Yahoo! JAPAN

活きイカエサで高級魚「アラ(クエ)」釣り 13kg頭に本命2尾キャッチ

TSURINEWS

大型クエをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

宗像市の鐘崎港から出船する遊漁船のを利用し、アラ釣りに行ってきた。この釣りを熟知した船長のサポートを得て、6kgと13kgのアラをキャッチした釣行をお届けする。

雅でアラ狙い

釣り人が憧れる夢の大型魚・アラ釣りに9月中旬、今月開業した宗像市の鐘崎港から出船する遊漁船の(みやび・川合船長)を利用し行ってきた。

当日は風もほぼなく、一日中曇り予報のこの上ない釣りびより。午前5時30分、薄暗い中ゆっくり出港。ポイントまでの間、大まかなプランやレクチャーを受ける。船長の話を聞くと、滅多に釣れない魚が幻ではなくなるような気持ちになるほど、発言の一つ一つに実績と経験に裏付けられた自信がうかがえる。これがプロの考え方か。

興味深い話でワクワク感が高まるうちに最初のポイントに到着。釣り開始からほどなくして潮が止まる潮回りであったので、最初のポイントでは短時間勝負になる。

手際よくイカを泳がせる

お手本で船長直々にイカを取り付けていただき、仕掛けを投入した。とにかくイカを弱らせないように優しく、素早く、手際よく。

海底にはさまざまな障害物がある。根掛かり防止のため、船長から細かく巻き取りm数にも指示が入る。その指示を守れば根掛かりすることもほぼないという。仕掛けも安いものではないので、指示を細かくいただけるのもありがたい。

エサのイカが大きいせいもあり、ゲストもほとんどアタらなかった。魚探には時折、ヤズの群れも映っていたらしいが、当日は大事な活きイカエサを横取りされることはなかった。

攻めて焦らして食わせる

少しして潮が止まり、その間に大きくポイント移動をする。潮が流れ始めるまでは、ベイトが映る時間帯に少しだけ落とし込み釣りもした。

その時も、イワシもいてヒラマサもいるのに食わないときの食わせ方など教わり、船長自らサオを握った際に一発でヒットさせたのは流石であった。食わせるテクニックの詳しい内容は、ぜひとも乗船してレクチャーを受けていただきたい。

そうしているうちにほどよい潮時にさしかかった。近くのアラが潜むポイントに船をつける。船長は「アラは必ずそこにいます、食います」という。エサを投入し、静かに待つ。

「私は待つ釣りも嫌いではないのです」と話したところ、船長から「アラ釣りは攻めの釣り。攻めて攻めて、かつアラを焦らせて焦らせて食わせるんだよ」と助言をいただく。

強烈なアタリから6kgアラ浮上

ほどなくして「もうすぐ沈船にあと1m寄せるので全集中して!」と声がかかる。神業的な操船技術で船を寄せる船長は、海底にある沈船の形、位置、アラの向きまでも的確に把握しているようだ。固唾を呑んでサオ先を見つめ、リールのジョグパワーレバーに指をそえる。

静かに船がそのポイントに差し掛かったまさにその瞬間、サオ先が一瞬で海中まで突き刺さる。「来た!」一瞬時間が止まるというか、その瞬間はほとんど覚えておらず、無事ヒットさせ根から切り離したあとはゆっくりとリールを巻き取り、1尾目となる6kgのアラを釣り上げることに成功。

1尾目は良型6kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

船長いわく「少しアワセが遅かったので、アウトだったよ~」と厳しい指摘を受けたが、獲れたのはラッキー。あの強烈なアタリは中毒性が高いものである。

13kg手中でサイズアップ成功

帰港まで時間があったので、近くのポイントにも回っていただき、再び船長から「もう一度1m沈船に寄せるので全集中!」の掛け声が。「絶対くる!くる!くる!!」と心の中で唱えながら、ものの1分たたないくらいに再び強烈なアタリ!1尾目よりもさらに締め込みが強い。釣具を信じ、何とか根から切り離したあとは、船長の指示通りにゆっくりゆっくり巻き上げた2尾目は、サイズアップし13kgのこれまた良型のアラであった。

十分すぎる釣果を達成し、昼前早めに帰港。帰港後は、船長自ら魚の血抜き、神経ジメまで非常に丁寧に処置していただけた。魚を熟知している漁師である船長だからこそであり、釣り人にとってはありがたい。結果、大満足の釣行となった。

大型クーラーを埋める好釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

遊漁船「雅」は、今年9月に開業したばかりだが、30年近い超ベテランの現役1本釣りアラ漁師の川合船長は、アラのポイント、釣り方を熟知している。

船には電子レンジ、ポット、トイレも完備し、安心して釣りに集中できる。オープン当初から大人気で特に週末は予約を取るのが難しいかもしれないが、さらなる大物を目指しチャレンジしたい人には、ぜひともおすすめしたい。

<週刊つりニュース西部版APC・山本智也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post活きイカエサで高級魚「アラ(クエ)」釣り 13kg頭に本命2尾キャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <冷酷よりいい>義父からの電話のせいで家族での外食は中止。イライラして旦那を無視している

    ママスタセレクト
  2. 星熊南巫(我儘ラキア)、圧倒的な世界観で迫るソロプロジェクト「DEATHNYANN」始動

    SPICE
  3. シャンプーズ、1stフルアルバムを2022年2月にリリース タワーレコード限定アルバム予約購入特典はライブ音源CD-Rに決定 『爆裂洗髪祭2022』第2弾アーティストを発表

    SPICE
  4. ORANGE RANGE、12/6(月)20時に“ORANGE RANGEからの特別なお知らせ”をYouTubeにてプレミア公開決定

    SPICE
  5. MUCC逹瑯、ソロプロジェクト始動 アルバム2枚同時リリース&ツアー開催を発表

    SPICE
  6. sleepyhead、2022年春ツアーで活動終了を発表「自分がやってきたことを大切に振り返り、これから自分がやるべきことを見つける時間が欲しい」

    SPICE
  7. 40代以上のジャニーズ人気ランキング

    ランキングー!
  8. 猿島産ブランドわかめ「さるひめ」 種付け完了、元気に育って 〈横須賀市〉

    タウンニュース
  9. 伊勢原・大田地区青少年健全育成協議会 お正月飾りとクリスマスリースの素材を提供 12月12日 公民館でウォークスルー方式〈伊勢原市〉

    タウンニュース
  10. 崎村調理師専門学校 漆器に模様付け 生徒が伝統工芸を体験〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース