Yahoo! JAPAN

まつ毛エクステで眼球が傷だらけに 施術店からは謝罪や返金の対応もなし(英)

Techinsight

何年もまつエクを受けてきた女性だったが…(画像は『Tyla 2021年11月22日付「Woman Blinded After Making Simple False Eyelash Mistake」(Credit: Triangle News)』のスクリーンショット)

美しいまつ毛をキープできることで人気のまつ毛エクステンション。このほどその施術ミスにより目が開かなくなるほど腫れ上がってしまった女性のニュースがイギリスより届いた。女性は眼球が傷だらけとなりサングラスが欠かせない生活に陥ってしまったが、施術した店は返金どころか謝罪の言葉もなかったという。この女性は「信頼できる店や施術者を選ぶように」と注意を呼びかけている。『Tyla』などが報じた。

被害に遭ったのは、英南部ドーセット州ボーンマスで弁護士助手として働くゾーイ・キネアさん(Zowie Kinnear、31)。ゾーイさんはこれまで何年もまつ毛エクステンションの施術を受けており、今回はFacebookで見つけた初めての店で行うことにした。

施術当日、所要時間は約45分のはずだったが、なぜか3時間もかかってしまった。ゾーイさんの施術が終わるのを待っていたボーイフレンドが「まさか誘拐された!?」と心配してしまうほど時間がかかっていたという。

しかもゾーイさんはこれまで施術中に痛みを感じたことはなかったが、その日は激しい痛みを感じていた。そのことを施術担当者に訴えても、「チクチクとした痛みを感じるのは普通のことですよ」と言われただけだった。

違和感がありながらも施術が終了してゾーイさんは帰宅したのだが、その翌日からゾーイさんの目はどんどんと腫れ上がっていった。

ゾーイさんは「普段は痛みをあまり感じないタイプなのですが、この時はまるで誰かに眼球を刺されているのかと思うほどの痛みで涙を流していました。鏡で確認しようとしても、目がほとんど開けられなかったのです」と当時を振り返っている。

すぐにボーイフレンドがゾーイさんを救急外来に連れて行ったのだが、医師ですらゾーイさんの目を開けるのに苦労するほどパンパンに腫れてしまっていた。

眼球に問題があるのではと考えていた担当医は専用機器で目をこじ開け、傷を確認するための黄色い染色液を点眼した。するとゾーイさんの眼球は傷だらけで、ボロボロになっていることが判明した。

まつ毛エクステンションは本来、皮膚から1~1.5ミリほど離れた部分の自まつ毛に装着していく。しかしゾーイさんは目の粘膜に近い場所に直接付けられてしまったため、眼球にいくつもの傷がついてしまったのだ。

ゾーイさんの苦しみはこれだけではなく、病院から帰ってきた後も続いた。

「点眼した黄色いものを全て吐いてしまったんです。何が起きているのか分からなかったけれど、鼻と口から黄色いものが出てきました。目が見えなくなって死んでしまうのかと思い、本当に恐ろしかったです。」

散々な目に遭ったゾーイさんは医師から「そのまつ毛エクステンションを外してきなさい」と指示を受け、再び施術を受けた店を訪ねた。ところが同店は「忙しくてすぐに対応できない」と言うだけで、謝罪や返金もなかったという。

その後、ゾーイさんの視力は回復したものの、太陽の光に敏感になり外出時にはサングラスが欠かせない生活になってしまった。

「これまでまつ毛エクステンションを頻繁に装着していましたが、今は怖すぎて付けていません」と明かすゾーイさんは、まつ毛エクステンションを受けようと考えている人々にその危険性を訴え、信頼できる店や施術者を選ぶように注意を呼びかけている。

まつ毛エクステンション以外にも、今回のようにずさんな美容施術の被害は過去にも発生している。同じイギリスで切らないフェイスリフトを受けた女性が、施術ミスにより激痛で食事もできない状態になってしまったというニュースも注目を集めていた。

画像は『Tyla 2021年11月22日付「Woman Blinded After Making Simple False Eyelash Mistake」(Credit: Triangle News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「届かニャ~イ!」爪とぎポールが使えないと不満を述べる子猫

    ねこちゃんホンポ
  2. <離婚したくなった話>夜泣きに怒鳴る夫がムリ!先輩ママからのアドバイスは【まんが】

    ママスタセレクト
  3. 皮膚がんで頭に穴、週2回の日焼け用ベッドを使用していた36歳女性「私のようにならないで」(英)

    Techinsight
  4. <これは非常識!?>気になって仕方ない!どうしても許せない他人の行動はありますか?

    ママスタセレクト
  5. <義母の不思議>自分の息子に連絡せずに嫁にばかり連絡する義母。逆だったらどう思う?

    ママスタセレクト
  6. <ダメ人間は欠点隠しがうまい?>うちのダメ旦那エピソードを聞いて!ずっと人でなし編

    ママスタセレクト
  7. 猫が持つ細菌「S. felis」によりマウスの皮膚感染症の治療成功!米国カリフォルニア大学研究チームが発表

    ねこちゃんホンポ
  8. 彼氏の浮気に気づいた“意外な発覚ポイント” #2「○○するフリをして…」

    ウレぴあ総研
  9. 実は「小学生から活動していた」意外なジャニーズTOP10

    ランキングー!
  10. 王林が“東京の電車の怖いところ”語る

    ナリナリドットコム