Yahoo! JAPAN

テンヤマダイで本命2.5kg 船中最大は6.8kgの大型【鹿島・長岡丸】

TSURINEWS

テンヤでキャッチした2.5kg級マダイ(提供:週刊つりニュース関東版白井亜実)

茨城鹿島の長岡丸からテンヤマダイ釣行へ。ポイントは港から数十分の浅場で、根掛かりの心配もなく初心者もチャレンジできます。夏レジャーにオススメです。

長岡丸でテンヤマダイ

7月19日(日)、茨城鹿島の長岡丸からテンヤマダイに釣行しました。当日は4時に受け付け開始、順次船に乗り込みます。この日、テンヤ船は2隻で出船。私は2号船の左舷トモ寄りに釣り座を取りました。

鹿島旧港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ポイントは港から数十分の近場で、水深18mのフラットな砂地。アタリは一日に数回程度と少し渋めだけど、前日の午後船では5.83kg頭に船中18尾。驚くべきは、一番小さくても1.67kgと型がそろう。

テンヤマダイのタックル

この時期、状況によって活エビを使います。大・中・小交じりで、この日は冷凍エビと併用しました。

使用するテンヤは8号前後ということで、私はスイミングタイプのジグヘッド25gでスタート。潮はまったくといっていいほど流れていません。

テンヤマダイタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

マダイの時合到来!

開始から30分ほどたったころ、マダイの時合が到来!大ドモから突然悲鳴のようなドラグ音が静寂を破ります。「きた~」竿は大きく曲がり、慣れた手つきでやりとりを楽しんでいます。船長が大きな大きなタモを持ってスタンバイ。さらに、右舷側からもドラグ音が響きます。「こっちもきちゃった」と、船長から笑顔がこぼれます。

「間違いなく時合いだ」と、常連の楽しそうなファイトを横目に、願いを込めて思いきりキャスト。マダイは大きくなるほどアタリは繊細なイメージ。着底付近では、とくに神経を研ぎすましながら、小刻みにイトを送り込みます。

時合に2.5kgマダイ

着底後、底を取り直そうとスッと竿先をゆっくり上げた瞬間、わずかなコンッというアタリ。思いきりアワせると、しっかりフッキングが決まり、ガッシリとした重量感。次の瞬間、〝ジジジーッ〟とスプールが滑ってラインが引き出されます。「きた~」あまりの嬉しさに「走れ~」と叫んでしまいます。

先に4kg級を無事タモ取りした船長が「ゆっくりでいいからね。頑張って!」と、優しく声をかけてくれます。時折、ガンガンガンと、竿先を乱暴にたたく引きに本命を確信。

慎重にやりとり(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

しっかりテンションを掛けながら、走らせては巻き、巻いては走られるを繰り返して距離を詰めていくと、やがてピンクの美しい魚影が、クルクルと円を描きながら浮き上がってきました。無事ネットインすると、船長と常連さん数人が「おめでとうございます」と祝ってくれて喜び倍増。計測すると2.5kgの良型でした!

良型を2.5kgをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

活エビエサに好反応

このあと、食いが少し落ち着くと、トモとミヨシでぽつりぽつり。いずれもかなり遠投して、広範囲を探っているので、キャストが重要なんだと感じました。

当日最大の6.8kgを上げたトモの常連は、中盤は活エビへの反応がいいことを教えてくれました。みなさん、エサの使い分けを上手にしているようで、とても勉強になりました。しかし、時すでに遅し。私は序盤に活エサをほとんど使い切ってしまい、冷凍エビで粘らざるを得ない状況。

午前船で6.8kgが上がった(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

遊動仕掛けが吉

曇り空から少し晴れ間が見えると、少し活性が上がってぽつぽつ。本命に交じってマゴチが顔を見せます。水面でダイナミックに首を振り、引き味も強いので嬉しい高級魚です。

アタリが少し遠のき、中だるみしそうになっていたとき、胴の間で竿が大きく曲がり、目が覚めるようなドラグ音。3kg級の本命マダイが船上に取り込まれると、釣り上げた人は「まだ足が震えてる…」と、しばらく喜びの余韻に浸っていました。少しあと、またこの人にアタリがきて、同サイズの2尾目。

話を聞くと、「仕掛けを遊動タイプに替えたらボトムでアタリがでた」とのこと。見渡してみると、大半の人がこのタイプを使っています。

午後船では6.65kgも上がった(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

60cm超えのマゴチも

後半、試しにキャストして巻いてみると、ゴンと激しいアタリ。即座に竿を立てアワせると、ドラグが引き出されます。少し走ったけど、マダイ特有の引きではなく、でも時折バタバタと暴れます。「サメかな?なんだろう…」。水面に現れたのは、60cmを超える良型マゴチ。このサイズになると引き味は中型の本命のようでした。

60cm超えのマゴチも(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

最終釣果

11時30分に沖上がり。帰港すると、女将と午後の乗船者が待ちきれない様子で出迎え。午前船の釣果(2隻)は、マダイ1.33~6.8kg19尾。まだまだ好釣果が期待できそうな鹿島のテンヤマダイ。

浅場で根掛かりの心配もないので、初心者にもチャレンジしてほしいです。

2隻出しで合計19匹でした(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

<週刊つりニュース関東版 千葉・白井亜実/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年7月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事