Yahoo! JAPAN

事故ゼロへ、地域一丸 春の交通安全運動〈川崎市中原区〉

タウンニュース

事故ゼロへ、地域一丸

春の全国交通安全運動が4月6日に始まった。15日までの期間中、中原警察署長、区長、消防署長からなる安全安心を目指すユニット「MEZASHI(めざし)」が中心となり、中原区内の事故防止を呼びかける。

初日となった6日、中原交通安全協会(伊藤稔会長)も参加し、出陣式=写真=と市立平間小学校での見守り活動が行われた。中原警察署の田島充署長は「今年の中原署管内の交通事故件数は昨年比で横ばい。特に自転車事故が多い。1件でもなくし、安全安心なまちを目指しましょう」と参加者らに呼びかけた。

その後、各長は公用車で区内を巡回しながら平間小に移動し、児童の登校を見守った。永山実幸区長は「新入生が多い時期。グループワークを開くなどして児童と安全について考えたい」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事