Yahoo! JAPAN

「文豪ストレイドッグス」の舞台化第7弾のキャスト・ビジュアル・公演詳細が解禁 植田圭輔、佐々木喜英、久保田悠来ら出演

SPICE

舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』

「文豪ストレイドッグス」の舞台化第7弾となる、舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』。上演が先日発表された本公演のキャスト・ビジュアル・公演詳細がこの度解禁となった。

「文豪ストレイドッグス」は、2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)により連載が開始された、架空の都市・ヨコハマで繰り広げる異能力バトルアクション漫画で、コミックスは現在22巻まで刊行、シリーズ累計で1000万部を突破する大ヒット作品。舞台化シリーズは、2017年12月上演の舞台『文豪ストレイドッグス』を皮切りに、様々なキャラクターと時代にスポットを当てたエピソードを次々に上演。中屋敷法仁の演出による、演劇ならではの俳優の身体的な表現や、プロジェクションマッピングを駆使した映像などの多彩な演出手法が、熱い支持と高い評価を得ている。
2021年10月には6作目となる『太宰、中也、十五歳』を上演。現在より溯ること七年前、十五歳の中原中也と太宰 治が出会いを果たした、のちに“双黒”と裏社会にその名を轟かすふたりの“青の物語”を描き、大好評を得ました。さらに2022年1月には、舞台の俳優陣が出演した実写映画も公開された。

今回上演される7作目は、朝霧カフカによる小説を原作としており、前作『太宰、中也、十五歳』で描かれた「荒覇吐事件」から一年、ポートマフィアに加入し幹部の座を狙う十六歳の中也のもとに、中也を弟と呼ぶ“暗殺王”ポール・ヴェルレエヌが現れ……という物語。

中原中也役に、シリーズを通して中也を演じる植田圭輔。中也の”兄”として現れる”暗殺王”ポール・ヴェルレエヌ役に佐々木喜英。欧州刑事警察機構の人造知能捜査官アダム・フランケンシュタイン役に磯野 大。十五歳の中也が率いていた「羊」の元構成員・白瀬役に伊崎龍次郎。ポートマフィアの武闘派組織“黒蜥蜴”の広津柳浪役に加藤ひろたか。ポートマフィアの一員である太宰 治役に田淵累生。ポートマフィアの首領・森 鴎外役に根本正勝。そして、中也の出自の秘密を握る謎の人物・N役に久保田悠来

中原中也 役:植田圭輔  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

ポール・ヴェルレエヌ 役:佐々木喜英  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

アダム・フランケンシュタイン 役:磯野 大  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

白瀬 役:伊崎龍次郎  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

広津柳浪 役:加藤ひろたか  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

太宰 治 役:田淵累生  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

森 鴎外 役:根本正勝  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

N 役:久保田悠来  (C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

自らの過去を追い求める中也。ヴェルレエヌ、アダムとの出会いを機に、闇に包まれたその真実が姿を現す。中原中也とは“何”なのか――?そのアイデンティティに迫る渾身の物語が、舞台シリーズすべての演出を手がけ、作品世界の魅力を知り尽くす中屋敷法仁の脚本・演出によって舞台上に立ちあがる。

脚本・演出 中屋敷法仁 コメント

原作「STORM BRINGER」は、まさに嵐のような小説です。
アクション、ミステリー、アドベンチャー、さまざまな要素が荒々しく渦巻き、読む者を熱くさせます。
舞台『文豪ストレイドッグス』の第七弾として、この作品に挑戦できることを何よりも楽しみにしております。
魅力的なキャスト・スタッフと共に、劇場内に嵐を巻き起こしたいと思います。ご期待ください。

中原中也 役 植田圭輔 コメント

舞台『文豪ストレイドッグス』シリーズの看板を、そして中原中也の人生を背負わせて頂けること、心より幸せに思います。
舞台『太宰、中也、十五歳』の千秋楽に公演を発表させて頂いたあの瞬間のどよめき。今も胸に刻まれています。
中原中也とは“何”なのか――? 
この身を持って証明する事を誓います。皆様に受け取っていただけますように

