Yahoo! JAPAN

サビキ仕掛けでマダイ8匹 やり取りは昭和歌謡のリズムでOK?【兵庫】

TSURINEWS

サビキ仕掛けで釣れたマダイ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

乗っ込み期を目前にして、播磨灘のマダイも活性が上がってきました。今回はきれいな食べごろマダイを8匹仕留めた4月27日の釣行をリポートします。

サビキとチョクリ仕掛け

船からのまきエサ釣りは瀬戸内海に面する各県の条例で禁止されていますので、基本的に疑似餌釣りが主体となり、マダイ狙いはサビキやチョクリ仕掛けで釣ることになります。

サビキとチョクリ仕掛けの違いを簡単に言うと、擬似餌がサバ皮かビニールか、また、エダス(ハリス)の長さが違い、サビキはおよそ40cm、チョクリは10cmと短いという点です。イカナゴの時期を過ぎると、晩春はサビキ仕掛けと聞きますが、さて、どちらも多用されていて好みのようで、私はこの時期「サビキ」を使用しています。

サビキとチョクリ仕掛けの違い(提供:TSURINEWSライター丸山明)

釣具店では、「まあ、これだけの種類がよくあるもんだ」というくらいに多種多様です。サビキかチョクリか、全長とハリ数、ハリスの太さ、疑似餌形状の違いで、千差万別です。では、何を基準に選択するかとなると、サビキもチョクリも疑似餌がオーソドックスな色とスタイルがベストとして考えています。アレンジされたものは、合えば120点になれるかもしれませんが、80点を狙う基本形が、カバーゾーンも広いと考えて使用しています。

多種多様な仕掛け(提供:TSURINEWSライター丸山明)

サビキ釣りメリットデメリット

まずデメリットは、短くても5m、長いものは15m以上という仕掛け全長にハリ数が5~10本という仕掛けに起因する、絡む、扱いずらい、取り込みづらい、手返しが遅くなるなどといった点です。これを防止するために、ハリをマグネットに止めるものや、自作の絡み防止の仕掛け入れを使用するなどで、対応しています。テレビ釣り番組でこの釣りが企画されないのはこんなところもあるでしょうし、タイラバとは比較になりません。

バスケットと鳥除けのトゲで絡みにくくなる(提供:TSURINEWSライター丸山明)

しかし、メリットは大きいです。マタイの捕食帯は、プランクトンやベイトなどで大きく変化します。底から離れた中層で食って来るなどはよくあることで、水深30~50mですばやくタナを探し出せるメリットが、この全長の長い仕掛けです。

10mの仕掛けならば、着底で10mのタナを探ったのと同様で、さらに10m探れば20mのタナを探ったこととなるので、気まぐれなマダイの捕食帯を時合いに探るには持って来いの仕掛けです。まきエサで魚を集めるのではなく、こちらから見つけ出す釣りです。

ハリ外れはつきもの

タイラバでも釣り上げるまでドキドキで、ハリ外れは付きものですが、サビキ仕掛けも同様です。オモリを着底させ、ゆっくりと巻き上げながら誘って食わしますが、エサのハリを丸呑みではなく、疑似餌の端っこを噛み始めて、グングングンというアタリを出します。活性が低い時は唇に掛かることも多く、こうなるとハリ外れの確率が上がります。

マダイ釣りにハリ外れは付きもの(提供:TSURINEWSライター丸山明)

前回釣行は何を慌てたか、型物含んで3回連続のバラシで時合いが終わり、悔しい釣りをしました。活性も低かったのでしょうが、下手くその私の慌て者です。

ドラグは指で引っ張れる程度に緩め、走っても根を巻かない魚なので引くときは走らせドラグを鳴らさせておけ、引きが止まりこっちを向いたらゆっくりと巻く、常にラインテンションを保つ。先日、ひとりで反省会をして、こんなことを肝に銘じました。

水温も上昇して、食い気が大きくなれば、しっかり食って歯の裏やカンヌキに掛かるのでしょうが、まあ慌ててはいけません。

家島諸島でサビキマダイ釣り

4月27日の5時50分、今日のポイント家島諸島鞍掛島南のポイントへ向けて、ひとり気ままに出航です。満潮が9時34分で、その上げ潮の時合いを狙います。

釣り開始6時40で、魚探反応にはモソモソとベイトが底層から離れ始めようとしています。潮が効き、プランクトンが動いているのでしょうから、時合いも近い雰囲気です。

7時前には、底から離れたマダイの反応が出てきて、仕掛けを水深35m前後に着底後、ゆっくりと巻き上げ始めると、1匹目のアタリが明確に出てきました。まずは、幸先よく38cmのきれいなマダイ。次はドラグを鳴らす40cmです。上げ五分の潮が効いている時合いで、食い気が立っています。

魚たちが底層から浮き始めると時合いが近い(提供:TSURINEWSライター丸山明)

時合いにマダイ連発

ここから連発で、尺寸クラスに25~28cmが2匹とトリプルヒットもあり、取り込みはうれしい四苦八苦。上げ七分を過ぎた8時過ぎ、走り回る42cmのハネが時合いの最後になりましたが、一気に釣れました。

うれしいトリプルヒットも(提供:TSURINEWSライター丸山明)

時合いを過ぎると魚は消えるようにどこかへ行ったり、底層にしがみついて、食ってくるのはいなくなります。潮が止まる9時過ぎまでに、再度時合いがあると思い待つと、潮が緩み始めた9時前に中層に反応が出ましたが、26cmサイズ1匹であっという間に食い気が止まり、潮止まりになる9時半に沖上がりとしました。

最終釣果と今後の展望

当日の釣果は、40cmから30cmクラスを5匹、20cm台3匹と、マダイを8匹。ハネも追加して、私にはできすぎの釣果でした。前回のバラシ連続の反省会が功を奏し、ヨイトマケの歌を「エンヤコーラ」と口ずさみながら、ゆっくりと慌てないようにリールを巻いた今日は、パーフェクトでした。

当日の釣果(提供:TSURINEWSライター丸山明)

家島諸島の釣り場は、明石海峡周辺と比較すると潮が緩く釣りやすく、また船の数も少なく、風光明媚な景観を眺めながらひとりでのボート釣りには持ってこいです。今季は尺寸ばかりでしたが、本日やっと40cmジャストが出ました。いよいよ乗っ込み本番ですから、ここは一発狙いたいです。

<丸山明/TSURINEWSライター>

The postサビキ仕掛けでマダイ8匹 やり取りは昭和歌謡のリズムでOK?【兵庫】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事