Yahoo! JAPAN

BiS[ライブレポート]圧巻のステージで約2,000人の観客を魅了「BiSは絶対に武道館に立ちます。研究員を武道館に連れて行きます!」

Pop’n’Roll

BiS[ライブレポート]圧巻のステージで約2,000人の観客を魅了「BiSは絶対に武道館に立ちます。研究員を武道館に連れて行きます!」

BiSが、10月23日(土)に東京・中野サンプラザホールにてワンマンライブ<BiS STiLL STONE AGE>を開催した。本記事では、

2000人を超える研究員(BiSファンの総称)を前に圧巻のステージを展開した同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

撮影:sotobayashi Kenta

この日のライブは、第3期BiSにとってコロナ禍以前、2020年1月に開催した東京・LIQUIDROOM公演以来の会場に対してフルキャパでのライブとなった。

コロナ禍対策を整えた会場を埋め尽くす研究員からは静かな熱気が溢れ、ステージに組み上げられたライブタイトルの<BiS STiLL STONE AGE>を感じさせる石器時代風のセットには、これからBiSが起こすライブへの期待感が渦巻いていた。

轟音のようにSEが響き渡ると、BiSのMVを担当する映像作家・山田健人による現代から紀元前3万年まで遡るプロジェクションマッピングが映し出され、空間が石器時代までタイムスリップしていく。

SEが一瞬止まると、ステージセットの“岩盤”が吹き飛び、岩の中からBiSメンバーが登場。ド派手な演出に会場のボルテージも瞬時に跳ね上がり、ライブは冒頭からBiS、研究員ともにフルスロットルで走り出していった。

メンバーの雄叫びとともに「LET'S GO どうも」でライブはスタート。オープニングからの興奮を保ちながら、キラーチューン「STUPiD」、ライブ映えのする「FOR ME」を連続投下し、さらなる熱狂を創出する。

ここで“はじめまして、私たち新生アイドル研究会BiSです”と自己紹介をすると「HiDE iN SEW」に突入。続く「I ain't weak maybe..」と連続で研究員に寄り添うような歌声に満員の研究員の情緒を揺さぶっていく。

「DESTROY」では、ライブ開幕の演出を思わせるような破壊的なライブをくり広げたと思えば、“静”から“動”へ展開の激しい「COLD CAKE」。“いいことってなんですか?”と問いかける「BASKET BOX」を連投し、エモーショナルなライブも展開し、緩急を効かせたセットリストで研究員をさらに刺激していった。

<BiS STiLL STONE AGE>(10月23日(土)/中野サンプラザホール)

チャントモンキーによるレクリエーションを挟んだのち、“次は、一緒にネコちゃんになっちゃいましょう”とトギーが話すと
手をネコのように振る特徴的な振り付けの「LOVELY LOVELY」では会場全体が笑顔でネコちゃんになりきっていた。

研究員の支持が大きい「teacher teacher teacher」では、ステージセットの2階に駆け上がり、立体的にパフォーマンス。続く「thousand crickets」では、2020年年末に東京・LINE CUBE SHIBUYAにて開催した<The DANGER OF MiXiNG BiS>以来の“第二回BiSガチンコスクワット対決”が行なわれ、楽曲中に高速スクワットの回数を競った結果、トギーが131回を記録し連覇を果たした。

高速スクワットで足元がおぼつかない中、間髪入れず、「テレフォン」という超攻撃的ナンバーを発射。トギーの雄叫びのようなシャウトが和やかな会場の雰囲気を切り裂いていく。続く「FUCKiNG OUT」でも、メンバーは魂を削るかのようにシャウト。今しかないこの瞬間を全力で研究員と共有していった。

その後「つよがりさん」を歌い上げた後に、トギーが“今歌った曲は「つよがりさん」という曲で、どうしようもない自分の弱さを素直に歌った曲です。私たちBiSはこの4人で2年間活動してきて、ずっとわかり合えなくてぶつかることがあります。今ここにいるあなたも、自分を分かってほしいとか、この人の気持ちを分かりたいって思うことがあると思うんですけど、気持ちとか、性格とか、目に見えないものを"わかる"ってすごく難しいですよね。自分ももがきながら見つけてほしいってと思いながらメンバーとぶつかり合いながら走って来ました。研究員のみなさん、BiSを見つけてくれてありがとうございます。そして、BiSが好きな気持ちは研究員と一緒です。それだけは分かり合えます! 次の曲、心を込めて歌います。聞いてください”と話し、メンバーの熱い想いをのせた「I WANT TO DiE!!!!!」、「TOUCH ME」、「this is not a love song」、「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」と第3期BiSの極上の“エモ”ソングを4発炸裂させ、ライブは胸を熱くさせたまま幕を閉じた。

