Yahoo! JAPAN

ボートタコ釣りで3kg超え頭に船中50匹前後 エサ巻きエギが吉【兵庫】

TSURINEWS

アベレージサイズのマダコと釣友(提供:TSURINEWSライター兵頭良弘)

明石ブランドのマダコを狙い、釣友のプレジャーボートで釣行した。大型のバラシもあったが、キロ弱を頭にツ抜け達成となった当日の釣りをリポートしたい。

二見沖でマダコ釣り

兵庫・明石沖の超人気ターゲット「マダコ」釣りが熱い。激流で育った明石沖のマダコは身が分厚く味も美味、その品質はブランド物としても有名で、平日でもこのタコ釣りをメインとしている遊漁船は常に釣り客で満杯になるほどだ。

そんな人気の明石ダコを、プレジャーボートを利用して狙おうと7月6日に釣行してきた。当日は二見ボートパークに係留してある釣友の宗和さんが所有するボートで、私の他3人の釣友とともに午前5時過ぎに同沖へ出船。まずは10分ほどで最初のポイント、水深が約10m前後、底はカケアガリとなった大型級の狙える実績場に入った。

浅場でエギタコ釣りスタート

この日の天候は曇天。早速、宗和さんの「やりましょうか」の合図でタコエギ2個付け、オモリ40号の仕掛けをサオ下に投入。そして、オモリがボトムに着底するとすぐにイトふけを巻き取り、オモリを動かさないようエギを上下に揺らしてマダコを誘う。

しかし、最初のポイントでは全員がノーヒット。「なかなか今日は状況が厳しいですよ」と二見沖を知り尽くした宗和さん。「次のポイントへ移動しましょう」と10分ほどさらに沖に向かってエンジンを加速。2箇所目に入ったポイントは水深が約30m前後、底には甲殻類が多い深場だった。

深場に移動し1kg弱ゲット

「潮が1.2kt。ちょっと速いですよ」と宗和さん。そこでオモリを50号にチェンジして仕掛けを底まで落とした。そしてエギを揺らしてやると、早速私のサオ先にタコの重量感がグーンと乗ってきた。「これはタコでしょう」テンションを抜かずに必死でリールを巻くと、1kg弱のマダコが水面を割る。

トモの左舷でサオを出していた小野さんにもすぐにアタリが。「きたきたー」と大きくアワセを入れてリールを巻き始めた小野さんだったが、「これはちょつと大きいわ」と楽しそう。サオが大きく胴からしなり、ラインを巻き取る手にもかなりの力が入っている。

なかなか浮いてこない魚影に全員の視線が集まり、一進一退の攻防が数分間続いたところで、ようやく海面に浮き上がってきたのは、人の頭を超える超ビッグサイズのマダコ。どうにかこうにかタモですくって取り込んだ。重さを量ってみると、何と3kgを越える超ド級の大きさだった。

釣友に3kg超がヒット(提供:TSURINEWSライター兵頭良弘)

エサ巻きエギで拾い釣り

小野さんに「どんな仕掛けで来ましたか」と聞くと、エギにはサンマの切り身を巻いて、底を引きずるように誘ってのアタリだったとのこと。そこで私も持参していたブタの脂をエギに巻き付け、上からノリノリタコライダーをスプレーして底をはわせてやる。

使用したタコ寄せスプレー(提供:TSURINEWSライター兵頭良弘)

仕掛けをチェンジすると、直後にリールが巻けないほどの重量感で大型らしきタコのアタリをもらった。しかし、残りの水深が約10mまで巻き上げたところで痛恨のバラシ。その後は300~500g級をポツリポツリと拾い続け、どうにかこうにかツ抜けの釣果をゲットした。

最終釣果

一方、週に1度はタコ釣りに船を出す宗和さんは1kgまでを15匹、小野さんも3kg超えを含む良型交じり15匹と、200g以下はリリースして全員で50匹近いタコを釣り上げ、午前11時にアタリが遠のいたところで納竿とした。

タコ釣りの面白さは何と言ってもヒットパターンを見つけ出して行くゲーム性の高さにある。そしてタコを掛けた時のガツーンと大きくサオをあおる豪快なアワセ。これを1度体験すれば病みつきになってしまうこと間違いなしだ。

タコは今が一番の盛期、タコ釣りに興味のある方はこのタイミングで、ぜひ一度チャレンジしてみてほしい。きっとはまりますよ。

釣友とアベレージサイズのマダコ(提供:TSURINEWSライター兵頭良弘)

<兵頭良弘/TSURINEWSライター>

The postボートタコ釣りで3kg超え頭に船中50匹前後 エサ巻きエギが吉【兵庫】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事