Yahoo! JAPAN

伊達さゆりの「手さぐりの旅」 第16回 「音」に意識を向けるきっかけをくれた girl next doorさんの「Infinity」(中編)

Febri

TOPICS2024.04.17 │ 12:00

伊達さゆりの「手さぐりの旅」 第16回 「音」に意識を向けるきっかけをくれた


girl next doorさんの「Infinity」(中編)

伊達さゆりのフォト&インタビュー連載の第16回。girl next doorの「Infinity」をテーマにお届けする中編では、撮影のもうひとつのキーワードとなった「近未来」のイメージについて。そして、出会った当時の頃を思い出してもらいながら、この楽曲に心惹かれた理由を尋ねた。

取材・文/編集部 撮影/松本祐亮 ヘアメイク/三反理沙子 スタイリング/佐野夏水

インタビュー_TOPICS伊達さゆり声優

目指してもギャルにはなれなかったと思う

――前編で「ギャルへの憧れ」を語ってもらっていましたが、自分が本当にギャルになった姿を想像することはありましたか?
伊達 いやー……目指しても本当のギャルにはなれなかったと思います。どこか猫をかぶった「ギャルになれている自分が好き」みたいな、中途半端な存在になっていた気がしますね。

――撮影ではギャルっぽいポーズもとっていましたが、なりきってみての印象は?
伊達 撮影してもらっているうちに、細かいことは気にしないほうがいいな、と思いました。余計なことを考えないほうが画になるというか、「適当」でいるのがしっくりくるんですよね。それが素敵だなと思いました。

――「infinity」のMVはチアがモチーフになっていることもあってポンポンを持ってもらったのですが、チアの経験はあったりしますか?
伊達 じつは、ほんのちょっとだけなんですけど、やったことがあるんです。それこそ小学校に入る前に、ポンポンを持ってちょっと踊ってみた、くらいの経験なんですけど。仲よしだった友達がいて、その子と一緒にやっていました。ポンポンを持ったのはそれ以来ですね。

――久しぶりに持ってみた印象は?
伊達 なんだか小っちゃいな、と思いました。当時もこのくらいのサイズのものを持っていたと思うんですけど、子供の頃は身体も小さかったので、ポンポンが大きく見えていたんですね。

――ギャルの他にもうひとつ、今回の撮影では「近未来」というテーマを盛り込んでいたのですが、子供の頃に「未来」と聞いて想像していたイメージや、「こんなものが将来できていたらいいな」と思っていたものはありますか?
伊達 小さい頃は『ドラえもん』をよく見ていたので、当時はタイムマシンなんて10年、20年後には普通にできているんだろうなと思っていました。あとは空にカプセルみたいな車が飛んでいたり、未来にはそういうものが当たり前にあると思っていたんですけど、まだできていないので、想像していた「未来」がやってくるまで生きたいですね。その世界をこの目で見てみたいです。

なぜかずっと忘れられないでいる、子供の頃に見上げた風景

――「Infinity」がリリースされた2009年には、もうiPhoneが販売されていたんですよね。
伊達 え! 全然わからなかったです。もっとあとかと思っていました。

――そういう意味では、音楽配信やSNSなど、今の日常につながる変化が始まった頃だと思うのですが、当時、小学1年だった伊達さんは他にどんなものに夢中になっていましたか?
伊達 友達に合わせようと一生懸命だったかもしれないです。といっても無理して合わせていたわけじゃなくて、好きだと感じるものを自分で見つけることがあまりなくて、友達から教えてもらって好きになることが多かったです。交換ノートもゲームも、友達がきっかけで始めました。ゲームは今でも好きなんですけど、友達がやっていて「面白そうだな」と思って借りたり、追いかけて同じソフトを買ってもらうことが多かったです。

――その頃の小学生に流行っていたゲームというと……?
伊達 ニンテンドーDSにハマっていましたね。『おいでよ どうぶつの森』や『とんがりボウシと魔法のお店』という、自分が魔法使いになってお店を大きくしていくゲーム。あとは『たまごっち』のDS版とか。全部、友達から教えてもらいました。

――以前、「自分が好きなものをなかなか他人に打ち明けられない」と話していましたが、当時からその傾向があったのですね。
伊達 そうなんですよね。自分から「これ知ってる?」とはなかなか言えなくて。ハマってくれなかったらどうしようと思っちゃうんです。

