Yahoo! JAPAN

性能アップで価格はダウン! 33,800円から買えるゲーム向けVRヘッドセット「Oculus Quest 2」

価格.comマガジン

性能アップで価格はダウン! 33,800円から買えるゲーム向けVRヘッドセット「Oculus Quest 2」
Facebookの最新VRヘッドセット「Oculus Quest 2」

PCとのケーブル接続なし、外部センサーも不要でリッチなVRコンテンツを楽しめる、FacebookのオールインワンVRヘッドセット「Oculus Quest」に、待望の新モデルが登場だ。

新製品の「Oculus Quest 2」は、「Oculus Quest」の手軽に使えるスタンドアローン型のゲーム用VRヘッドセットというコンセプトを受け継ぎつつ、さらなる小型・軽量化と大幅なスペック強化を実施。価格も「Oculus Quest」からさらにお安くなり、33800円(64GB/税別)から購入できるようになった。発売予定は10月13日だ。

今回、発売前の「Oculus Quest 2」をいち早く触れることができたので、実機の写真やディスプレイのキャプチャー画像などを交えながら、新モデルのハンズオンレポートをお届けしよう。

細かなデザイン変更でさらに使いやすく。スペック強化で中身は大幅進化

「Oculus Quest 2」のVRヘッドセット本体とコントローラー

「Oculus Quest」の登場から約1年5か月ぶりに発売されるFacebookの最新VRヘッドセット「Oculus Quest 2」。パッと見た印象は、カラーが変わったこと以外は「Oculus Quest」に近いデザインとなっているが、細かい部分がかなりアップデートされている。

まずはVRヘッドセット本体。全体的に小型化され、重量が「Oculus Quest」から10%以上軽量化されている。また、固定用のストラップがT字のシンプルなデザインとなり、素材もやわらかいものへと変更され、「Oculus Quest」よりも簡単に装着と調節ができるようになった点も見逃せないポイントだろう。

VRヘッドセット本体の正面。四隅に設けられているカメラを使ってインサイドアウト方式のトラッキングを実現している
VRヘッドセット本体を真横から見るとこんな感じ
重量は実測で503g。カタログスペックと同じだ
T字のシンプルなデザインとなったストラップ
背面のパーツを動かすだけで固定具合を簡単に調節できるようになった

電源ボタンはVRヘッドセット右側面に、ボリューム調整は右底面に、USB Type-Cポートとヘッドホン・イヤホン接続用の3.5mmジャックは左側面に用意されている。「Oculus Quest」では、IPD(瞳孔間距離)の調整用スライダーが用意されていたが、「Oculus Quest 2」ではスライダーが省かれ、代わりにヘッドセットレンズを直接操作して3段階(58/63/68mm)で調整する形に変更されている。ちなみに、「Oculus Quest」でも用意されていた眼鏡スペーサーのギミックは「Oculus Quest 2」でも健在だ。

電源ボタンは右側面に配置。横に設けられているのは、充電状態などを確認できるLEDインジケーターだ
内蔵スピーカーのボリューム調節ボタンはヘッドセット底面側に用意
充電や本体でキャプチャーした写真や動画の転送などに使うUSB Type-Cや、外部ヘッドホン・イヤホン接続用の3.5mmジャックは左側面に用意
IPD(瞳孔間距離)の調整はスライダー方式から、接眼レンズを直接動かす形に変更。調整範囲は58/63/68mmの3段階だ
「Oculus Quest 2」のパッケージには眼鏡スペーサーも付属
眼鏡スペーサーは、VRヘッドセット本体にあらかじめ取り付けられている接顔パーツを外し、VRヘッドセット本体と接顔パーツの間に取り付ける形だ

コントローラーは「Oculus Quest」に非常に近いデザインだが、リング内側のボタン側面に親指を置けるエリアを用意。コントローラーを剣や銃に見立ててしっかりとグリップしたいときに、誤ってボタンを押してしまうというトラブルが起きにくくなっている。バッテリーは単3電池1本だが、従来よりも4倍長持ちになっているのもポイントだという。

付属のコントローラー
グリップボタンの位置などは同じ
リング内側のボタンレイアウト。ボタンの脇にスペースが設けられていることがわかる
このスペースに親指を置くことで、グリップ時のボタン誤操作を回避できる
コントローラーの電源は単3乾電池1本

このように、見た目や装着感、操作性に関する細かなアップデートが施された「Oculus Quest 2」だが、最大の進化点はやはりハードウェアスペックの強化だろう。

単体で動作するスタンドアローン型のVRヘッドセットにとって、高性能な処理能力を誇るSoCの採用は、リッチなVRコンテンツを実現する上でもっとも重要な要素だ。「Oculus Quest」も、クアルコム「Snapdragon 835」&4GB RAMという当時最先端のパーツを採用し、なかなかのハイスペックを誇っていたが、今回登場した「Oculus Quest 2」では、クアルコムのxReality向け最新SoC「Snapdragon XR2」と、「Oculus Quest」の1.5倍となる6GBの大容量RAMを搭載し、さらに高い処理能力を獲得しているのだ。

