場の熱気を伝えた。

新祐樹

今回のイベントは来場者特典として特製特攻服がついたチケットとなっており、参加者は特攻服を着ている。和氣と逢坂は参加者と同じ特攻服を、新と林と鈴木の3人は、実写映画『東京リベンジャーズ』衣装チームが制作した、各キャラクター仕様の特攻服を着ている。鈴木の特攻服姿に「似合いすぎ」「本物」という声が上がる中、新は「達央さんを見て、気持ちがビッとなりました」と明かしていた。全員が特攻服姿で、気合を入れて決起集会を行う宣言し、イベントはスタートした。

まず最初に、それぞれが演じるキャラクターを紹介。新が演じるタケミチについて、鈴木は「新くんが喋った瞬間に“タケミチだ!”と思いました」と絶賛。逢坂は「新くんの“いい意味で”初々しさが相まって、良い(芝居だ)と思いました」と説明。林は「まだ未発表のキャストさんが新くんの芝居を褒めていたことを伝えたら、ありがとうございますってちょっとドヤ顔になって。そんなふうに調子に乗るところもすごくタケミチっぽいと思っています」と笑顔でコメントした。

和氣あず未

和氣は「タケミチは後半どんどんカッコ良くなっていきます。汗をドバドバ流しながらアフレコしているので、ブースの温度が上がります。それくらい熱い芝居をしているので、期待してください」とアフレコの様子を伝える。新が「全力投球で演じています。実は今も汗かいています」と明かすと、「それはアフレコ現場とは違う(種類の)汗でしょ?」とツッコミが入ると「両方だと思います」と少し気まずそうに認める場面もあった。

和氣によるヒナタのキャラクター紹介を聞いた鈴木は、「切ないキャラクター説明だよね。健気さ、かわいさがすごい」とお気に入りの様子。和氣は「かわいい理想の女の子だけど、タケミチがヒナタの前では弱音を吐いたりするので、(かわいい彼女というより)お母さんのように包み込んでいる印象があります」と説明。「将来いいお母さんになる」「かわいいけれど、姉さん女房感がある」など、男性キャストが声を揃えて、ヒナタの魅力を語った。アフレコ現場で感じるヒナタのかわいさについて問われた新は「叫ぶシーンが多くて、喉がカスカスになっていたときに、和氣さんが喉にいいシロップを差し出してくれて。でも実は僕、同じものを持っていたので、断ってしまい、ずっと後悔していたことを、今、思い出しました」と明かすと、「そういうところがタケミチっぽい!」と一同が納得。和氣が「(あのときは)ちょっと傷つきました」と悲しそうな声を出すと、新が申し訳なさそうに「本当にすみませんでした」と深々と頭を下げていた。

逢坂良太

ヒナタの弟・ナオト役の逢坂は「警察官の役なのに、今日は特攻服を着ています」と苦笑い。「直人は重要なキャラクターで、彼がいないと物語が成り立たない。一番のキーマンだと思っています。常に陰でタケミチをサポートする役です」と役割を説明した。

林勇

マイキー役の林の「結構子どもっぽいところと、総長らしいカリスマ性を合わせ持ったキャラクターです」というキャラクター説明を聞いた鈴木は「勇はそういう役を演じることが多いから、ぴったりな気がする」とコメント。林は「つかみきれないところがあるとか、テキトーとかよく言われます」と笑顔で語っていました。

鈴木達央

ドラケンについて鈴木は「トレードマークの多い男」と説明。続けて「マイキーにとってよき相棒なのかどうか、ブレーキになっているのか、見えないところも多いキャラクターだし、3話までだとだいぶ怖いイメージがあるかもしれません」と解説した。ここで林が、さらにキャラを深掘りしようとしたところで、ネタバレしそうになったため「これ以上話すのはやめよう」と自重する場面もあった。

ここからはネタバレしないようにオンラインで配信したダイジェスト版をベースに感想を語り合うことに。鈴木が「オーディションはかなり前で、アフレコは結構前から始まっています。まずは今日、こういう形で映像を観てもらえたことにホッとしています」と安堵の様子。「いいものを作ろう!」という初見浩一監督のこだわりがすごいことに触れつつ、気合の入ったアフレコを続けてきたことを明かした。林は「ドラケンとマイキーがどんな奴らなのか。3話までだと話せる部分が少ないのですが、マイキーの幼さだけではなく抱えているものもあり、心情の変化も表現できるよう意識して演じていたので今後のストーリーも楽しみにしていただければいいなと思います」とネタバレしないよう意識しながら、慎重に印象を語っていた。

逢坂は「みんなが一緒に集まっての収録ができないので、自分のアフレコが終わった後に、スタッフさんに頼んで、ちょっとだけ他の人の収録を外から聞かせてもらったりしていました。マイキーとドラケンがいる! という雰囲気を気持ちよく持ち帰りました」とニッコリ。鈴木も「入れ替え制のアフレコなので、“ちょっとだけいいですか?”とお願いして、他のキャストの演技を受け止めて、次回に向けて準備をするということは、みんなやっていると思います」とアフレコ裏話を明かしていた。