――小学生の頃の風景で、記憶に残っているものはありますか?
伊達 小さい頃、アパートの2階に住んでいたんですけど、そのベランダから見た景色が忘れられなくて。なんでだろう。私が住んでいたアパートの前には大きいマンションが建っていて、いつも「すごいなぁ」と思いながら見上げていました。

バックに鳴っている音が気になった初めての楽曲

――楽曲の話題に戻って、「infinity」を子供の頃にすごく好きになった理由は何だと思いますか?
伊達 ボーカルが魅力だったことはもちろんあるのですが、バックに流れているオケに爆発音のような弾けた音がいっぱい入っているんですよ。そこがたぶん、小さな頃の私の心に引っかかったんだと思います。冒頭から「始まりました!」というような壮大な感じがあって、さらに音数もすごく多いので、聞いているだけでライブに行っているかのような気持ちになります。言葉ではうまく説明できないのですが、「私、曲を聞いているんだ!」という感覚があるんです。

――当時の伊達さんは小学校に入ったくらいの年齢なので、まさに自覚的に音楽を聞き始めた当初の記憶ですね。
伊達 そうかもしれないですね。それまではただリズムやメロディが心地よかったり、なんとなく歌詞がいいなと感じていたのだと思うのですが、歌声だけじゃなくてバックに鳴っている音を聞いてみよう、と思った初めての楽曲だったと思います。楽器を習ったりもしていなかったので「ピアノの音だけを追いかけてみよう」というようなことをやったことがなくて。でも、この楽曲に出会って「後ろですごい音が鳴っているけど、なんていう楽器なんだろう?」と考えるようになりました。

伊達さゆりだてさゆり 9月30日生まれ。宮城県出身。Apollo Bay所属。『ラブライブ!スーパースター!!』一般公募オーディションを経て、澁谷かのん役で声優としてデビュー。他の出演作に『英傑大戦』(池田せん役、他)『アサルトリリィ Last Bullet』(石塚藤乃役)など。趣味は歌を歌うこと。特技はよさこい。 Twitter/

@SayuriDate

 Instagram/sayuridate_official後編(③)に続く関連情報

■『伊達さゆりフォト&インタビューブック ~置いてきた傘と地図~』4月22日発売!

伊達さゆりさん20歳の誕生日から「Febri」にて好評連載中の「手さぐりの旅」が書籍になります!
連載第13回までのロングインタビューを完全収録しつつ、写真はすべて未公開のアウトテイクを⽤いて再構成。
さらに本書だけの撮りおろし&新規インタビューもたっぷりと詰め込み、全224ページの大ボリュームでお届けする完全保存版です!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ワンちゃんと一緒に楽しめるグルメフェス「FOOD TRUCK STREET FESTIVAL」が大阪・泉南で開催!

    anna(アンナ)
  2. 「出張!小倉祇園太鼓塾」開催 小倉祇園太鼓の歴史学習&実技参加【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  3. 【難波】たっぷりの生チョコを苺にディップ!話題のスイーツ専門店オープン

    PrettyOnline
  4. ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学(せいがく)3年生座談会①

    Febri
  5. 「ユニクロ感謝祭」は5月24日から!今年はステンレスボトルや名品が先着でもらえる。

    東京バーゲンマニア
  6. OSK日本歌劇団 華月奏と翼和希が抱く「トップスター像」、7月『レビュー in Kyoto』でも大切にしたい「歌い継ぎ」への思い

    SPICE
  7. 福島県いわき市での野外イベント『Heaven God Beach 大作戦 GIG』にMONOEYES、ナッシングス、フラッドら7組の出演が決定

    SPICE
  8. LiSA、2年半ぶり・21枚目のシングル「Shouted Serenade」発売 ボカロP・ツミキ作詞作曲の収録曲「ハルシネイト」MUSiC CLiPのプレミア公開が決定

    SPICE
  9. 建築家・隈研吾さんと小倉 縞縞とのコラボブランド「KUMASHIMA」POP UPイベント開催中 染織家・築城則子さんと武内市長とのトークイベントを実施

    キタキュースタイル
  10. お得すぎる〜!ザ・ブッフェ「平日ランチ時間無制限」で食べ放題が楽しめる!【限定キャンペーン】

    ウレぴあ総研