Yahoo! JAPAN

<男が奢る?>彼女とのデートは息子が奢るのが当たり前!?社会人のお金事情に賛否が

ママスタセレクト

若いカップルの楽しそうな姿を見ると、若かりし頃の自分を思い出して微笑ましくなったりしますよね。「一緒にいる」だけで満たされる恋人時代、たくさんのときを共に過ごしながら、少しずつ互いの距離を縮めていくことでしょう。いつしかそんな若者の恋愛事情を「見守る」立場となったママたち。当事者でなくなった分、だいぶ客観的にみられると思いきや、自分の子どもたちの恋愛を「見守る」のもまた、ハラハラする部分があるようですよ?

『息子が彼女とデートするとき、食事代もチケット代も息子持ち。家でごはん作ってくれても、その材料費は息子持ち。彼女が出すのは喫茶店でのコーヒー代くらいなんだって。息子のほうが年上だけれど、2人とも社会人。みんなどう思う?』

彼女とのデートのときに、息子さんがほぼ全額支払っていることが判明してしまった投稿者さん。モヤモヤする気持ちを、ママスタコミュニティに投稿してくれました。デートでの金銭的分担はハッキリとした「正解」がないのでなかなか難しいところです。ママスタコミュニティに集まったママたちは、なんとアドバイスするのでしょうか?

もう少し彼女に配慮があってもいいような……。デートは割り勘でお願いしたいママたち

『その彼女はやめたほうがいい。普通は半額出すよね』

『まあ普通は出すよね。出してもらって当たり前精神なのか、そもそも気が利かない娘さんなのか……。私なら息子に結婚は止めとけって言っとく』

『実際厚かましくない? 払う素振りもないのかな? 当たり前のように払ってもらうのは少し違う気がする』

『まぁ今の時代は男がすべて払う流れじゃないし、働いているならお互いが払えばいいと思うよ』

「彼女が少し厚かましいのでは?」と、序盤から辛口のコメントをくれたママたち。女性でも男性と肩を並べて働くことができるこの時代に、男性のほうがデートでの金銭的負担が多いことに納得がいかないようですね。彼女に「払おうとする意志」が見られるかどうかでもまた話は変わってきそうですが、完全な「割り勘」ではないにしろ、もう少し彼女のほうに配慮があって欲しいと願ってしまうのかもしれません。

年上なら普通なのでは?やっぱりデートでは男性におごって貰いたい

『社会人で年上なら普通じゃない?』

『同級生カップルならまだしも、年下の女の子と付き合ってすべて割り勘にする男って……』

『そんなもんじゃない? 会社の同期でも、女性側はデート代なんてほとんど払ったことない。今の子は割り勘派が多いらしいけどね』

今の若い子たちの現状を踏まえた上でも、彼氏のほうが「年上」であるのであれば「奢る」という行為自体はそれほどおかしなことでもないのでは? というコメントを寄せてくれたママたちもいました。年上であれば給料も多く貰っているかもしれません。そもそもそれ以前に「奢ってあげたい」という気持ち自体が嬉しいものなのでは? と、投稿者さんのモヤモヤと真逆のコメントが飛び交います。

『女性は彼氏の為にメイクしたり脱毛したり、何かとお金かかるんだよ。ご飯を作ってもらっておいて、材料費もオマエが出せよって何だそれ。あと息子さんのほうが年上なら給料も多いでしょう? 付き合っているうちから何でも割り勘な男は、結婚したら不安だなー』

金銭感覚は人それぞれなので、一概に正解を導き出せないのが難しいところでもあります。ただ「女性」という生き物は身なりを整えるのにお金がかかる生き物であることを、ママたちは身をもって知っています。だからこそ、デート代を払ってあげている投稿者さんの息子さんの行動を「そうあるべき」と見てしまうのかもしれません。

若いカップルのデート代事情。私は息子にこう伝えている!

女性側の事情を踏まえて、年頃の息子さんをお持ちのママたちは日頃からこうアドバイスしているのだそう。

『男なら出せよって思う。うちは息子だけど「デート代は出してあげな」って言うよ』

『「女と付き合うには金が掛かるんだよ!」息子に言おう』

『私には息子2人いるけど、そういう事をたまに話す。綺麗な女子はデートに来るまでにお金が掛かっているから、男性が多めに出したり奢ったりするのはマナーだと思うよーって。割り勘のときがあってもいいけど、いつもいつも割り勘はちょっと、ねぇ』

「女性」として生きてきた経験から、「母親」として息子に「こういう男性になって欲しい」という願いが込められているアドバイスなのでしょう。それを実行するかしないかは息子さん次第ですが……。息子さんの懐事情次第な部分も否めないので、あくまでも「アドバイス」として受け取ってもらいたいですね。 ただ一昔前とは異なり、男性より女性のほうが稼いでいるというケースもあるのが現代の社会です。「男性だから」とか「女性だから」という言葉を使うこと自体を躊躇するなかで、「デート代の負担の割合」という問題を性別で片づけていいものか疑問も残ります。投稿者さんも同じ気持ちだったのかもしれませんね。いくつになっても子どものことを心配してしまうのが「母ゴコロ」なのだなと考えさせられました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. サッと羽織っても上品にキマる! ユニクロ「オーバーシャツジャケット」はボックスシルエットが今っぽい

    GetNavi web
  2. 【未知との遭遇】アサリと出会った猫とフェレット。予想外なアサリの動きに驚く姿がたまらない♡

    PECO
  3. ラストアイドル・大森莉緒、籾山ひめり、4周年コンサートを振り返る!

    WWSチャンネル
  4. NiziU、「ファンタ」と2度目のコラボ決定 限定デザインボトルが3/14から全国発売スタート さらに「Make you happy」ストリーミング再生回数が3億回突破

    SPICE
  5. 【時短家事】みんながやってる毎日こそうじをご紹介!

    たまひよONLINE
  6. 空港に隣接する源泉かけ流しの温泉『成田空港温泉 空の湯』。自慢は航空ファン垂涎の飛行機と月が浮かぶ空の眺め

    さんたつ by 散歩の達人
  7. 紙に書かれた黒い点にも大興奮 好奇心旺盛すぎる白猫さん

    おたくま経済新聞
  8. ヤマアラシの赤ちゃんが米動物園で誕生 針のないフワフワな姿で人々を魅了

    Techinsight
  9. オレンジ色の波と空、そして富士山 夕暮れに染まる風景が切なく力強い

    Jタウンネット
  10. フランスで衣類の売れ残り廃棄禁止法がスタート 寄付・リサイクルを義務化

    ELEMINIST