Yahoo! JAPAN

【年末年始】上野アメ横が「満員電車状態」で大盛況 / ソーシャルディスタンス守らず超密「自分だけは大丈夫理論」

フォトリップ

【年末年始】上野アメ横が「満員電車状態」で大盛況 / ソーシャルディスタンス守らず超密「自分だけは大丈夫理論」

2020年は楽しい旅ができなかった、楽しいおでかけを諦めた、そんな人は多いのではないでしょうか。

新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界中の人たちが自粛を求められる年となった2020年。新たな感染者を増やさないためには「自分以外の人と接触しない」を徹底することが効果的とされています。それゆえソーシャルディスタンスを守ることが大切と呼びかけられていますが、年末年始の一部地区では「密」を防げていない場所があるようです。

・ソーシャルディスタンスを保たず

JR上野駅とJR御徒町の間に位置する「アメヤ横丁」はアメ横の愛称で知られている商店街ですが、この年末も大盛況。大晦日も含め、多くの人たちが訪れ、ソーシャルディスタンスを保たず買い物を楽しんでいるようです。

おせち料理の食材、刺身や干物などの魚介類、露店の台湾料理や中東料理、さまざまな食材や料理、そして賑やかさを求めて集まっているのでしょうか。

・密集して密接し密着の「すし詰め状態」

2020年12月30日にアメ横を取材した写真や動画では、まるで満員電車のような状態で多くの人たちが買い物を楽しんでいるのが確認できます。ソーシャルディスタンスを保つどころか、人と人が密集して密接し、密着している「すし詰め状態」でした。感染予防のため、取材時はアメ横に入るのを諦めました。

・飛沫感染より接触感染のほうが多い可能性

新型コロナウイルスは飛沫感染だけでなく、接触感染からも感染することが判明しています。感染症専門医として知られている山口征啓医師がマスコミで語ったところによると、新型コロナウイルスは飛沫感染より接触感染のほうが多い可能性があるとのこと。

・自分だけは大丈夫理論

「自分だけは大丈夫理論」を信じている人もいるかもしれませんが、その理論にエビデンスはありません。ひとりでも多く感染者が出ないようにするためには、他人との接触を減らす努力が必要です。少なくとも「3密」を守る必要があるでしょう。一人一人の努力が、将来の楽しい旅、楽しいおでかけ、楽しいライフを創るのは間違いありません。2021年がすべての人にとって幸せな年になることを願います。

おすすめの記事