Yahoo! JAPAN

バス釣り初心者の心得! どうしても1尾を釣るための思考とアプローチ

WEBマガジン

バス釣り初心者の心得! どうしても1尾を釣るための思考とアプローチ

駆け引きや強烈なファイト、釣れたときの感動が魅力のバスフィッシング。今もなお人気のスポーツフィッシングで「これから始める」、「興味がある」という人も多いのではないでしょうか。ところが、バスフィッシングは数ある釣りのなかでも難しい部類に入るでしょう。プロアングラーですら、条件やタイミングによっては全く釣れないことだってあります。

釣れない時間の方がはるかに長く、ハードルの高いバスフィッシング。今回は、バスフィッシング初心者が「どうしても1匹触りたいときの考え方や釣り方」をお伝えしていきます。

バスが必ず“いる”フィールドに行く

まずは「バスが必ずいるフィールド」に足を運ぶことです。友人や釣具店で聞き込みをしたりネットで検索したりすれば、情報はつかめるでしょう。大事なのは「バスが釣れるか釣れないか」ではなく「いるかいないか」です。ネットで「爆釣」などと書かれてしまうと、瞬く間に人が集まってしまいます。人が集まれば当然、競争率が高まるので初心者が釣れる確率は下がります。

河川でも池でも沼でも湖でも、バスがいるのであれば絶対に釣れないということはありません。初心者にとっては「ルアーフィッシングOK」「バスの存在が確認されている」「人があまりいない」という条件のフィールドを探せるかどうかが鍵になります。

バスがたまりやすいポイントで釣る

フィールドに着いたらポイント探し。バスがたまりやすいのは地形が変化している所です。「水生植物が生えている」「流れ込みがある」「段差がある」「日陰になっている」といったポイントや「突き出た岬」「橋の下」などをチェックしましょう。
そして、やみくもにキャストするのではなく、フィールド全体をよく見ること。バスの姿を目視できれば一番ですが、水が濁っているなどで見つけられないときは予想しながら釣ります。

流れ込みやシェード、岬周りなど、季節によりバスの居場所はさまざまです

バスがたまりやすいポイントはフィールドによって違いますし、その日の季節や天候によっても違います。「昨日はここに何尾もいたのに、今日は1尾も見当たらない」なんてことはザラにあります。いくつかのポイントを頭の中でブックマークして、効率よくキャストすることを意識してください。

バスがたまっているレンジを予想する

ポイントの次は、バスがいるレンジ(水深)を探ります。プロアングラーらは1m刻みなど細かく水深をチェックしていきますが、初心者であればボトム(底)、中層、表層の3つで考えましょう。

基本的にバスは居心地のよい水温の場所で過ごします。バスの適水温は20℃前後とされており、30℃を超える夏日はボトムや日陰、15℃を下回る日は太陽で温まった表層をねらうのがセオリー。とにかくバスを釣りたいのであれば、実績のあるルアーや高級タックルよりも先に、水温計を用意すべきです。

「水中にルアーがある時間」を多く

フィールド、ポイント、レンジを予想したらいよいよ釣り開始。ここで一番重要なのは「水中にルアーがある時間」です。バスフィッシングはキャスト、回収、移動、ルアーチェンジの繰り返し。ですが、バスが釣れるのはキャストと回収の間だけ。つまりルアーが水中にある数秒間しか、釣れる可能性はないのです。
水中にルアーがある時間を多くすることこそ、バスが釣れる可能性を高めます。ただ、1度のキャストをゆっくり巻くのではありません。トータル時間で、どれだけ水中にルアーを入れられていたかです。

例えば「ポイント移動やルアーチェンジばかり繰り返していた」「頻繁にライントラブルや根掛かりに対応していた」という時間が長ければ、キャストする数は減ります。おのずと水中にルアーがある時間は少なくなりますね。
釣れないからといってルアーチェンジを繰り返すのではなく、できるだけ水中にルアーがある時間を多くするようにしてください。また、トラブルは極力避けること。無理にキワに落とすようなキャストに挑戦して引っかかってしまえば、それこそ5分から10分を無駄にしてしまいます。

