Yahoo! JAPAN

1人目と2人目でつわりの辛さが違うママからの質問「このつわりの差って何が原因?」

ママスタセレクト

妊娠することで多くの妊婦さんが経験をする「つわり」。人によってその度合いは大きく異なってくるかと思いますが、生まれてくる子どもによっても変わってくるようです。

『妊婦です。上の子のときは全くつわりはなかったのですが、2人目を妊娠してつわりに苦しめられています。この差は何でしょうか?』

今回の投稿者さんは、1人目のときに全くなかったつわりが、2人目妊娠中である現在、かなりつらいものになっているようですね。つわりの症状は人それぞれ、吐き気や食欲の増加、眠気などさまざまなものがあります。投稿者さんの症状がどのようなものなのかはわかりませんが、たしかに生まれる子どもによって違いがでてくるのは不思議な話ですよね。一体どのような理由が考えられるのでしょうか? まずはママたちからの推測を見る前に、少しだけつわりについて学んでおきましょう。

「つわり」に関しては、不明な部分も多い!

妊娠5〜6週目から始まることの多いつわり。12〜16週になると自然とおさまることもあるようですが、人によっては全くなかったり、出産直前まで体調が思わしくないこともあるようです。そんなママたちの悩みの種となるつわりは、原因がはっきりとわかっていないそうです。今回はこのことを前提にして、子どもによってつわりの度合いが違う理由を、ママたちの経験をもとに推測してみます。

つわりの差……ママたちは自身の経験からどんな差だと捉えた?

今回投稿者さんから寄せられた「つわりの差」に対しての疑問について。医学的な部分は専門家にしかわからないですが、あくまで出産経験者として、ママたちはこのように語ってくれました。 「血液型の違いでは?」と答えるママたち

『血液型はどうだろう? A型とB型の夫婦だと全部の血液型の子が生まれる可能性ある。違う血液型になる子が身体の中にいると、血液型の組み合わせによっては強く反応が出ることはないのかな? うちは子供の血液型みんな同じだから、自分では比べられなくて、つわりも同じ感じだったけど。』

『血液型説は聞いたことあるな。自分と同じだとつわりが軽いか、つわりがない、違うと重いみたいな』

まずは「子どもの血液型とママの血液型が関係しているのでないか?」という推測。コメントをくれたママは、産んだお子さんの血液型が全員一緒だったため比べることができなかったようですが、ママたちのあいだで「血液型が一緒ならつわりが軽く、違うならつわりが重い」という噂があるようです。 自身の経験から、性別の違いが関係すると考えるママ

『女男女で産んだけど、息子のときだけつわりがひどかった。私の中では性別説が濃厚(笑)』

次に出たのは「性別が関係しているのでないか」という推測。コメントをくれたママは女の子のときにはつわりが軽く、男の子のときにはつわりがつらかったそうです。順に女の子、男の子、男の子と3人のお子さんを産んだことで、性別による自身の体調の違いがわかりやすかったのかもしれませんね。 遺伝子的なもの?自分と子どもの違いが関係しているとの意見も

『自分と似ていない子のときはつわりがひどいというのは、胎児を異物と認識するから? そんな説はあるのかも』

『子どもの細胞を自分の体が異物だと思っている差だよね』

『母親の体が異物(赤ちゃん)を排除しようとしていると聞いたことがあるよ。体質? 細胞? が赤ちゃんと一緒だとひどくないとか』

母親と赤ちゃんはそれぞれ別の人間。自分と同じ遺伝子が入っているとはいえからだにあるのは別の生命、「違う部分を異物ととらえているからでは?」という推測もありました。あくまで推測ではありますが、赤ちゃんができたことが喜ばしいはずなのに妊娠がつらくなってしまったときには、「身体が新しい生命を受け入れようと頑張っている」と思うことで自分を励ますこともできそうです。 「親の体質と一緒のイメージ」という答えも

『私もつわりがひどかったし、実母も祖母もつわりがひどかったらしい。私の中では遺伝だと思っていた!』

『つわりが軽いのは遺伝だと思う。母もつわりない体質、私は姉妹だけれど、両方つわりはなかった』

外見などでよく「お母さんにそっくりだね」などと言われる人もいるのかもしれませんが、つわりもその例外でない可能性があります。コメントをくれたママの場合、つわりの度合いが実母と同じだったそうです。投稿者さんも一度お母さんに聞いてみると、つわりに関しての意外な共通点がみつかるのかもしれませんね。

つわりでつらい日々、今回の推測がなにかのかたちで役立てば……

今回の「つわりがなぜ起きるのか」「なぜ人によって度合いが違うのか」という疑問、ママたちからはさまざまな意見がありましたが、実際のところまだまだ謎の多いお話なのかもしれませんね。ママたちのコメントを見るだけでも、こんなにもバリエーションの多い推測。きっと解明するため専門家の方々が日々研究を重ねているのだと思います。しかしわからないことばかりだからこそ、人の話を聞いて自分と照らし合わせたり、理由についての想像を膨らませたりする楽しさが存在するのかもしれません。とはいえまだまだつらい日々が続いている投稿者さんの毎日。そんな日々なママたちの推測と自分を重ねることで、少しでもなにかの楽しみや励みになることを願っています。

【関連記事】

おすすめの記事