Yahoo! JAPAN

10-FEET『START UP!!-ロックの春2021-』ライブレポートーー力強く優しい10-FEETの音楽が明日を生きる力に

SPICE

10-FEET 撮影=ハヤシマコ

コロナ禍において、2020年にいち早くツアーを発表し、『“シエラのように” TOUR 2020-2021』全44公演を完結させた10-FEET。どんな時もライブを大切に続けてきた3人が2日間の大トリを飾る。お馴染みのSEとともに登場するとタオルが掲げられ、「よっしゃ、いこかー!」とTAKUMA(Vo.Gt)が気合たっぷりに狼煙をあげた。

10-FEET

しかし「VIBES BY VIBES」の冒頭に突入するも、KOUICHI(Dr.Cho)がなかなかキメに入らない。「多い、多いて!」「ちゃんとやろう?」TAKUMAとNAOKI(Ba)が突っ込むくだりに、会場から拍手笑いが巻き起こる。「CD聴いてきた? 『4REST』という緑のジャケットのやつな?」(TAKUMA)「カッパのPVのやつな?」(NAOKI)「ずっと(イントロ)やってたらイベント終わってしまうから。やり直し!」そんな爆笑のやりとりで、みんなの心を解きほぐすツカミ技は、キャリアを重ねるごとに名人の域に達している。「上手に楽しめよ、お前ら!」(TAKUMA)と、やっと正式なイントロで曲がスタートすると、準備万端なオーディエンスは激しいジャンピングで応戦(もちろんスペースを守りながら)。

10-FEET

10-FEET

ライブを重ねるごとに骨太に進化を遂げている「ハローフィクサー」は、大きな波にのって転がっていくような重心の低いグルーヴが心地良い。切なくて温かい言葉とメロディが胸を打つ「シエラのように」も、半年に亘るツアーを経て深みが増している。力強い拳があがった「RIVER」では、レスポンスがない分、いつにも増して魂を絞りだすようなTAKUMAの歌唱が胸に響いた。

10-FEET

青い照明の中、演奏された最新曲「アオ」はらしさ全開のバラードだ。「ヒトリセカイ」では<明日にはこの世界はないかもしれないから 音楽に酔わせておくれ>と歌詞を変えたところで、グッと熱いものがこみあげてきた。NAOKIの鬼開脚がバッチリ決まると、2小節の「時間がないときのRIVER」(セルフカバー)もねじこんでくれた。

10-FEET

拍手の中、再度登場! 「めっちゃ急いだら、もう1曲いいらしいんで(笑)オチケン! goes on!」(TAKUMA)コールではじめたアンコール曲「goes on」に会場は歓喜! サービス精神MAXに盛り上げると、会場後方までステップ&ジャンプがひろがる光景は感動的だった。

10-FEET

いつも伝説のド真ん中に連れて行ってくれる3人。これからも音楽の未来と最高の時間を更新し続けて行くのだろう。今年の夏こそあの丘でまた会えますように!

10-FEET

取材・文=岡田あさみ 撮影=ハヤシマコ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 長濱ねる、ときめき衣装で魅せる!「クラシカルな雰囲気がある表紙のスタイリングがお気に入りでした」『bis』表紙登場

    Pop’n’Roll
  2. 2021年9月5日オープン reynard

    京都速報
  3. おうち飲みをもっと楽しく!カラフルで映える調理家電とビールに合うお料理3選

    オズモール
  4. 椎名ひかり、アイドル、コンカフェ、アパレルをプロデュースするプロジェクト始動!「希望と絶望に満ち溢れたたくさんのエントリー待っております」

    Pop’n’Roll
  5. ママたちに直撃!あなたの家のポテトサラダ、何が入っていますか?

    ママスタセレクト
  6. 【朝活】美味いお蕎麦を食べて朝からパワーチャージしちゃおう! ~imosen(いもせん)/ 青葉区一番町~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  7. ウォルマートの店内アナウンスで最悪の労働環境を訴えて辞めた女性 「声を上げることを恐れないで」(米)

    Techinsight
  8. 【私もまぜてニャー!】なでられている柴犬を見て火がついちゃった♡ 『構ってちゃん』な子猫にキュン♪

    PECO
  9. <育児に自信が持てない>保育園に預けてフルタイムで働くママたちは「勝ち組」?

    ママスタセレクト
  10. 川田裕美、産後さらに増したあんこ愛「あんこ缶を缶ごと食べるのが至福」

    Ameba News