「正しいルアーアクション」を長く

ルアーの水中時間とともにもう一つ大事なのは、長く「正しいルアーアクション」で巻くことです。正しいアクションとは、ルアーメーカーが想定・推奨している動きのこと。例えば、カットテールワームであればテールがしっかり回っているか。バイブレーションであれば適切な振動で真っ直ぐ動いているか。

初心者の場合、釣れない時間が長くなれば長くなるほど、水中アクションはおざなりになりがち。適当に投げて巻くのではなく、水中でルアーがしっかり仕事をしているかを確認しましょう。とくにワームはシンカーやフックのサイズ選びに配慮してください。「シンカーが軽すぎて理想的なスピードで沈まない」「フックが大きすぎてルアーアクションの邪魔になっている」といったケースが多く見られます。パッケージ記載の推奨サイズを確認するなり、ショップ店員に聞くなりして、適切なリグでキャストしましょう。

適切なリグを覚えたあとはロッドアクション。とはいっても、単に「トゥイッチやシェイクをしよう」とするのではなく、あくまで「水中のルアーが正しく動くような操作」を心がけるべき。ルアーが目視できない状況であれば、慣れるまで足元の水面付近で動かして確認するのも一つです。

正しいアクションかどうか、最も確認しやすいルアーはトップウォーター。ある程度の距離を投げても水面に浮いているので、どのように動いているのかを目で確かめることができます。トップウォーターといえば、ベテランアングラーが使うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実は、ルアーの動きやバイトを目視できるトップウォーターは、初心者にも扱いやすいルアーなのです。

釣れる可能性が高いシーズンに釣行

バスが釣れやすいのは春から秋にかけて。冬は気温の低下で食欲がなくなり、ルアーに食いつきにくくなります。確かに、真冬のタフなシーズンに貴重な1尾を釣り上げるのもバスフィッシングの醍醐味ですが、初心者の優先順位は醍醐味を味わうことより1尾を釣ることだと思います。

釣れる可能性が高いシーズンというのは、何月から何月までなどと明確に定まっているわけではありません。とりあえずは、自身が釣りやすい季節や天候の日を目安に足を運ぶのが吉です。

初心者にオススメのコスパ重視リグ

スピナーベイトやクランクベイトなどのハードルアーはひじょうに高額です。「1500円のハードルアーを購入したものの、ワンキャストで根掛かり回収できず」というような、痛い経験をした人も少なくないのでは。
コストパフォーマンスを考えるなら、まずはソフトルアー。ワームの釣りからマスターしていきましょう。ワームは1パックに複数入っており、ほとんどが1000円以下で販売されています。「ロストを恐れずキャストできる」「1つロストしても同じ釣り方ができる」というのは大きな利点です。

それでは、初心者にオススメのルアーとリグを見ていきましょう。

フリックシェイク(ジャッカル)
ストレート系ワームの代表格といえば「フリックシェイク」です。ミミズを思わせるなまめかしい動きでバスを誘います。推奨リグはワッキーリグ。専用フックをワームの真ん中に刺すだけというシンプルな構造なので、初心者でも扱いやすいリグといえます。相性のよいフックは「FINESSE GUARD DOUBLE HARD GUARD(ハヤブサ)」。根掛かりトラブルを軽減するWガードが採用されており、ストレスフリーなアクションを可能にしています。

シャッドインパクト(ケイテック)
ワカサギなどの小魚が多いフィールドでは「シャッドインパクト」が有効でしょう。巻くだけで細いテールがピラピラ動き、リアルな小魚を演出します。こちらは、ナチュラルでスローに誘うならノーシンカーリグ。キャストの飛距離を保ち、ボトムから中層にアプローチするならジグヘッドリグがオススメです。

