Yahoo! JAPAN

ディズニーミュージック・サポーター代表 藤田ニコルがディズニー最新ベスト盤を応援【コメント到着】

SPICE

藤田ニコル ©Tomokazu Tazawa

創刊30周年を迎える月刊誌「ディズニーファン」の読者による投票で収録曲が決まったベストアルバム「ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト〜創刊30周年記念盤」が、2020年7月29日に発売される。これをきっかけに、ディズニーミュージック・サポーター代表に就任した藤田ニコルのオフィシャルコメントが到着した。ディズニー映画や音楽の楽しみ方を語る。

【動画】ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト ~創刊30周年記念盤|全曲試聴動画

――ディズニーミュージック・スペシャルサポーター代表ですね。

6月に就任しました。「ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト~創刊30周年記念盤」の音楽の魅力、皆さんと一緒に発見したいです。

このCDには、[映画音楽][テーマパーク音楽][ライブエンターテイメント][あらゆる音楽(先の3つに属さないものすべて)]の4部門に投票してもらい、上位に入った曲が収録されています。読者の皆さんが選んだ“今”のディズニー音楽のベスト・オブ・ベスト! 映画音楽部門に収録された7曲は、どの映画も観たことがあります。

――ディズニー映画は、よくご覧になるのですか?

小さな頃から、ほぼ全作品を観ていると思います。最近は、映画館に行けなかった『アナと雪の女王2』や、『ライオン・キング』(実写版)を観ました。ステイホーム期間中はずっとディズニー作品を観ていたんです。映画館で観て、家でもまた観た作品が多いですね。

今回のCDに「リメンバー・ミー」が収録されているディズニー&ピクサー映画『リメンバー・ミー』は、映画館で観て泣きました。家で観るのは2回目だから、ストーリーもラストも知っていたのに、それでもうるっときちゃいました。家族への愛がつまった曲ですよね。耳に残っています。

普段、映画を観たあとは、よくサントラをプレイリストに入れて聴いています。まだその世界から抜けたくないというか、余韻に浸りたい(笑)。歌だけじゃなく、歌詞のない曲(スコア/背景音楽)も聴きたいんです。映画のなかで、誰かが話しているときに後ろで小さく流れている曲も多いから、それらをちゃんと一曲の音楽として聴くのが好きなんです。

【動画】イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに [アナと雪の女王2] (劇中歌)〈日本語歌〉©2020 Disney

――映画を観ながら曲も意識して、あとでサントラも楽しまれているのですね?

ディズニー映画って、登場人物がいきなり歌いだしたり、音楽がたくさん流れていたりしますよね。いろいろ観ていたら、セリフで「あ、今からこの人が歌うな」というのがわかってくるようになりました(笑)。それが楽しみでディズニー映画を観ることもあります。

それに、ストーリーを知れば音楽もより深く理解して楽しめるから、みんなにもストーリーと音楽の両方を知ってもらいたい!

――いろいろなドラマや映画があるなかで、ステイホーム期間中にディズニー作品ばかりを観たのはなぜですか?

ディズニー映画って、なぜか“観なきゃ”っていう気持ちになるんです。観ていないと友達との話についていけなくなるかもしれないって思うし、相手に「なんで観ていないの」って思わせたくない気持ちもあるから観なきゃいけないって思うし、周りの友達もみんな観て当然の生活ですね。そのぐらい自然とディズニーが生活の一部になっているんだと思います。

改めて観て感動したのは『ピノキオ』です。「星に願いを」を聴いて、前から知っている曲なのにこんなに素敵なリズムだったんだってグッときました。最近、昔のディズニー映画(ディズニークラシックス作品)を観るのにハマっているかもしれないです。

藤田ニコル ©Tomokazu Tazawa

――人生で初めて出会った“ディズニー”は?

保育園に通っているときに『白雪姫』の劇をやったことがあるんです。私は白雪姫役だったんですね。でも白雪姫役は7人くらいいたんですよ(笑)。この劇では私は歌わなかったんですが、何十人もいる七人のこびと役の子たちが歌っていました。そのときにディズニー映画も観ました。

――小さな頃、好きだったディズニー音楽はありますか?

友達とみんなで“どのディズニープリンセスになるか選手権”をしていました(笑)。好きなディズニープリンセスをみんなが挙げていく、みたいな遊びなんですが、私はリトル・マーメイド(アリエル)になりたかったんです、一時期(笑)。あの有名な曲「アンダー・ザ・シー」の場面を初めて映画で観たとき、海の世界にはこんなにワクワクする音楽があるんだ!って思いました。

藤田ニコル ©Tomokazu Tazawa

――映画にあわせて一緒に歌ったり?

