Yahoo! JAPAN

【審判対策】斉藤和巳さんは審判のクセなどをどう考えて投げていた? 今は審判のデータまでも作られている!?

ラブすぽ

【審判対策】斉藤和巳さんは審判のクセなどをどう考えて投げていた? 今は審判のデータまでも作られている!?

野球界はデータ化の進歩が凄い!

「審判を味方に付けろ」とはよく言われること。

実際に斉藤和巳さんはマウンドで審判に対してどういう思いを持って投げていたのか?


「ストライクゾーンが広い、狭い」「外は取るけど内は取らない」などよく審判のクセに対して聞かれる言葉。

本当は一定である必要のある審判の判定だが、そこは人間の行うことなので審判全員が完璧に一致するということはない。


最近は審判それぞれの傾向をデータとして出してくれる人がいるとのこと。

斉藤和巳さんが現役の時はそういうデータは全く存在しなかったので、全て感覚的にやっていた。

素直に羨ましがる斉藤和巳さん。


しかし、データが全てではない。データは+αのモノとして利用はするが、最も大切にしなくていけないのはその時その時のプレーでの「自分自身の感覚」。

それを大切に出来ない選手、それに重きを置けない選手はプロの勝負の世界では成功しないはずだと斉藤和巳さんは言う。

【関連記事】

おすすめの記事