イモグラブ(ゲーリーヤマモト)
「イモグラブ」は幼虫を模したルアーです。イモ虫が落ちてきそうなオーバーハングや岸際に落とし、ゆっくりボトムを引いてくるのがメインとなります。過度なロッドアクションを必要とせず「落とす」「転がす」を意識していればOK。ノーシンカーリグでも十分な飛距離を出すことができます。キャストコントロールがしやすく、根掛かりもしにくいというのもポイントです。

ブルフラット(デプス)
「ブルーギルが多く生息している」「バスのいるレンジがつかめていない」などの条件であれば「ブルフラット」を試してみる価値があります。ブルフラットの特徴はスパイラルフォール。平べったいボディが水の抵抗を受け、回転しながらボトムに沈んでいきます。綺麗なスパイラルフォールアクションをさせるには、テキサスリグがぴったりでしょう。

青木虫(バークレー)
中空構造になっている「青木虫」は、表層にアプローチするトップウォーターとして使うことができるソフトルアー。とくに夏の野池で活躍します。水面でバタバタ溺れている虫が多くいるフィールドでキャスト。反応するバスの姿をダイレクトに見ることができます。

ネット情報を鵜呑みにしない

今やバスフィッシングのフィールドやポイント情報は、ネットでかんたんに手に入れることができます。一方で、それを鵜呑みにしないという考えも大切です。例えば「昨日A池で午前中だけで二桁釣れた」「春のB沼は全く反応なし」といったコメント。この情報を鵜呑みにするとA池に行きたくなりますよね。
ところが、A池で二桁釣れたのは昨日の話です。昨日釣れたからといって、今日も明日も釣れるという確証はありません。また、釣れずにコメントを残さなかった人の方が、はるかに多いということも頭に入れておきましょう。逆に「反応なしと評価されたB沼に、誰もいない早朝に行ったらすぐに釣れた」というケースも多々あります。

もちろんネットは手軽に情報を取得できる有効手段ですが、一番信用すべきは自分の目と足で得たリアルな情報です。「バスはいるけれど釣れている情報は見当たらない」「過去に全く釣れないというレッテルを貼られた」というようなフィールドをネット情報だけで選択肢から外すのはもったいない。
また、バスが釣れない理由を「スレているから」ととらえる人は多いでしょう。事実、ネットでも「個体数はあるがスレていて釣れない」といったコメントが散見されます。しかし、本当にスレているかどうかはなかなか分からないもの。スレていると決めつけてしまうと、どうしても消極的なリグになりがちです。しかし、細いラインに小さなルアーでスローなアクションが、必ずしも正解とは限りません。

そもそもバスフィッシングは、ルアーの存在をバスに認知させることがスタート。「本当にスレているのか」「ルアーの存在に気付いてないだけではないのか」という疑いを持ちましょう。ネットから得たスレてるという情報だけで、大きなルアーやアクションを試さないのはナンセンス。確かに、朝からたくさんアプローチされているバスの警戒心は強くなります。しかし、バスも食事をしないと生きていけません。そして、ルアーと本物のエサを必ず見分けられるバスは存在しません。

スポーツというのは得てして頭を使うもの。スポーツフィッシングと呼ばれるバスフィッシングも当然、インテリジェンスが大事です。ネットで話題の釣り方や人気のルアーを試す、キャスト技術を磨くなどは確かに必要なこと。しかしそれ以前に、これから始める人や始めたての人は、バスフィッシングそのものに対する考え方をしっかり固めることこそが、1尾に触れるための近道だと思います。

レポーターREPORTOR

プロフィール:佐藤 翔一
カッコから入るアウトドアライターです。
愛竿/Hornet Stinger PLUS(AbuGarcia)、愛巻/XROSSFIELD(AbuGarcia)、愛車/WRANGLER UNLIMITED 75th Anniversary Edition(Jeep)、愛自転車/CAAD Optimo(cannondale)、愛銃/U.SライフルM14(東京マルイ)・Mac10(東京マルイ)

The post バス釣り初心者の心得!
どうしても1尾を釣るための思考とアプローチ appeared first on WEBマガジン HEAT.

【関連記事】

おすすめの記事