Yahoo! JAPAN

愛犬が『雨の日の散歩』を嫌がる4つの理由 苦手意識を克服するためにできることはある?

わんちゃんホンポ

愛犬が「雨の日の散歩」を嫌がる理由

犬はプールなどの水は大好きなイメージがあるかもしれません。しかし、こと雨になると話は違うようです。

寒さや冷たさがつきものの雨に降られながらの散歩は、人間だけではなく犬にとっても苦痛な場合も。

そこで今回は、愛犬が「雨の日の散歩」を嫌がる理由について解説します。犬にとってもいろいろと事情はあるようです。

1.濡れるのが苦手

愛犬が雨の日の散歩を嫌がるのは、濡れるのが苦手だからなのではないでしょうか。

雨が降る中を散歩することが苦手なだけではなく、雨が止んだ後の濡れた地面を歩くことが苦手な犬もいます。

顔に雨が降ってきて、目をシパシパさせながら散歩する犬を見かけますが、顔に水がかかることや顔が濡れることが苦手な犬も多いようです。

2.湿気が不快

愛犬が雨の日の散歩を嫌がるのは、湿気が不快だからなのではないでしょうか。

雨の日、外に出るとヘアスタイルも崩れてしまい、髪の毛がしっとりしたように感じられますよね。

被毛の多い犬ですから、人間が感じる不快さよりもさらに不快なのではないでしょうか。

3.レインコートを着たくない

愛犬が雨の日の散歩を嫌がるのは、レインコートを着たくないからなのではないでしょうか。

レインコートを着ると、歩きづらいのだと思います。歩く度にカサカサと音が鳴るのを不快に感じたり、怖がったりする犬もいます。

4.雨音が怖い

愛犬が雨の日の散歩を嫌がるのは、雨音が怖いからなのではないでしょうか。

どしゃ降りの雨や雷雨を経験し、雨音に対して恐怖心を持ってしまったのかもしれません。また同じ怖い思いをするのではないかと不安なのです。

小雨でも外に出たがらないことがあります。

苦手意識を克服するためにできること

雨の日の散歩への苦手意識を克服するためにできることは、雨の日の散歩を強要しないことです。愛犬が散歩に行きたがるときは行き、拒否するときはお休みしましょう。

そして、雨の日の散歩への苦手意識を克服する必要性を考えることが大事だと思います。愛犬には、どうしても雨の日の散歩への苦手意識を克服しなければならない理由があるでしょうか。

外に出なければ排泄することができない犬は、雨が降っていても外に出たがります。排泄を我慢しなければなりませんし、膀胱炎などの病気の原因にもなるため、飼い主の方が苦手意識を克服する必要がありそうです。

室内で排泄することができる犬にとっては、雨の日に外に出る必要がありません。かるい運動は室内でも可能ですし、ストレスの発散は遊びでも可能です。

雨の日の散歩の注意点

雨に日にどうしても散歩をしなくてはならないケースの場合、晴れの日とは違い注意すべき点が発生します。

これから雨が多くなる季節に…という場合は、きちんと備えて配慮しておきましょう。

暗い時間を避ける

雨の日の散歩は、暗い時間を避けましょう。

ライトを照らしながら走る車からは、人も犬も見えづらいです。地面が反射して見えるため、発見が遅れがちです。

飼い主もレインコートを着る

傘をさすと片手が塞がります。視界も悪くなります。

中型犬や大型犬は、リードを引っ張る力が強く、片手でコントロールすることが難しいです。思わぬ事故を防ぐためにも、咄嗟の対応ができるよう、両手が空いていた方がよいです。

ドライヤーで十分に乾かすこと

犬の濡れた体は、ドライヤーを使って十分に乾かしてください。

湿ったまま放置すると、常在菌が過剰繁殖し、悪さをします。指間炎などの皮膚病の原因になります。皮膚までしっかり乾かしてあげましょう。

まとめ

愛犬が雨の日の散歩を嫌がる理由を4つ解説しました。

✔濡れるのが苦手
✔湿気が不快
✔レインコートを着たくない
✔雨音が怖い

愛犬が散歩に行きたがるときは、小雨になったタイミングを見計らって、レイングッズを上手く活用しながら安全を確保して行きましょう。

日頃からトイレトレーニングを行っておくと、雨の日だけではなく、災害時にも必ず役に立ちます。愛犬に介護が必要になったときにもお互いが苦なく過ごせます。

雨の日が続き、愛犬の運動不足やストレスを心配されるときは、室内ドッグランも活用してみましょう。初めて利用するときは、狂犬病予防注射と混合ワクチン接種の証明書を持ってお出かけくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事