また、逢坂は「僕は、真面目な立ち位置なので、不良たちがオラついているシーンがうらやましいです!」と残念な様子。乱闘シーンに参加したいかどうか問われた和氣は「殴るシーンの収録は特にガヤがすごく大変そうだと思いました」と回答。逢坂が「抗争シーンで、元気な状態の乱闘を1分、次にちょっとダメージがあった乱闘を1分、そして3つ目はボロボロの状態で1分、合計3分、ひたすら殴り合いを続けるんです。もう死にそうになりました」と振り返ると、林は「たっつん(鈴木)はそういう収録でも絶対手を抜かず大声を出すので、負けてられないと思い、僕も大声で挑んだのですが、案の定翌日声が出なくなって……。でもたっつんは“俺、全然平気”とケロッとしているので、どんだけ喉強いんだ、と思うことは何度もありました」と鈴木の喉の強さに感心していた。

放送情報、原作情報に続き、初解禁情報第1弾として全世界同時配信の決定が発表された。さらに、初解禁情報第2弾は今後の物語の鍵を握る2人のキャラクターとキャストが発表され、江口拓也が半間修二役を、森久保祥太郎が稀咲鉄太役を演じることが明らかになった。鈴木は半間のイラストを見ながら「背格好が(江口)に似てる」とコメント。「全てが謎に包まれた男」という稀咲のキャラ紹介に「説明しているけど説明していない、おもしろい!」とよろこぶキャスト陣。

「江口は楽しそうにアフレコやっていました。すごくいい変態的な部分が出ていました」という鈴木に対し、林が「それ、褒めてるの?」とツッコミを入れる場面も。森久保については「八王子の本物のヤンキーが出ていました。毎回、楽しそうにアフレコに参加しているようですし、“超、出たかった”と言ってたので、第一声に注目してほしいです」と紹介。さらに、羅慈悪(ラジオ)とYouTubeチャンネルが始まることも解禁。YouTubeでは羅慈悪のアーカイブや、新による体当たり企画の遊誅舞(ユーチューブ)、さらに和久井先生完全監修のオリジナルミニアニメ「ちびりべ」の公開が予定されているということで期待が寄せられた。

ここからは当て字の多い『東京リベンジャーズ』のイベントにふさわしく、「亜手血倒苦(あてじトーク)」のコーナへ。テーマは「愛仁夢乃伊鬼後美!(あにめのいきごみ)」、つまりアニメの意気込みを当て字で披露することに。

和氣が披露した「悪津胃紫胃煮 眼我鼻狭仙!(あついしばいにめがはなせません!)」は、誰も完璧に読めなかった難題、かと思いきや、ここで誤字が発覚。「柴」を「紫」と書いてしまったことが明らかに。和氣は「きちんと調べたつもりだったけど、当て字って難しい!」と首をかしげていた。

逢坂は「瑳威護魔出夜琉(さいごまでやる)」と書き、その意味について、「原作が大好きなので、ぜひ、最後まで(アニメを)やりたいという希望も込めています」とアピール。

林は「威津血弾毛突※津は小さい津(いっちだんけつ)」とし、「この時期、みんなで一緒にアフレコができないので、気持ちだけでも一致団結しようという思いを込めました」と説明。鈴木の「薔離薔離気合入琉(ばりばりきあいはいってる)」とし、「ガヤひとつをとっても、気合が入っているので、みなさんに伝わればいいなと思っています」と呼びかける。

新は「死怒鬼伝玩薔琉(しぬきでがんばる)」とし、「完全に僕の意気込みです」と断言。「薔の文字は人生で初めて書きました。当て字50音表に出ていたので」と新が明かしたところで、逢坂は「それはダメ。変換表を使わずに、自分で作らなきゃ。だから、ちょっときれいにまとまっているんだね」とダメ出しをしつつ、「君の先輩のを見てみなさい、毛とか突撃しちゃってるんだよ」と林の文字を指差してニヤリ。鈴木は「現代っ子だからなぁ、未来からきた子だからな、変換表、使っちゃうのね」と、タケミチとリンクさせつつ、納得した様子だった。

最後の挨拶で、鈴木は「気合を入れて声をあてています。作品の良さが伝わるように、喉が千切れるくらい声を出してがんばっています。その熱意が伝わればうれしいです」とアピール。林は「ヤンキー漫画×タイムリープは新境地。マイキーは演じるのが大変なキャラクターですが、全力で挑みたいと思います」と宣言。逢坂は「本当に大好きな作品なので毎週毎週気合を入れて収録しています。キャラとしても陰でタケミチを支える役なので、役者としても新くんをサポートする立場でいたいと思っています」と優しい笑みを浮かべた。

和氣は「不良とかヤンキーって怖いし、今時ちょっとダサいという印象でしたが、戦う男の子ってかっこいいと思うようになりました。ストーリーが進むにつれて、胸がアツくなり、泣いてしまうシーンがたくさん登場するので、4話以降も楽しみにしていてください」と呼びかけた。新は「作品は、間違いなくおもしろいです。スタッフ、キャストのみなさんのサポートの中で、タケミチを演じています。今後は衝撃の展開続きで、それぞれのキャラの魅力もよく見えてくるはずです。これからもがんばって収録に挑みます。何卒よろしくお願いいたします」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

取材・文/タナカシノブ

【関連記事】

おすすめの記事