Yahoo! JAPAN

「よく寝る」「散歩を嫌がる」「朝寝坊」“冬ならでは”の犬の行動を解説

いぬのきもちWEB

毛布の上で眠るビーグル

冬といえば、気温が低くなったり日照時間が短くなったりと、気候の変化が大きいですよね。犬の行動にも“冬ならでは”の変化はあるのでしょうか。
いぬのきもち獣医師相談室の先生に、冬ならではの犬の行動と、飼い主さんが気をつけるべき体調の変化について聞いてみました。

犬の行動は、寒くなると変化することがある!


雪の中を走るボーダー・コリー


――犬がよくする、冬ならではの行動はありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「よく寝る、朝寝坊する、布団から出ない、ストーブやコタツに集まる、散歩を嫌がるなどの行動があげられます」

犬がいる床付近は冷えやすいので気にかけて


暖炉の前のラブラドール・レトリーバー


――冬ならではの行動で、飼い主さんが対策する必要があるものはありますか?

獣医師:
「室内でも寒くて動きが緩慢になっている場合があるので、そういうときは部屋を暖かくしてあげましょう。人は洋服を変えるのであまり感じないかもしれませんが、床は冷えやすく、部屋の下部が寒いと犬は全身寒く感じます。
冬は動きたくなくなるのは人も犬も同じ気持ちですが、なるべく体を動かすように心がけ、体がなまらないようにしたいですね」

食欲不振や下痢・便秘に要注意!


毛布の上で眠るビーグル


――冬ならではの行動で、病気のサインとなるようなものはありますか?

獣医師:
「食欲がない場合は要注意です。冬は太陽があがる時間が遅いので、自然と起きる時間も遅くなります。それに合わせて朝ごはんも遅くなるのは自然なことですが、いつになっても食べなかったり、吐いたり下痢をしていたりするときは、お腹の調子が悪くなっているサインです。冬は寒くて吐いたり下痢をしたりしやすい時期ですので気をつけましょう。

また、寒さが原因でお腹の動きが悪くなり、便秘や胃もたれも起きやすくなります。からだが小さいコはお腹・足先・耳が冷えやすく、こうした症状を起こしやすいと思いますので、気をつけてください」「被毛に覆われている犬は、冬でも人より暖かいはず」と考えがちですが、「よく寝る」「散歩を嫌がる」など“冬ならでは”の行動も、裏を返せば犬が寒さを感じている証拠なのですね。

床付近は思いのほか冷たいうえに、犬は自分で室温を調節することができないので、やはり飼い主さんが気にかけてあげることが必要です。
寒さで愛犬が体調を崩さないよう見守りながら、元気に冬を乗り切りましょう!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/Ru-Rie
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ステーキガストに白米泥棒メニュー 平日ランチ限定で「鉄板味噌とんかつ」販売

    おたくま経済新聞
  2. 根浜海岸を彩る紅紫の大輪 震災津波に耐えた「ハマナス」今年も開花!

    かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
  3. ギャル曽根も大絶賛!アンテナショップで買える広島スイーツ3選

    TBS Topics
  4. <反抗期だから普通?>高校生ってママを邪険に扱いますか?「ウザイ」「役立たず」と言われつらい

    ママスタセレクト
  5. 実際に行ける!宮崎駿監督がデザインした“坂本龍馬ゆかりの旅館”とは

    TBS Topics
  6. 【大井記念】帝王賞を賭けての熱い戦い! 過去8年データから勝ち馬を炙り出せ!!

    ラブすぽ
  7. 実戦復帰でいきなり適時打!1軍復帰が待ち望まれる矢野監督が信頼寄せる阪神の勝利に欠かせない仕事人とは!?

    ラブすぽ
  8. 巨人がキッズファンによる応援動画を募集! 試合中にメインビジョンで放映

    SPICE
  9. 【スマホお悩み相談室】「Wi-Fi」って何? どうすれば使えるの?

    毎日が発見ネット
  10. 味方良介、石田明(NON STYLE)らが出演 つかこうへい十三回忌追悼公演『つかこうへいLonely 13 Blues』公演決定

    SPICE