Yahoo! JAPAN

【ユニクロにも匹敵!?】コスパ抜群「ダイソー」の“使えるインナー・下着”着用レビュー

ウレぴあ総研

人気の100円ショップ「ダイソー」の衣類には、さらっとした生地で汗を吸水速乾するエアリズム風の快適インナーも登場しています。

また、下着も種類が増えて、コットンショーツやガードル、サニタリーショーツもラインナップ。

非常時など、何かあったときのために買い置きしておくのも良さそうです。

今回は、そんなダイソーの夏インナー、リラックスブラ、ガードル、ショーツ、靴下を実際に着用し、レビューします。

着心地はどんな感じ?「ダイソー」のインナーをレビュー

吸水速乾インナー(300円)

吸水速乾素材の夏インナー。サラサラとした生地の半袖、キャミソール、タンクトップがありました。

色は半袖は白だけでしたが、それ以外は黒、グレー、モカがあり、使いやすい色合いが揃っています。

白い半袖タイプは生地が若干厚めですが、胸開きもちょうどよく、伸縮性も問題なし。

キャミソールの方は生地が薄めなので、夏に合っている気がします。大人系のニュアンス色もよく、フィット感やデザインも悪くなく、使えそうな一枚です。

ナイトブラ(500円)

リラックスブラも3〜4種類ほどあり、素材や用途によって好みのものを選べます。色は黒やグレー、ベージュが中心。

作りがしっかりしていて、素材も綿95%で柔らかい黒のナイトブラを買ってみました。

ホールド感があり、パッドの立体感も良い感じ。ナイトブラとしてだけでなく、ご近所のおでかけ程度なら、そのまま着て行っても問題なさそうです。

ただ「もう少し伸縮性があってもいいのかな」とも思いました。

パッドは取り外しできるタイプなので、洗濯は手洗いが一番いいかもしれません。

美尻パンツ(300円)、スパッツ(200円)

骨盤サポートやヒップアップを叶える薄手の美尻パンツ。

夏場はパンツの中に履いて、下着のラインを消すのも良さそうです。

ナイロン製で手触りが滑らかで、伸縮性がかなりあります。

部位ごとにキュッとサポートされるようになっていて、履いてみると確かにお尻と太ももの境目ができ、お尻がキュッと上がり綺麗に見えます。

ウエスト周りもブラの下あたりまであるので、はみ肉も気になりません。

一分丈のスパッツは綿100%。ワンピースの中に履く用で、透け防止や冷え対策に。

色はベージュなどもあります。履いてみると思ったよりもごわっとせず、薄手でスッキリ見えます。

履き心地もよく、家着やパジャマかわりに履いても良さそうです。

コットンショーツ(150円)、サニタリーショーツ(100円)

売り場で一番売れているなと感じたのが、ベーシックなコットンショーツ。

黒やブルーの落ち着いた色が多く、コットン100%のさらりとした肌触りが特徴です。

少し小さめかなという気もしますが、鼠蹊部はきつくなく、至って普通の履き心地です。ボクサータイプや柄のついた股上の長いショーツなどもありました。

また、あまり安いものは見かけないですが、サニタリーショーツもありました。

コットン素材で、上記のコットンショーツよりもやや厚めの生地感です。

生地は柔らかくフカフカとしていて肌あたりがいいです。

普通のショーツと同じようなデザインで、股上がかなり浅め。

今回は買えませんでしたが、股上が長いタイプもあり、こちらの方が人気のようでした。

綿混靴下3足組(200円)、コットンミックスリブソックス(100円)

ダイソーは靴下も豊富で、キッズ用からオシャレ系まで増えています。

最近登場したと思われるのが、夏にも嬉しいコットン混素材のプレーンな靴下。

黒ソックスは何かと重宝するアイテムですが、足首まであるタイプとスニーカータイプがあり、3足で200円。

リブタイプは1足100円で、カラーは豊富でした。両方とも素材もよく伸縮性もあり、小さすぎず快適に履けます。

ダイソーのインナーアイテム。ぜひチェックしてみてくださいね!

※価格は全て税抜き。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

(ハピママ*/庄司 真紀)

【関連記事】

おすすめの記事