管理釣り場で大型マス類を狙って釣り分ける方法 目視の有無ごとに解説 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

管理釣り場で大型マス類を狙って釣り分ける方法 目視の有無ごとに解説

TSURINEWS

管理釣り場で手中にした90cmのイトウ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

サケ、マス類が放流されている淡水管理釣り場で、大型魚を狙う方法を解説。初めから狙って大型を釣り分けてみよう。

管理釣り場で大型狙い

管理釣り場に、人は何を求めて釣りに行くのだろうか?

「竿が出せれば釣れなくてもいい」と言う人はいるだろうが、せっかく出かけるのだから、目的を明確に持つともっと楽しめるはずだ。例えば「数を釣る」、「型を狙う」、「釣ったことのない魚種を釣る」など。

私の中での管理釣り場の釣りは”大型オンリー”。狙うのは50cm超えだけだ。

大型魚がいる管理釣り場を選ぶ

まずは大型魚が放流されている管理釣り場を選ぶことが大前提。

「大型魚」の定義は人それぞれだが、管理釣り場で狙うことができる大型~特大魚といえば、50~70cmニジマス、70~90cmイトウなど。50cm超えのブラウントラウトやアメマスが放流されていることもあるので、この4種が基本。

そのほか、ロックトラウト、ジャガーラウト、絹姫サーモンなどが放流されているエリアもある。

大型魚を狙う方法

大型を狙う方法は、大きく分けると以下の2つ。

1.たくさん釣った中で大型が交じる。
2.小型は無視して大型のみを狙う。

前者は100尾以上釣っても大型に出会えない場合だってある。だが、後者は違う。目視できる場合は、それを狙えばいい。

目視できる場合

基本的には魚の頭の向きを確認し、ターゲットの後方にキャスト。それを斜め後方から魚を追い越すようにリトリーブする。

フライや極小スプーンの場合は、魚の目の斜め後方にキャストすると反射的に食ってくることがよくある。

青森県大間のマグロ釣りで、「ぶっつけ漁」と呼ばれる漁法がある。マグロの鼻先にエサをぶつけることからそう呼ばれているのだが、大型魚が目視できる状況では、この「ぶっつけ」が管理釣り場でも最も有効な手法だ。

フライの場合はラインが魚から見えると逃げることが多く、魚の近くにラインを落とさないようにしたい。

目視できない場合

目視できない場合、闇雲にキャストしても掛からない。大型は小型より下の層を泳いでいることが多いので、ルアーやフライのサイズを大きくし、沈みを速くすることで、小型を避けてルアーやフライを届けるようにする。

ルアーの場合は、底層をリフト&フォールで誘う。フライの場合は、シンキングラインを底にはわせてキールストリーマーや浮力のあるBLフライで釣る。

どちらも底から一定の高さをキープできるので食わせやすい。待ち伏せタイプの捕食行動をとるイトウやイワナ、ブラウントラウトなどに有効。

捕食行動と最適なアクションが読めない魚種はニジマス。雑食性が高く偏食するため、大型であってもユスリカが大量にハッチするときには狂ったようにそれらを捕食。そんなときは、ドライフライに敵うものはない。

同魚はレンジ(タナ)が合わないと食ってこないので、ひんぱんにタナを変えて探る。

60cm超えの数釣りが楽しめることも(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

「スレ」対策

開場から時間が経過すると徐々に魚はスレてくる。対策として、ルアーやフライのサイズを落とし、カラーをナチュラル系に変えることが定番。

数釣りならば確かにそれでいいが、大型狙いとなると、そうすることによって小型がわずらわしくなってくる。

大型を釣りたいなら、アピール重視で釣れないことに耐えることも重要なのだ。

大型魚が集まるポイント

釣り場に通ってそこの特徴を覚えることが重要。地形や水の動き、水温によって食ってくる場所が変わってくる。

大型魚はその体型から多くの酸素を必要とする。そのため、インレットや水車周りなど酸素量が多い場所に集まる傾向がある。水の流れはインレットからアウトレットへ、あるいは風向きによって底層の流れはその逆流となる。

湧水を豊富に使用できる釣り場は年間通して魚の動きが安定しているが、そうでない釣り場は変わる。真夏はできるだけ冷たい場所へ、厳冬期は水温が上がりやすい場所を好む。

足繁く通って、試行錯誤を繰り返してやっと釣れるようになるはず。まずは、上級者のまねから始めるといいだろう。そのあとで、自分の釣りを確立する。ひと筋縄ではいかないのが大物狙いだ。

<週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

【関連記事】

おすすめの記事