Yahoo! JAPAN

JAセレサ川崎 市内産イチゴでフロンターレ応援 1(イチ)位を5(ゴ)回の語呂に合わせ 〈川崎市麻生区〉

タウンニュース

左からカブレラ、小泉さん、上原さん、ふろん太。

JAセレサ川崎は2月15日、昨シーズンリーグ優勝と天皇杯初優勝を果たし、通算で1(イチ)位を5(ゴ)回獲得したJ1・川崎フロンターレに、麻生区内4軒を含む市内イチゴ農家が育てたイチゴ100パックを贈った。贈呈式は高津区にある同クラブ事務所で行われ、イチゴ生産者の上原脩太さん(多摩区)と小泉博司さん(宮前区)が公式マスコットのふろん太とカブレラにイチゴを手渡した。贈呈は、同クラブ今シーズンのさらなる飛躍を祈念して行われたもの。

今回の取り組みの発起人である上原さんは「中学校からサッカーをやっていてずっとサッカーが好きだった。こういった形で一緒にコラボできてうれしい。チームや選手から市内産イチゴの魅力が広く知れ渡って欲しい」と希望を語った。小泉さんは「今年のイチゴも例年通りおいしい。ぜひ楽しんでもらえれば」と話した。

同クラブによると、手渡されたイチゴは選手やチームスタッフに届けられるという。今後はリーグの開幕に合わせてJR武蔵小杉駅前にある同クラブ公式カフェ「FROCAFE」で市内産イチゴを使ったコラボメニューの販売も予定している。

フロンターレの担当者は「100パックもいただけたのはありがたい。今後も、いろんな農産物を周知するイベントを行って地域に貢献したい」と話す。

市内では10の農家がイチゴのハウス栽培を行っており、麻生区では「スローファーム」(早野)「オアシスファーム」(片平)「農業生産法人カルナエスト」(岡上)「元木いちご農園」(黒川)が取り組んでいる。

【関連記事】

おすすめの記事