そして、この高い処理能力を生かして実現したのが、ディスプレイの高解像度化だ。「Oculus Quest 2」のディスプレイパネルは、「Oculus Quest」で採用された有機ELではなく液晶(高速スイッチLCD)となったものの、ピクセル解像度はディスプレイあたり1832×1920と、「Oculus Quest」から50%以上も増加している。

「Oculus Quest 2」と「Oculus Quest」のスペック比較

PCレスで使えるスタンドアローン型のVRヘッドセットでこの解像度を実現できたことだけでも「Oculus Quest 2」のすごさがわかると思うが、さらに「Oculus Quest 2」では、将来的にリフレッシュレートを「Oculus Quest」と同じ72Hzから、90Hzに引き上げることも予定しているという。

最新SoCと大容量RAMのメリットを生かし、ディスプレイパネルのピクセル解像度を1.5倍以上に大きく引き上げた

実際に装着して高解像度ディスプレイの実力を体験してみたが、UIのテキスト部分などを細部まで目を凝らして見ない限り、粒子感がほとんど感じられないのが好印象だった。VRコンテンツにとって、粒子感は没入感が削がれる要因のひとつなので、それが大きく低減されている点だけでも「Oculus Quest 2」の導入価値はありそう。今後、90Hz対応になれば、アクションゲームなどの視点移動の激しいVRゲームコンテンツで起きやすいVR酔いの低減も期待できそうだ。

VRリズムゲーム「Beat Saber」のプレイシーン。同タイトルはさまざまなVRヘッドセット向けに配信されており、筆者も「PlayStaion VR」用をプレイしたことがあるが、画素感や表示のなめらかさは「Oculus Quest 2」に軍配が上がる

また、これだけのパフォーマンスアップを図りつつ、バッテリー駆動時間は「Oculus Quest」と同じ2~3時間となっている点もうれしいポイントだ。今回はコントローラーを激しく動かすアクションゲームやフィットネスゲームなどの処理の重いゲームアプリを中心に体験したのだが、途中の休憩時間を除いたフル充電からバッテリー残量ゼロになるまでの時間が約1時間50分と、おおよそカタログスペック通りの駆動時間が確保できていた。数年前までは、同程度のグラフィッククオリティを有するVRゲームをゲーミングPCを背負いながら体験していたので、その時の状況を考えると、グラフィック性能とバッテリー性能の向上はかなりの進化と言えそうだ。

せっかくなので、ケーブルレスという特徴を生かした比較的動きの激しいタイトルを中心にプレイ
コロナ禍のなまった体を鍛えるため、かなり激しめなVRボクシングゲーム「Creed: Rise to Glory」をプレイしてみたところ、VRヘッドセット本体のバッテリーは確実に減っているのに対し、コントローラーのバッテリーはなんと100%のまま。コントローラーの電池持ちはかなりよさそうだ

GuardianやOculus Linkなど、「Oculus Quest」のDNAをしっかり継承

「Oculus Quest」と言えば、PCレスでスマホとWi-Fi環境さえあればすぐに使える点が最大の魅力だが、「Oculus Quest 2」でもその魅力はしっかりと継承されている。

セットアップの流れは「Oculus Quest」と同じで、パッケージから出して電源を投入し、スマホと連携させるだけと非常に簡単だ。現在同社はOculusシリーズで使用するアカウントをOculusアカウントからFacebookアカウントに移行しており、Facebookアカウントを持っていれば、ほんの数分でセットアップが完了する。この手軽さはなかなか魅力的だ。

OculusアプリにFacebookアカウントを紐付け、設定画面から「Oculus Quest 2」を選択、コード認証するだけでセットアップは完了だ

「Oculus Quest」にも、スタンドアローン型VRヘッドセットの強みを生かしたさまざまな独自機能が盛り込まれていたが、「Oculus Quest 2」にもそのDNAはしっかりと受け継がれている。

たとえば、VRヘッドセットを装着したまま、安全なプレイエリアを設定できる「Guardian」や、VRヘッドセット本体に設けられたカメラの映像を直接流すのではなく、VRヘッドセット装着者の視点で周囲を確認できる独自の「Passthrough+」機能。コントローラーで事前に境界線を設定し、外部センサーではなく内蔵センサーだけでプレイエリアの外に出ると周囲の映像とともに警告が出るという仕組みは、ケーブル接続がなくボーダーレスに動けるスタンドアローン型VRヘッドセットと相性抜群な「Oculus Quest」シリーズならではの機能といえる。

Oculusシリーズならではの安全機能「Guardian」も引き続き搭載
VRヘッドセット装着者の視点で周囲を確認できる「Passthrough+」機能。こちらはSoCでカメラからの映像をリアルタイムで処理している関係でキャプチャーできないため、スマホのカメラでむりやり撮影してみた。周囲の映像はモノクロ表示となる

また、ゲーム内のボイスチャット時、音声だけで人の位置を把握できる「ポジショナルオーディオ」や、VR体験をVRヘッドセットを装着していない人に簡単に共有できる「シェア機能」や「キャスト機能」、ゲーミングPCと接続して高品位なVRコンテンツを楽しめるPCVR機能「Oculus Link」なども、「Oculus Quest」からしっかりと受け継がれている。

