Yahoo! JAPAN

上原さくら、弟に娘を預けるも心配になり電話「なかなか帰ってこない」

Ameba

タレントの上原さくらが10日に自身のアメブロを更新。弟に娘を預けるも心配になって電話をした日の出来事を明かした。

この日、上原は娘について「弟が近所の公園に連れて行ってくれました」と報告し、公園の遊具に乗る娘の姿を公開。一方で「なかなか帰ってこないので、少し心配になって」と述べ、弟に電話をしたところ「そろそろ帰ろうか~って言って手を引いたら、イヤ~ って泣いちゃうから帰れない」と説明されたことを明かした。

続けて「弟は私と違って根っから優しい」と性格を明かし「小さな子供の面倒を見るのは娘が初めてなので、多少の強引さが必要な時も、そうは出来ない」とコメント。その後、弟へ「帰ってご飯食べよ~って言っても無理なら、嫌がっても抱っこして帰って来てくれる?」と伝えたといい「しばらくすると、弟に抱っこされた半ベソの娘が帰ってきました」と報告した。

また、弟から「公園出る時、誘拐犯だと思われちゃいそうなくらい泣かれたよ」と言われたことを明かしつつ「娘のご飯を作っておいたので、遊んでお腹がペコペコに空いた娘はすぐにテーブルの上に並んだ好物を見て気を取り直していました」と帰宅後の娘の様子を説明した。

最後に「私が作ったいつものブリ照りと母が作ったお味噌汁やポテトサラダや煮物をモリモリ食べ、デザートにいちごも貰って」と娘の食欲旺盛な様子を明かし、母親から「少食の大人くらい食べるわね !!と言われていました。笑」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事