Yahoo! JAPAN

[切り干し大根は栄養の宝庫]なんとカルシウムは大根の20倍!

VEGEDAY

大根を細切りにして乾燥させたのが「切り干し大根」。乾燥させることで甘みが増し、うま味と栄養価が凝縮します。中でも、整腸効果などがある食物繊維が多く含まれています。保存にも優れた切り干し大根の栄養価や保存方法、戻し方を紹介します。

切り干し大根と生の大根の栄養価の比較

皮付き大根の根(生)にはカルシウム24mg、カリウム230mg、葉酸34μg(マイクログラム)食物繊維1.4gなどの栄養があります(可食部100g当たり)。一方、同じ重量の切り干し大根の栄養素を見ると、カルシウム500mg、カリウム3500mg、葉酸210μg、食物繊維21.3gと、根(生)より多く含まれていることがわかります。

切り干し大根の保存法

長期間常温保存すると茶色く変色するので、密閉容器などに入れて涼しい場所で保存します。冷蔵庫の冷蔵室で保存するとよいでしょう。

切り干し大根の戻し方

1~2回ほど水を替えながら、軽くもむようにして汚れや臭いを洗い流します。

たっぷりの水(切り干し大根の分量の3倍程度)の水に浸けて戻します。

memo

切り干し大根を水で戻すと、約4倍の量になります。

戻し汁にも栄養が含まれているので、捨てずに煮汁や味噌汁などに使うとよいでしょう。

最後に

保存もきき、何かと重宝する切り干し大根をさまざまな料理に利用してみましょう。

切り干し大根のアレンジ&リメイクレシピはコチラ

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

ほぼ一年中出回っていますが、旬は晩秋から初冬。大根の辛みには胃液の分泌を高め消化を促す働きがあるほか、胃腸の働きを助ける数種類の消化酵素も含まれています。旬の時期にはたっぷり味わいたい、体にうれしい野菜です。

最終更新:2021.11.30

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ

出典:
厚生労働省e-ヘルスネット(食物繊維の必要性と健康)
日本食品標準成分表2015年版(七訂)野菜類
日本スポーツ振興センター(切り干し大根の特徴)
札幌市子ども未来局「切り干し大根をもっと食べましょう」(切り干し大根の戻し方、保存)

【関連記事】

おすすめの記事