静止画や動画の撮影だけでなく、配信も行える「シェア機能」
「Oculus Quest」にも実装され話題となった「ハンドジェスチャー機能」ももちろん搭載されている

このように、「Oculus Quest」で実装された独自の機能はほぼすべて「Oculus Quest 2」にも搭載されている。もちろん、ディスプレイの高解像度化に合わせ、ホーム環境のデザインが変更されていたり、ウェブ閲覧や動画視聴時のテキスト表示などの細かな改良は施されているが、基本的には「Oculus Quest」でできることは「Oculus Quest 2」でもできるという認識で問題なさそうだ。

ホーム環境のデザインも刷新
Webブラウザー機能は、高解像度ディスプレイに合わせてフォントなどが調整された
日本語入力が標準サポートとなった点もうれしい改良点だ

店頭販売開始&コンテンツ拡充で日本でも本格展開

今回登場した「Oculus Quest 2」だが、冒頭でも書いた通り、日本でも10月13日に発売が予定されている。

日本国内ではこれまで、「Oculus Quest」はAmazonでのオンライン販売のみとなっていた。しかし、「Oculus Quest 2」では、Amazonでのオンライン販売のほかに、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ゲオなどの店頭でも販売を開始する。Oculusシリーズの店頭販売は、日本国内ではこれが初となる。

同社によると、日本で「Oculus Quest」を導入したところ、予想を大きく上回る売れ行きだったそうで、製造が間に合わなくてたびたび品切れを起こし、欲しい人にタイムリーに製品を届けることができなかったそうだ。そこで「Oculus Quest 2」ではこの教訓を生かし、欲しい人に確実に届けられるよう、オンラインだけでなく店頭販売をスタートし、店頭在庫をしっかりと用意していくという形になったそうだ。

また、このようなVRヘッドセットに対する潜在的なニーズが高く、ゲーム市場として大きい日本を重点市場と位置付け、日本向けにローカライズを強化しているのも見逃せない。製品パッケージが日本語化されたほか、日本人クリエイターとともに「Oculus」向けのコンテンツ拡充も強化しているそうで、発売日に合わせて、VRリズムゲーム『Kizuna AI - Touch the Beat!』やVRレースゲーム『リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを』といった日本独自のコンテンツも多数用意したという。

日本市場での店頭販売向けにパッケージもローカライズされた
パッケージ裏面には、日本市場向けのタイトルが紹介されていた。記載のテキストももちろん日本語だ

グローバル向けのタイトルについても、UbisoftがAAAシリーズタイトルの「Assassin’s Creed」や「Splinter Cell」の完全新作VRゲームの開発を表明したほか、バトルロワイヤル系VRFPS「Population: ONE」などの注目タイトルが目白押しとなっている。筆者も「Population: ONE」を先行体験させていただいたが、マガジンの装填が本物の銃さながらの凝ったギミックになっていたり、「ポジショナルオーディオ」を生かしたリアルなサラウンドなど、VRゲームならではの体験が随所に散りばめられており、「Oculus Quest 2」のキラーコンテンツになりそうな予感だ。

Ubisoftは「Assassin’s Creed」と「Splinter Cell」の完全新作VRゲームの開発を発表
バトルロワイヤル系VRFPS「Population: ONE」。「Oculus Quest 2」のキラーコンテンツになりそうな予感

前世代の「Oculus Quest」よりも価格が手ごろになり、スペックが大幅に強化されただけでなく、VRヘッドセットの普及を妨げるセットアップの面倒さや使い勝手の悪さ、コンテンツの少なさ、入手のしやすさなどをしっかりとケアし、日本での本格展開を目指す「Oculus Quest 2」。スタンドアローンタイプのゲーム用VRヘッドセットの大本命として、これからも目が離せそうにない。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. サバンナ高橋、今田耕司との食事会「荒れそうですわ」

    ナリナリドットコム
  2. 「おジャ魔女どれみ」全201話が1週間限定で無料配信 ニコ生&GYAO!で実施

    おたくま経済新聞
  3. 【世界ひとり飯35】物価高のストックホルムで海鮮スープをリーズナブルに

    TABIZINE
  4. 【後編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……

    ママスタセレクト
  5. 原因は自分にある。ハロウィンにちなんだスペシャル配信イベントを開催! さらに1stアルバムの発売も決定!

    WWSチャンネル
  6. 【前編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……

    ママスタセレクト
  7. 「腎」の弱りが不調の原因?薬膳的・更年期の不調ケアのコツ

    つやプラ
  8. おでんと新鮮な魚が自慢! 赤羽『なごみ処 響』で、充実のカウンター飲みを

    さんたつ by 散歩の達人
  9. 阿久津仁愛「カンパニー全員で、すべてをかけて創りました!」 ミュージカル『テニスの王子様』Dream Streamインタビュー

    SPICE
  10. 山本彩、「ゼロ ユニバース」MVメイキングダイジャスト映像公開。10/28 21時より「against」MVのプレミア公開も

    Pop’n’Roll