Yahoo! JAPAN

早稲田の杜に生まれた新しい文化の発信基地。10月にオープンした「村上春樹ライブラリー」に行ってみました

さんたつ

早稲田大学早稲田キャンパスに、早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)が10月1日に開館した。作家・村上春樹氏から寄贈された書籍や執筆関係資料、数万枚のレコードなどを所蔵。同キャンパスの4号館を改築した本館の設計は、建築家の隈研吾氏が手掛けており、扉をくぐると木を使ったぬくもりあふれる「階段本棚」が出迎えてくれる。隈氏は設計に際して「日常から突然違う世界に入ってしまう、トンネルのような村上文学の要素を意識した」とのこと。定期的に入れ替わる開架は、村上作品だけではなく、街や音楽、食にまつわる本などジャンルはさまざま。

村上作品の世界が広がる階段本棚。

ライブラリーは地上5階、地下1階建てで、一般利用は2階までが可能となる。地下1階のラウンジでは村上春樹氏ゆかりのピアノや家具、世界各地で上演された『海辺のカフカ』の舞台装置などが展示され、併設のカフェとともに開放的な空間でくつろげる。

忠実に再現された「村上さんの書斎」。

とりわけおすすめしたいのは、1階のギャラリーラウンジとオーディオルーム。デビューの1979年から2021年までの村上作品(ほぼ初版本!)をはじめ、日本で刊行された作品のみならず、村上氏による翻訳作品などが自由に閲覧できる空間だ。包みこまれるような座り心地のコクーンチェアなど、選びぬかれた家具とともに、音楽と読書体験を楽しむための仕掛けが満載。

上質な音響でレコードやCDを聴きながら、ゆっくり読書ができるオーディオルーム。
2階のスタジオでは、今後ラジオ収録が行われる可能性も!?
併設のカフェ『橙子猫(オレンジキャット)』では、ライブラリーオリジナルブレンドのコーヒーが味わえる。

村上氏はこの場所が「新しい文化の発信基地になるとともに、大学と街の人々がまじりあう環境になってくれれば」と期待を込める。同館のテーマは「物語を拓こう、心を語ろう」。この秋は、心ゆくまで没頭できる文学空間へ足を運んでみては。

9月に行われた内覧会では、村上春樹氏(中央)も登壇。

「早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)」詳細

早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)
住所:東京都新宿区戸塚町1-104/営業時間:10:00~17:00(カフェの営業は土・日・祝は~15:00)/定休日:水/アクセス:地下鉄東西線早稲田駅から徒歩7分

取材・文・撮影=吉岡百合子(編集部)
『散歩の達人』2021年11月号より

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2号店オープン!『元祖仙台ひとくち餃子 あずま 一番町店』でランチを食べてきました。~一番町四丁目商店街~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. カミングフレーバー[ライブレポート]強い誇りを胸に1st SG発売記念ツアー開幕!「どんどんどんどん強いグループになっていると思います」

    Pop’n’Roll
  3. 2022年1月11日オープン 麺匠 一粒万倍(いちりゅうまんばい) 寺町店

    京都速報
  4. 櫻井翔 “人生の二者択一を迫られたこと”を聞かれデビュー当時を回顧「嵐にならないという選択肢はなかった」

    フジテレビュー!!
  5. <知りたくなかった>旦那が帰ってこない……不審に思い確認すると「33万の借金明細」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 世界3例目の顔面移植を受けた男性、事故から20年「手術、ドナーに感謝」(米)

    Techinsight
  7. <義妹の出産>非常識?私の両親が出産祝いを贈ったのに義妹からお礼の言葉がない

    ママスタセレクト
  8. 「学習院」に通っていた意外な有名人TOP10

    ランキングー!
  9. 志尊淳がグッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任 Ariaコレクションを華麗に着こなす姿を公開

    SPICE
  10. 【東北初出店!】バターの香りがたまらない!ジェラートピケのカフェがオープン!~三井アウトレットパーク仙台港~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