Yahoo! JAPAN

犬に与えるべきではない『消化に悪い食べ物』5選

わんちゃんホンポ

犬に与えるべきではない消化の悪い食べ物とは?

犬にとって毒性のない食材でも、実は消化が悪く下痢や嘔吐といった症状を引き起こす食材は数多くあります。また、犬は食物繊維を消化しにくい体質なので、食物繊維が豊富な食べ物は与えすぎに注意が必要です。

今回は、犬に与えるべきではない、また与えすぎてはいけない消化の悪い食べ物を紹介します。

1.生のとうもろこし

ドッグフードなどにも含まれていることの多いとうもろこしは、基本的に犬が食べても問題のない食材です。しかし、与える量や与え方には注意が必要な食材でもあります。

とうもろこしは、生のまま与えてしまうと黄色い実の部分の皮が固く、消化に悪いため消化不良を引き起こしやすくなります。そのため、とうもろこしを与える際は、必ず茹でて加熱してから与えなければいけません。

また、加熱したとうもろこしであっても、与えすぎてしまうと消化不良を引き起こしたり、糖分を取りすぎてしまい肥満につながったりと、健康に害を及ぼします。とうもろこしは与える量にも十分注意しましょう。

2.こんにゃく

こんにゃく自体には、犬にとって毒性の強い成分が含まれていないため、食べさせることは可能です。しかし、こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれているため、犬にとっては消化しにくい食材に当たります。

便秘気味など腸の働きが悪くなっている犬には、少量与えることで便秘解消効果が期待できますが、健康な犬には食物繊維によって消化不良を引き起こし、かえって嘔吐や下痢といった症状を引き起こす恐れがあります。

また、こんにゃくは噛みにくく、そのまま飲み込んでしまう恐れがあるため、喉に詰まらせてしまう危険性も高いです。したがって、基本的には犬に与えるべきではないと言えるでしょう。

3.スルメ

飼い主がスルメを食べていると、その美味しそうな匂いにつられて犬が「ちょうだい」とやってくることがあるでしょう。しかし、犬にスルメを与えてはいけません。

犬にスルメを与えてはいけない理由はいくつかあります。

✔消化に悪く下痢や嘔吐を引き起こす
✔塩分が多く含まれている
✔噛まずに飲み込み腸を塞いでしまう恐れ

この3つが主な理由です。消化に悪く、下痢や嘔吐を引き起こすだけでなく、大きなサイズのまま飲み込んでしまうと腸を塞いでしまい、最悪の場合、腸閉塞で死に至る危険性もあります。

非常に危険なので、犬にスルメは与えないようにしてください。

4.生卵の白身

日本では卵かけご飯など、卵を生のまま食べる習慣がありますが、犬には消化が悪い食べ物に含まれるため、卵を生のまま与える行為は望ましくありません。

特に、生卵の白身の部分は消化に悪く、なおかつアビジンという成分が含まれているため、ビオチン欠乏症により貧血などの症状を引き起こすこともあります。

毒性はないものの消化に悪い食べ物に当てはまるため、卵を与えたいと考えている場合は、加熱調理をした卵料理(調味料は使用禁止)を与えてあげましょう。

5.さつまいも

さつまいもは食物繊維が豊富な食べ物なので整腸作用があり、消化吸収が良いと思われがちです。しかし、犬にとって食物繊維は消化しにくい成分なので、さつまいもを食べ過ぎると消化できず、下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあります。

特に、加熱していない生のさつまいもは消化に悪く、犬にとっては体調不良を引き起こす原因になりかねません。また、さつまいもの皮も消化しにくいため、基本的には皮を除いた状態で与えることが好ましいです。

さつまいもは、犬の体格によって1日の摂取量が異なります。小型犬の場合はさつまいも1/8本分、中型犬は1/3本分、大型犬は半分ほどが目安となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。人間にとってはなんてことない食べ物でも、犬にとっては消化に悪く、最悪の場合、腸閉塞を引き起こす食べ物もあります。今回紹介した食べ物は、与えてはいけない、あるいは量に注意が必要な食べ物です。ぜひ愛犬の手作りごはんやトッピングの参考にしてください。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事