ポール・ヴェルレエヌ 役 佐々木喜英 コメント

ポール・ヴェルレエヌ役の佐々木喜英です。
舞台『文豪ストレイドッグス』シリーズに参加させていただくのは今回が初めてになります。
これまで様々な2.5次元舞台の役を演じてきましたが、まだアニメ化されていない役を演じるというのはあまり経験がなく、とても楽しみでもあり、自分にとって新たな挑戦だと思っています。
皆様が思い描くポール・ヴェルレエヌに限りなく近づけるよう、大切に演じていきます。ご期待ください。

アダム・フランケンシュタイン 役 磯野 大 コメント

たくさんの方から愛され続けている作品に舞台を通して関わらせていただけることへの嬉しさ、喜びと同時に、大きな責任と重圧を感じております。
中原中也を語る上で、とても大切な今作。
私が演じさせていただく、アダム・フランケンシュタインも、重要な役割を担っております。
原作を拝読した際、物語に心を大きく揺さぶられました。
この感動を舞台でもお伝えできるよう、大切に演じさせて頂きます。そして心の底からアダム・フランケンシュタインになれるよう誠心誠意、役と作品に付き合います。
応援、何卒よろしくお願いします。

白瀬 役 伊崎龍次郎 コメント

原作を読ませていただいて世界観に引きずり込まれ、一ファンとしてSTORM BRINGERの世界とキャラクターたちが大好きになりました。舞台として中屋敷さんがどうやって作っていくのか天才×天才の作品を間近で見られその世界の一部になれることを光栄に思います! そしてまた白瀬として新たな世界に一歩足を踏み入れたいと思います。
魅力的なキャラクターたちが大暴れする最高のエンターテインメント作品になるような気がして僕自身心躍っています。いま出来ることを全て注いで臨みたいと思いますのでどうか楽しみにしていてください。劇場でお待ちしております。

広津柳浪 役 加藤ひろたか コメント

舞台『文豪ストレイドッグス』のシリーズでは、これまでも演劇の魅力を盛り沢山にお届けしてまいりましたが、今度こそは「どうやって舞台で表現するの?」と言わざるを得ないです。つまり楽しみしかありません。
『太宰、中也、十五歳』から続き、中也の過去とこれからを巡る物語を人間臭く創り上げたいと思っています。
また皆様に文豪ストレイドッグスの世界をお届けできることを楽しみにしております。

太宰 治 役 田淵累生 コメント

舞台『文豪ストレイドッグス』への出演がありがたいことに、今回で3回目となりました。また太宰 治を演じられること本当に幸せに思います。
前作で次回作の発表をした時の歓喜の声を今でも鮮明に覚えていて、あの時から今作をずっと楽しみにしていました。
今作も覚悟をもって大切に演じさせて頂きますので、よろしくお願いします!お楽しみに!

森 鴎外 役 根本正勝 コメント

個性的な人物の魅力を役者陣が生かし、中屋敷さんから生み出される舞台ならではの飽きさせない演出が詰まった熱のある現場。あとなんか可愛げがあると、前回参加して思いました。キャスト、スタッフ陣全てが作品に愛情と敬意を持って取り組み、それを受け止めるファンの皆様が心地いい。文豪ストレイドッグスという作品の素晴らしさだなと思いました。
また文豪ストレイドッグスの世界に帰ってくることが出来ました。新しく参加する共演者と共に楽しみながらこの作品に向かいたいと思います。劇場という空間にはファンの皆様が必要です。どうぞ応援のほどよろしくお願いします!

N 役 久保田悠来 コメント

皆様初めましてごきげんよう、この度N役を仰せつかりました久保田悠来です。
このお話を頂いたとき役のイメージを拝見し衝撃を受けました。
まず名前がN。
そしてビジュアルにおいてはまだ顔がわからない。
まさにN……謎です。
舞台『文豪ストレイドッグス』にはこれまで沢山の仲間、名優達が出演してきております。
久しぶりに共演出来る喜び、この作品プロジェクトに参加できる光栄にNとも言えない感情です。
Nとぞ宜しくお願い申し上げます。

【関連記事】

おすすめの記事