歌ったりしましたね! キャッチーなリズムが多いので、歌詞は自然と覚えちゃう。とくに『ライオン・キング』の「ハクナ・マタタ」は、何回も歌っていました。映画を観ながら歌って、そのあと家の中でずっと繰り返し歌っていたんです。一度観た映画の歌は一週間ぐらいずっと覚えているので、ふいに口ずさんでいましたね。これって、“覚えようとしていないのに覚えている”ことだから、すごいですよね。そこがディズニー音楽の魅力なのかなと思います。自然と覚えていて、別の場所で聴いたときに「あの曲だ」ってすぐわかるのが、ディズニー音楽のすごいところなんじゃないかな。

――小さな頃からディズニー音楽に親しまれてきたのですね。

子供の頃に聴いていた曲を大人になってから聴くと、印象が変わりますね。その曲と歌詞の意味をちゃんと理解しようと思って観るようになりました。たとえば『美女と野獣』のポット夫人が歌う「美女と野獣」は、小さな頃は“愛”とかよくわからなかったけど(笑)、いまはベルとビーストの物語の深さがわかるようになったから、メロディーもこんなにロマンチックだったことに気づきました。

子供の頃は、映画はひたすら楽しんで観ているだけでしたが、いまは感情移入しながら観ることもあります。去年、『アラジン』(実写版)を映画館で観たときは「なんでこんなことするの!」って、切なくなりました。

【動画】スピーチレス〜心の声 [アラジン] (実写版)〈英語歌〉©2020 Disney

――観終わってから「ホール・ニュー・ワールド」を口ずさんだりしましたか?

「ホール・ニュー・ワールド」は、大好きな曲です。カラオケに行っても、たまに歌っている友達がいますね。でも難しい歌なので、私はサビのときに心の中で歌っています(笑)。

――カラオケで必ず歌うディズニーソングはありますか?

盛り上がるのは『アナと雪の女王』の「とびら開けて」です! 誰かが絶対に入れますね。アナとハンス王子のデュエットだから、友達同士で「どっちのパートやる?」っていう相談をするだけで盛り上がるし、テンポのいい曲だし、すごく楽しいんです。私は歌も踊りも苦手なんですが(笑)でも歌ったことはあります。振り付け(ロボットダンス)をやりながら歌う友達もいますよ。

ディズニーソングは、カラオケに行ったら毎回1曲は必ず歌う人がいます。明るい曲が多くて、みんなが知っているから。もしみんなが知らない曲を歌うと周りはポカーンとしちゃうけど、そういうことがないから、ディズニーソングはカラオケの定番ですね。

――もしディズニー映画のエンドソングを歌うことになったら、どの映画の曲を歌いたいですか?

絶対に断りますね(笑)。全然想像がつかないです。そんな大役、背負えない! がんばってもコーラスくらいでいいです。『ピノキオ』がめちゃくちゃ良かったんですが、でも歌えないですよ! 「星に願いを」をみんなで歌って、ほとんど聴こえないぐらい薄い部分の担当だったら、みんなと一緒に歌いたいなって思います。本当に歌うのは苦手なんですよ。カラオケには行きますが、好きな人とか信頼している人の前でだけ歌えるタイプです。歌に点数がつくのもきついですね。楽しむためのカラオケとか、お風呂で一人で歌うとかは好きです。歌うことが嫌いなわけじゃないので。ただ、うまく歌える才能がほしかった……。

藤田ニコル ©Tomokazu Tazawa

――普段はどんなときにディズニー音楽を聴きますか?

家で聴くことが多いです。つねに音楽がある生活をしていて、帰ったらまず音楽を流しますね。お風呂に入っているときやご飯を作っているとき、寝る前も(笑)音楽に囲まれた生活をしています。そのときのシチュエーションにあった音楽を幅広く聴いていると思います。ディズニー映画を観たあとは、そのサントラをずっと聴いていますね。

――ディズニーミュージック・サポーター代表になられて、今後はどんなふうにディズニー音楽を楽しみたいですか?

あまり意識していなかったんですが、ディズニーの曲や映画のことは結構、知っているほうかなって思いました。サポーター代表にもなりましたから、ファンの子や友達にもおすすめの曲を教えたいですね。それに、世代が違うと聴く音楽も違うから、まだディズニーをよく知らない子に、自分が知っているいい音楽を教えてあげたい。このベストアルバムも、ディズニー音楽を知らない人に届けられるようサポーターとして頑張るので、皆さんに手に取ってもらいたいです。

――これまで、とくに音楽に感動したディズニー映画といえば?

『アラジン』、あと『塔の上のラプンツェル』も好きです。プリンセス系を推していこうかな。

『アラジン』も『塔の上のラプンツェル』も、アラン・メンケンという作曲家が手掛けたんですよ。その人の音楽が私に刺さっているんですね。作曲家までは知らなかったんですが、そういうところまで深く調べたら、またおもしろい発見があるのかも。知らないことを知るっている楽しみがありますよね。これから、みなさんと一緒にディズニー音楽の楽しみ方を知っていきたいです。

藤田ニコル ©Tomokazu Tazawa

【藤田ニコル プロフィール】1998年、ニュージーランド生まれ。2009年雑誌『nicola』の専属モデルとしてデビュー。現在は『ViVi』専属モデルとして活躍中。今やテレビ・バラエティ・雑誌と見ない日はない、ティーンのカリスマ。Instagramのフォロワー数は344万人以上を誇る。『藤田ニコル写真集 好きになるよ?』(講談社)は、発売前に重版が決まるなど話題に。

【関連記事】

おすすめの記事