<BiS STiLL STONE AGE>(10月23日(土)/中野サンプラザホール)

鳴り止まぬ拍手の中、BiSメンバーが再登場。それぞれがこのライブにすいての想いを打ち明けていく。

チャントモンキーが“今日は中野サンプラザに来てくださってありがとうございます!! 中野サンプラザのチケットを取ってから、みなさんは、どんな日々だったでしょうか?? 「あと5日、あと4日ってカウントダウンしてたよー」、「そんなことする暇もなく気づいたら今日だったよー」、「方向音痴だから中野サンプラザに辿り着けるか不安だったよー」とか、いろんな心の声が聞こえてきますね。はい。ちなみに、私はと言うと、「23日早く来い。早く会いたい!」と、「もっと練習したいから、やっぱりまだ来なくていい!(笑)」という、超矛盾した気持ちが交互に訪れる毎日でした。研究員に死ぬほど楽しんで欲しいから、いくらでも準備することがあるし、どれだけやっても足りないけど、早く会いたかったです! そんな楽しみにしていた今日は、信じられないくらいあっという間でした。今日のためにやってきたんだなってすごく思ったし、これから先ももっともっとやりたいって思いました。これからもBiSは、止まらずライブし続けます。今日は本当にありがとうございました!!! また会いましょう!!!”と語った。

イトーは、“みなさんお元気ですか〜。 最近すごく、「好きなものを好きでい続ける」って難しいことだなって考えてました。私は学生時代に、プレッシャーに押しつぶされたり、自分には向いてないなって思って、好きなことを辞めてしまったことがありました。夢を追い続けるうちに、あの人より劣ってるからできないだろうなって諦めそうになったり、自分には才能がないな……とか考えてしまうことがありました。でも、BiSはそれを超えてしまうくらい変な存在でいろんな個性のメンバーがいて、変なスタッフさんがいて、何が劣ってるかとか才能がないとかそれをなくすような魔法がBiSあるように思います。BiSってそんな魔法ありますよね? その魔法は研究員にもありますよね? だからBiSを続けてられるんだと思います。これからもBiSで諦めず歌わせてください! 今日はありがとうございました!”と感想をコメント。

ネオ・トゥリーズは、“なんかホントに時間が過ぎるのが早くて……あっという間でした。今日ライブしてる時、すごい魔法みたいな時間だなぁとずっと思ってました。ここにいる一人一人が、それぞれまったく違う人生を送っているけど、こうしてライブで同じ時間を一緒に過ごしていると、音楽を通して心と心が繋がりますよね。繋がっています! 今日もライブ中、目と目が合う度に、研究員との、この尊い時間をずっと大切にしていきたいって何回も思いました。今日も、来てくれたあなたに感謝を伝えようといろんな言葉を考えていたんですけど、考えれば考えるほど、ありきたりな言葉しか出てこない自分にすごいムシャクシャしました。でも伝えさせてください。ありがとうございます! これからも全身全霊、BiSは音楽を届けたい! ライブがしたい!って、改めて思いました。今日、一緒にBiSの新たな一歩を踏み出せたこと本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします!”と、トギーは、“1年前の今日くらいの時期はやっと有観客でライブができた時期で、今日は満員ですごく嬉しいです。ありがとうございます。最近、未来のことって本当に何もわからないなと思うんですけど。わかんないですよね? でも、わかんないからって不安になるのは違うなって思いました。BiSの未来は、BiSにしか作れないから、何でもできるんだって信じて、言い続けて、いつの日か今日の言葉が本当になるようにこれからも死ぬ気で生きます。BiSはもっと大きな場所で歌いたいです。BiSは絶対に武道館に立ちます。研究員を武道館に連れて行きます! 今日はありがとうございました。 研究員〜! これからもよろしくお願いします!”と言葉を紡いだ。

アンコール1曲目は、「LOVE」でありったけの愛を研究員に届け、続く「CURTAiN CALL」では、歌詞の「もう終わり?帰りたくない」を身体全体で表現し、ライブを締め括った。

その後、12月1日にロックカバーアルバム「BiS DiVE to ROCKS」のリリースと新ツアー開催を発表しライブは終了かと思われたが、“BiSは、2022年もブイブイ言わせていくのでこれからもよろしくお願いします!”とトギーが決意表明をした後、“あの〜、まだ足りないんで、あと1曲歌ってもいいですかぁ”とこの日2回目となる「CURTAiN CALL」をスタート。

