Yahoo! JAPAN

「白髪を隠したいからあり」「若作りに見えるからなし」。40代女性の前髪事情とは?

ママスタセレクト

「今までのものに飽きた」「なんとなく気分を変えたくて」など、女性がヘアスタイルを変えたくなる理由はさまざまでしょう。失敗してしまう不安もゼロではないので、ちょっとした勇気も必要ですよね。とくに前髪はあるかないかで、その人の印象が大きく変わるパーツ。なかった人が前髪を作る、あった人が前髪を伸ばすのはなかなか勇気がいりそうです。

「子どものときから」「最近変えた」前髪がある人・ない人は、ほぼ同率

「40代の方へ」と世代を限定したトピックが、ママスタコミュニティにありました。投稿者さんは40代女性の前髪事情を知りたいようです。

『今度生まれてはじめてボブにしようと思っているのですが、前髪を作るかどうかで迷っています。もう数十年も前髪がなかったので、不安もあります。40代の方、前髪はありますか? ある方は厚めの前髪か、薄めで透けている感じの前髪かも教えてもらえるとうれしいです』


集まったコメントをざっと集計してみると、「あり」派がやや優勢ながらほぼ互角といったところ。街ゆく40代くらいの女性たちを見ていても、ある人もない人もどちらも見かける印象です。

まずは「ある」と回答してくれたコメントを見てみましょう。

『子どものときから、ずっとあり。今さら恥ずかしくて、おでこが出せない。おでこを出すのはパンツを脱ぐのと同じ感覚』


『ずっと前髪なしだったけど、前髪を厚めに作って斜めに流したら「あか抜けた」と言われた。自分でもいい感じだと思う。40代の薄め前髪は老ける可能性があるよ』


ずっと前髪ありの人から、最近作った人までさまざまです。
一方「なし」の人たちのコメントが、こちらです、

『もう20年くらい、ずーっと前髪なし。全体的な長さはロングだったりボブだったりするけれど、前髪があるとうっとうしくてイヤ』


『ずっと前髪ありだったけど、40歳を過ぎて前髪を伸ばしはじめたよ。私はないほうが年相応に感じられていい。自分だけで考えないで、美容師さんと相談しながら決めたらいいと思うよ。顔立ちや生え方のクセで、前髪ありがいい人となしがいい人がいると思う』


前髪を変えたことで、また違う自分の魅力を発見できるかもしれませんね。

年齢を重ねたことで見つけた、自分なりの前髪スタイル


前髪「あり」にも「なし」にも、それぞれなりの理由があります。
自分に似合うから

『前髪がないのが似合わないから、若いころからずっと前髪あり。 重めなほう』


『前髪がないこともあったけど、私にはあるほうが似合うしアレンジもしやすい』


これまでさまざまなヘアスタイルを試してみたことで見つけた、自分に似合うスタイルのようです。
髪質に合わせて

『やや薄めの前髪あり。ショートボブで髪の量が多いので、前髪まで重めにすると暑苦しい感じになるから』


『前髪の生え方に変なクセがあってきれいにわかれないから、ずっと前髪あり。以前は眉のところでカットしてもらっていたけど、最近は眉下にしてもらっている。厚さは重めでも薄めでもなく、普通』


こちらもそうですね。微妙なところにまでこだわりがあるようです。
快適だから

『以前に前髪を作ったときにおでこがめちゃくちゃ暑かったから、今はなし。前髪なしのボブもかわいいよ』


『毎朝ヘアアイロンをしているから、前髪なし。あると面倒臭いから、作るのをやめた』


『前髪はない。髪が当たるとかゆいし気になるから、アゴくらいまで伸ばしている。あとは、微妙に癖毛という理由もある』


快適さを理由に挙げたのは、圧倒的に「前髪なし」派です。少なくとも前髪のセットという手間はかかりませんね。

40代ならではの複雑な事情も。どちらを選ぶかが迷いどころ

その他にも多かったのが「欠点を隠すため」というコメントです。40代ということもあり、若いころには気にしていなかったあれやこれやの悩みが出てくるよう。

『おでこがシワシワなのを隠すため、重めの前髪です』


『前髪あります。一度なくしたけど、ロングから短くしたときに作りました。そのほうが白髪も目立ちにくいと言われたので。白髪が前の生え際に多いタイプです』


『40代ならまだおでこのシワもないだろうし、前髪なしがいいかも。白髪がちらほら出てきたら、前髪ありのほうがいいような』


たしかに前髪がないと、おでこがひときわ目立つもの。さらに他人の視線を集める顔の前面に長い白髪があると、こちらも目立ちますね。欠点を隠したいのなら、前髪はあったほうがよさそうです。

ただ逆に40代だからこそ、前髪なしをすすめる声もあります。

『ここ4年くらい、前髪なしにしている。前髪を作ると無理に若作りしている感が出て、私はイヤだな。薄い前髪はやめたほうがいいよ。おばさんになると前髪にハリやコシがなくなって、ぺちゃんこになるから』


『10代のころは前髪があったけどニキビの原因になると思い、ずっと前髪なしのまま40代になったよ。前髪があったほうが若々しく見えるらしいけど、下手したら若作りに見えると思って作っていない』


前髪があったほうが若く見えそうなだけに、無理して若作りしている”痛さ”があるという意見です。とくに薄い前髪(シースルーバング)は、その危険性が高いというコメントも。

『40代で薄めの透けている前髪は単なる薄毛に見えるから、なし。あれは若くてかわいい子限定』


これらのあらゆる可能性を考えたうえで、投稿者さんはどんな前髪を選ぶのでしょう? ボブにするのも生まれてはじめてとのことですが、まずは前髪なしを試してみてもよさそうです。慣れたところで薄め前髪、厚め前髪と段階的にトライしてみてはいかがでしょう?

シースルーバングは「若くないと似合わない」というアドバイスもありましたが、投稿者さん自身が実際にやってみないことにはわかりません。本当に似合わなければさらにカットして厚め前髪にもできますし、なんといっても人生で一番若いのは「今」。せっかく挑戦してみようと思う気持ちがあるのですから、たくさんの可能性を試してみてほしいところです。「失敗した!」と思っても大丈夫、前髪はすぐに伸びますから!

文・鈴木麻子 編集・しのむ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS