Yahoo! JAPAN

高級「上海蟹」の近種『モクズガニ』は身近な珍味 絶品酒蒸しを食す

TSURINEWS

身近な珍味・モクズガニ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

汽水域から結構川の上流にまで広く生息している身近なカニ「モクズガニ」!カニミソが超絶品なんです!上海蟹の親戚のモクズガニを食べみたのでリポートします。

モクズガニとは?

甲羅は8cmほどまで成長する淡水域のカニの一種です。ハサミに海藻のような毛が生えていることが特徴的なカニで、「藻屑カニ」と呼ばれています。

モクズガニ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

私の住んでいる愛知県碧南市ではモクズガニがよく採れる地域で、別名で「モクソ」と呼んでいる人もいます。

高級食材「上海蟹」の近種

ちなみに、中国の食材として有名な上海蟹とモクズガニはかなりの近縁種で、見た目がそっくりです。

上海蟹は日本で特定外来生物に認定さているので、生きたままの持ち込みは禁止。上海蟹は繁殖力や生命力が強力で、日本の生態系に影響を及ぼすほどらしいです。

どんなところにいる?

淡水域の下流部や汽水域にいることが多いです。私の地域では、愛知県の矢作川の下流で採れることが多く、テトラや岸壁などに潜んで、イソメや小魚など何でも食べます。

また、ボートシーバスをしていて、岸壁を狙っていると、よく張り付いていることを目にします。

動きが遅いカニなので、タモで簡単に採ることができます。

雨後が捕獲のチャンス?

筆者的にモクズガニを獲りに行くなら、雨後によく獲れることが多いと感じています。理由を個人的に考えてみたら、海にいるモクズガニは海水に慣れているのですが、雨が降ることによって水質が変化して、雨水を嫌って海面や陸上に登ってくるのではないかと考えました。

正確な理由は分かりませんが、特に岸壁で獲れるモクズガニは雨が降ると岸壁に登っているので、タモですくいやすくなると思います。

また川では雨で水が増水するので、流されないように、流れがないエリアや陸上に避難するのかもしれません。

絶品酒蒸しのレシピ

今回は私が試してみた「酒蒸し」のレシピを紹介します。

下処理

獲ってきたモクズガニは泥や汚れがある場合があるので、水道水でしっかりと水洗いします。特に爪や脚周りは汚れがつきやすい箇所なので、注意してください。

調理法

蒸し鍋を用意して、水と酒を1:1で目安の線まで入れます。

水と酒を1:1で入れる(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

モクズガニを裏返しにして並べます。裏返しにするのは、カニミソを落とさないようにするため。

裏返しにして並べる(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

火をかけて沸騰してから、15分~20分ほど蒸します。

20分ほど蒸す(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

20分ほど蒸し終わったら完成!

完成した時点では熱いので火傷に注意してください。筆者はトングでカニを取り出したら少し常温で冷まします。

蒸しあがったカニ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

どんな味?

カニミソの味がとても濃厚で、まるでウニのような濃厚さでご飯が進みます(笑)。酒蒸しにしたことで臭みもなく、最高な味わいでした!

濃厚なカニみそ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

自宅で簡単にカニ料理を味わえられる、モクズガニは今からの夏がシーズン!ぜひ近くの川辺や海にモクズガニを探しに行ってみてはいかがでしょうか?

なお、地域によっては漁業権が設定されている場合がありますので、採取方法含め、事前に確認するようにしてください。

酒蒸しなので臭みもなし(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

<杉浦永/TSURINEWSライター>

The post高級「上海蟹」の近種『モクズガニ』は身近な珍味 絶品酒蒸しを食すfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ファミマから「森永ミルクキャラメルスフレ・プリン」8月23日に発売

    おたくま経済新聞
  2. <ペット逃亡事件!>ペットは家族。軽い気持ちで「はい、次を飼おう!」はしたくない【まんが】

    ママスタセレクト
  3. あいのり・桃、初めて訪れた旅行先で下調べ不足だったこと「甘くみていた!!」

    Ameba News
  4. 橋本環奈が「えげつなく現場を引っ張っていた」“座長ぶり”を岡村隆史が証言

    フジテレビュー!!
  5. 山田花子、長男が毛で悩んでいることを明かす「脱毛したら良いって言ってるけど…」

    Ameba News
  6. 【コメダ裏技】「シロノワール」サクサク感増してめちゃうま!コメダ通がやってる無料テク

    東京バーゲンマニア
  7. アンミカ、“オシャレギプス”を身に着けたすっぴんショットを公開「自由の有難みがわかりますね」

    Ameba News
  8. 「いつでも岩登り」名張移住 お気に入りの香落渓へ 美和さん

    伊賀タウン情報YOU
  9. 藤あや子、贅沢で幸せだったディナーに「食べてみたい」「豪華」の声

    Ameba News
  10. 須磨ビーチでハワイ気分!ハワイ限定グッズの販売も 神戸須磨ビーチ海の家 「LANIKAI HAWAII(ラニカイハワイ)」訪問レポ

    Kiss PRESS