彼女たちの生命力を振り絞るかのように発せられた歌声は、会場の全ての人の心に突き刺さり、彼女たちのパフォーマンスは観客を魅了した。

<BiS STiLL STONE AGE>(10月23日(土)/中野サンプラザホール)

ワンマンライブ<BiS STiLL STONE AGE>

日程:2021年10月23日(土)
会場:東京・中野サンプラザホール

1. LETS GO どうも
2. STUPiD
3. FOR ME
4. HiDE in SEW
5. I aint weak maybe..
6. DESTROY
7. COLD CAKE
8. BASKET BOX
9. LOVELY LOVELY
10. absolutely meeeeee
11. teacher teacher teacher
12. thousand crickets
13. テレフォン
14. FUCKiNG OUT
15. つよがりさん
16. I WANT TO DiE!!!!!
17. TOUCH ME
18. this is not a love song
19. BiS-どうやらゾンビのおでまし-
EN1.LOVE
EN2.CURTAiN CALL
EN3.CURTAiN CALL

カバーアルバム『BiS DiVE into ROCKS』初回生産限定盤

発売日:2021年12月1日(水)
CRCP-40630 ¥6500(税込)
CD+Blu-ray+ポストカード全10種ランダム3枚+イベント参加券

1.スモーキン・ビリー
2.MAGIC
3.赤いタンバリン
4.PMA(Positive Mental Attitude)
5.NUM-AMI-DABUTZ
6.BASIS
7.GOOD GIRL
8.浮き雲
9.Fantasista
10.Eric. W
11.IMAGINE?

【Blu-ray】
THE DOCUMENT of ARABAKI×BiS GiP! -GREAT iDOL PURiTANS-

カバーアルバム『BiS DiVE into ROCKS』通常盤

発売日:2021年12月1日(水)
CRCP-40631 ¥3300(税込)
CD+イベント参加券

1.スモーキン・ビリー
2.MAGIC
3.赤いタンバリン
4.PMA(Positive Mental Attitude)
5.NUM-AMI-DABUTZ
6.BASIS
7.GOOD GIRL
8.浮き雲
9.Fantasista
10.Eric. W
11.IMAGINE?

東名阪ツアー<NEW GENERATiON BiS TOUR>

2022年1月19日(水)東京・Zepp Tokyo
OPEN 17:30/START 18:30

2022年1月21日(金)大阪・なんばHatch
OPEN 17:30/START 18:30

2022年1月22日(土)愛知・Zepp Nagoya
OPEN 17:30/START 18:30

学生限定ライブ<BiSの学園天国>

2021年11月7日(日)仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
open14:30/start15:00

2021年11月14日(日)東京 代官山UNIT
open14:30/start15:00

2021年12月4日(土)大阪 FANJ twice
open14:30/start15:00

2021年12月5日(日)名古屋 RAD HALL
open14:30/start15:00

女性限定ライブ<BiSのKiSS ME ONLY THE GiRLS>

2021年11月7日(日)仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
open17:30/start18:00

2021年11月14日(日) 東京 代官山UNIT
open17:30/start18:00

2021年12月4日(土)大阪 FANJ twice
open17:30/start18:00

2021年12月5日(日)名古屋 RAD HALL
open17:30/start18:00

BiS×ZOCスプリットシングル「割礼GIRL/BEGGiNG」

発売日:2021年11月3日(水)

01. 割礼GIRL
02. BEGGiNG
03. family name
04. STUPiD

CD購入者特典
BiS×ZOCランダムチェキ(メンバー別ランダム10種)
※衣装は「割礼GIRL/BEGGiNG」衣装となります。

東名阪対バンツアー<BiS×ZOC presents We are BZ tour>

2021年11月18日(木)Zepp Tokyo
OPEN 17:30/START 18:30

2021年11月29日(月)Zepp OsakaBayside
OPEN 17:30/START 18:30

2021年11月30日(火)Zepp Nagoya
OPEN 17:30/START 18:30

■チケット料金
全席指定¥7000(税込)
※未就学児童入場不可
※すべて電子チケットとなります。

■チケット一般発売日
2021年10月30日(土)10:00〜
※1人2枚まで

■電子チケット発券開始日
2021年10月30日(土)10:00〜

■リセール受付開始日
2021年11月1日(月)

【関連記事】

おすすめの記事