Yahoo! JAPAN

運転席に座れちゃう!大迫力のSLに触れてみよう 大物公園『D51型 蒸気機関車 一般開放』へ実際に行ってみた! 尼崎市

Kiss

尼崎市にある大物公園で4月から11月までの毎月第3日曜日に「D51型 蒸気機関車」が一般開放中ということで、実際に見に行ってきましたのでレポートします!

阪神大物駅を下車し北側へ進むとすぐにある「大物公園」。近隣には格安のコインパーキングも多く、小さなお子様を連れてのおでかけにも好条件な場所に位置します。

この日は風もあって、カラッとした気持ちの良いお天気だったので阪神大物駅側からお散歩がてら向かいました。車でのアクセスだと2号線沿いにあるコインパーキング方面から向かうのが、蒸気機関車のある場所へより近くて便利ですよ。

早速、入り口から涼しい木陰の間を進んでいきます。砂利道は大きな石や段差などもないので、小さいお子様でも安心して歩くことができます。

もちろん、手洗い場付きのトイレもあり、わんぱくな年頃のお子様を持つ子育てママには嬉しいポイントですよね。

公園には、日陰になっているベンチもたくさん。簡単なお弁当を持って、自然の中で植物や虫などを観察しながらゆったり過ごすこともできちゃいます。

そして、読者世代ならどこを歩いていても当たり前のように見ることができた「シロツメクサ」もたくさん生えていて、花冠を作ったり懐かしい自然遊びもできそう。そんなことを考えているうちにフェンスに囲まれた大きなSLが目の前に飛び込んできました!

見てください、このド迫力!大事なことなので2回言いますが、物凄い迫力です(笑)。なんと、動輪の直径は1.4メートルもあるんだそう。余談ですが、ほぼ筆者の身長です(笑)。そりゃ圧倒されるワケだ。

フェンスの中に入るには名前などを記入する簡単な受付が必要となっていて、地元で愛され続ける蒸気機関車D51(通称・デゴイチ)を見守り続けるボランティア団体「デゴイチの会」の皆さんが優しい笑顔で出迎えてくれます。

ご対応いただいた山本さんに「今日は楽しんでいってくださいね」と見送られ、展示場所へ移動。デゴイチの記録や現役時代の写真、構造の解説などのパネルも展示されているので、何の知識がない方であってもデゴイチの歴史を楽しく知ることができます。

場内ではデゴイチの会の方々が数名、各所にいるのですが「写真、撮ってあげるで〜!」と気さくに声をかけてくれたり、子どもたちが見通し良く過ごせるようにと暑い中でも草むしりを懸命にされていました。そんな中で、筆者が特に価値のあるイベントだなと感じたのが、フェンスに取り付けられている各地域で活躍しているSLの写真展に興味津々になっていた来場者のお子様に対して、作業中のボランティアさんが足を止めて色々な説明をしていたことです。

ネットなどで情報を得ることが多いこの時代に、このような“その道の人”から直接、色々な知識を吸収できることは貴重な体験で子どもたちにとって、一生ものになるかもしれないだろうなと感じました。

ここで、読者の皆様にクイズ!ここは、どこの部分でしょう?(チク、タク♪)

正解は、立派なお顔の裏側でした!こんな部分も、至近距離で見れちゃうんです。実際に男の子も顔を入れ込んで覗いていました。こんな経験、滅多にできないですもんね。

一通り楽しんだところで、いよいよ私もSLの中へ突入することに!この日は5組ほど並んでいました。順番に1組ずつ案内してもらえるので、同行者のみでゆっくりと見ることができます。コロナ禍でも安心ですね。

私の前だった、パパと少年。交代の時間が来た際には、なんと号泣!お子様がこれだけ夢中になる姿は、本当に愛らしく微笑ましいですよね。優しいパパさん、仕方なくもう一度並ばれていました(笑)。世のお父様方も、日々お疲れ様です!

そんな出来事がありみんながほっこりしていると、ボランティアさんが「次の方お待たせしました〜!」と呼び込んでくれました。ドキドキしながら階段を上がります。

大ヒットとなった某アニメの映画版が蒸気機関車を舞台としていたためか、なんか見たことあるなという風景がありました。係員さんが汽笛の音を鳴らしてくれたり、これは大人子ども問わずボルテージがアップしちゃうなと納得。

そして間違いなく多くの子どもの憧れである、運転席。子どもたちが1番楽しみにしていると言っても過言ではないと思います。なんと開放日には実際に制帽を被って着席し、操作レバーや各種計器に触れることができるんです。もちろん、自由に写真撮影が可能。運転士さん気分を存分に楽しめる、他にない貴重な体験ですよね。

製造された昭和11年から45年の12月まで、現役機関車として241万キロメートルもの距離を走行したデゴイチは、一見の価値があります。今年の開放日は残すところ5回。興味を持ってくれた方は見逃さないでくださいね!

開放日
7月17日(日) 、8月21日(日)、
9月18日(日)、10月16日(日) 、11月20(日)

場所
大物公園
(東大物町1-1)

時間
10:00〜16:00
※12:00〜13:00までは開放を休止します

料金
無料

申し込み
不要

【関連記事】

おすすめの記事