Yahoo! JAPAN

「餃子屋田中 銀座通り本店」が爆誕!餃子からの坦々麺が最強だった

肥後ジャーナル

「餃子屋田中 銀座通り本店」が爆誕!餃子からの坦々麺が最強だった

こんにちは。餃子大好き羽田です。 銀座通りに「LOVE餃♡子」という気になる看板を見つけました。 2021年6月15日にオープンした「餃子屋田中 銀座通り本店」というお店です。 「新しくできた餃子屋さんがあって」と言った瞬間に、ちょっと食い気味に「行きたい!是が非でも行きたい!」と言ったライター山田とともに行ってきました。

餃子屋田中 銀座通り本店って?

健軍に製造直売所を持つ「餃子屋田中」が銀座通りに出店。 これまでは持ち帰りと通販のみだった餃子が、お店で味わえるようになりました。

場所は下通アーケード側から駕町通りへ向かって左側、一蘭を超えてもう少し先。 ビルのちょっと奥まった位置にあるので、素通り注意です。

「LOVE餃♡子」の看板が目印。2021年6月15日にオープンしました。

名前のとおり、餃子がメインの居酒屋さんです。元祖肉肉餃子は6個で税込450円。 ニンニクなしで生姜たっぷりのタイプも選べます。1000円のせんべろセットが気になる!

定番おつまみ系のメニューもいろいろそろって

鍋系メニューも充実しているので、ゆっくり楽しめそう!

「餃子屋田中」の餃子

しっかり焼き目がついた「元祖肉肉餃子」をいただきます。 カリッとした皮の食感に、ガツンとくる具材の肉肉しさ。キャベツの甘みが追いかけてきます。

豚肉は「肥後あそび豚」を100%使用しているのだそう。 しっかりした肉の旨味が感じられ、ビールやハイボールなど炭酸系のお酒によく合う味!

タレは天草の塩を使った特製の塩ポン酢。かぼすの香りがふわっと広がって、まろやかな酸味です。 飲めちゃうくらいのポン酢!なんて思っていたら

同行していた山田はすでに日本酒みたいな雰囲気で飲んでました。

みょうが・大葉・カイワレなどの香味野菜をたっぷり添えて、お好みでラー油もトッピング。 肉肉しい食べごたえなのに、さっぱりした風味が加わるのでどんどん行けます。無限餃子状態。 変わったところでは、まかないから生まれたという麻婆餃子(税込580円)も人気。

たっぷり残った麻婆ダレに、中華麺を入れて食べるのもおすすめなのだそう。それ絶対おいしいやつ!

一番人気は、まさかの担々麺

こちらが店長の新山さん。さすが一番人気の餃子、おいしかったです!!と伝えたところ「えっと一番人気は担々麺です」というまさかのお答え。餃子屋田中、なのに一番人気は坦々麺。餃子の立場は。 というわけで、坦々麺もいただいてみることに。

坦々麺は芝麻醤(チーマージャン)がたっぷり入って、クリーミーな白胡麻の風味が楽しめます。ほどよい辛味。 餃子の皮と同じ製麺所にお願いして作ってもらっているという特製の麺が、スープによく絡みます。

餃子と坦々麺、ぜひセットで注文してほしい組み合わせです。 実は新山さんの作る料理は、近隣の飲食店で働くスタッフさんたちにも大人気。 今日はこんな定食できるよ!なんていう情報をLINEでやり取りしていたら、いつの間にか「まかない屋田中」というグループチャットまでできていたのだそう。餃子以外のメニューもいろいろ食べてみたい!

「土用の丑の日」特別企画!!うなぎあります

そして以前うなぎ屋さんで働いていた経験のある新山さん。 その腕を生かし、餃子屋田中でもうなぎを出してみたい…ということで特別企画ができました。 土用の丑の日である7月28日(水)限定で、うなぎの真空パック(税込2200円)を販売予定です! 大きなうなぎがまるっと1尾。湯煎で簡単に食べられます。 特別にお店で試食させていただきました。サイズ感すごい。

ふっくらと炊かれたうなぎに、てりってりのタレ。 タレに漬け込んだ後にさらにもう一度蒸しあげることで、中までタレがしっかり染み込むのだそう。

冷めてもかたくならず、おいしくいただけるうなぎです。 ホットペッパーのサイトから、または電話での完全予約制です。すでに予約が入ってきているとのことなので、気になる方はぜひお早めに!予約はこちらから

まとめ

銀座通りのニューカマー「餃子屋田中 銀座通り本店」。 こだわりの餃子を中心に、居酒屋メニューに坦々麺や鍋まで楽しめるお店です。餃子屋さんが初めて出したお店の新規オープンで坦々麺が一番人気で土用の丑の日にはうなぎも出すって、何だかもう情報が大渋滞してるけど、とにかくおいしかったので良しとします!

おすすめの記事