Yahoo! JAPAN

"アイアンマン"が贈る『ペリー・メイスン』推薦コメント到着!

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

BS10 スターチャンネルにて10月27日(火)23:00より放送開始、25日(日)には第1話先行無料放送となるクライム・ノワールドラマ『ペリー・メイスン』。E・S・ガードナーによる推理小説をベースに、ロバート・ダウニー・Jr.(『アベンジャーズ』『アイアンマン』)と米HBOが往年の人気ドラマ『弁護士ペリー・メイスン』の主人公の知られざる過去を描く本作の放送開始に合わせて、映画評論家やジャーナリストのコメントが到着した。

ロバートと妻でプロデューサーのスーザン・ダウニーが10年ほど温めていたこのプロジェクトは、ダウニー夫妻がインタビュー動画で述べているように当初は映画化の予定だったが、映画では伝えきれないくらい奥深い世界だったことからドラマ化されることに。『L.A.コンフィデンシャル』でも描かれたように、検察や警察など市当局が腐敗していた1930年初頭のロサンゼルスを舞台に、まだ法廷に立ったこともないメイスンが正義のために立ち向かう。


1931年ロサンゼルス。世界中が大恐慌に苦しむ一方、石油産業と映画産業が隆盛を極めていたこの街で、残忍な乳児誘拐殺人事件が起きる。従軍経験でトラウマを負い、私立探偵としてその日暮らしを送るペリー・メイスンの元に、旧知のベテラン弁護士から事件の調査依頼が舞い込む。腐敗した警察組織や謎の新興宗教団体などが絡み合う事件の真相を、メイスンは鋭い洞察力で暴いていくが...。

ペリー・メイスンといえば、かつて名優レイモンド・バーが演じたような敏腕弁護士として知られるが、今回の若いメイスンはその日の生計を立てるだけで精一杯というギリギリの生活を送るバツイチの私立探偵。第一次大戦のトラウマや、離婚で離れ離れになった息子との関係など、これまで描かれることのなかった人となりや弁護士になった経緯といった起源が紐解かれる。

メイスンのほかにも、事務所の女性秘書デラ、私立探偵ポール・ドレイクなど、オリジナルでおなじみの面々が新たな解釈も加えられつつ登場しているので、そちらもお見逃しなく。もちろん、本家を知らない人も見応え十分の内容だ。

キャストは、『ジ・アメリカンズ』のマシュー・リス、『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』のタチアナ・マズラニー、『ザ・クラウン』のジョン・リスゴーなど。

HBOでの初回放送の合計視聴者数が170万人と、『ウォッチメン』(150万人)、『アウトサイダー』(120万人)を超え、同局の過去2年で最多の視聴者数を記録した。そんな本作に寄せられた批評家からのコメントは以下の通り。

■宇野維正(映画ジャーナリスト)
完璧に再現された1930年代のLA、そのダークサイドに迷い込む私立探偵時代のペリー・メイスン。画面に映るものすべてが最高に映画的で最高にスリリング。『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ボードウォーク・エンパイア』でお馴染み、ティモシー・ヴァン・パタンの演出が冴えわたる。

■北尾 トロ(ライター・「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」著者)
法廷ドラマの原点『ペリー・メイスン』が時を遡って復活。幼児誘拐殺人事件の裁判があぶり出す人種差別、男女差別、新興宗教......。思いがけない判決が下るラストまで、僕は画面前の"特別傍聴席"に釘付けになった!

■清水久美子(海外ドラマ・映画・音楽 ライター)
うらぶれた探偵ペリー・メイスンが有能な弁護士として覚醒するのを目撃する時、鳥肌が立つほどの喜びを感じ、彼の活躍から目が離せなくなる。1930年代の話だが、何もかもが新鮮で、続きが見たくてたまらない!

■松崎健夫(映画評論家)
1930年代には「戦後であり戦前でもある」という不穏さが漂う。その社会不安が反映された"ハードボイルド"が生まれたのもこの時代。汚職を容認する傾向や強い言葉に惹かれる人々の姿。それらに抗う若きメイスン像は現代の我々に警鐘を鳴らす。

■森直人(映画評論家)
驚いた。1930年代初頭L.A.の世相や映画界、歴史の層をがっつり踏まえた本格ノワール。『弁護士ペリー・メイスン』の世界像がこんなに深く広がるとは。主演のマシュー・リスには、紛れもなくロバート・ダウニー・Jr.の魂が濃厚に宿っている!

『ペリー・メイスン』(全8話)放送・配信情報

<放送>
BS10 スターチャンネルにて10月27日(火)よりスタート
[字]10月27日(火)より毎週火曜23:00~ ほか ※10月25日(日)第1話無料放送
[吹]11月4日(水)より毎週水曜22:00~ ほか ※11月4日(水)第1話無料放送
<配信>
Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX-DRAMA & CLASSICS-」にて日本独占配信中

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ペリー・メイスン』
© 2020 Home Box Office Inc. All Rights Reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office Inc. All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. NMB48[配信レポート]吉田朱里のアイデアで実現した歌番組 『MY PLAYLIST 7』配信スタート! 白間「あかりんが作ってくれた道は大きいです。私も最後の1期生として頑張りたい」

    Pop’n’Roll
  2. 生後4か月の子犬、新しいベッドがお気に入り(動画)

    らばQ
  3. AKB48[イベントレポート]初のe運動会で深めた揺るぎなき絆「AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい」

    Pop’n’Roll
  4. おうちカフェのすすめ①仙台で豆を買うならここ!その1

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. SKE48、松井珠理奈卒業シングルのタイトル&発売日発表! 表題曲には全員参加「最後なのでみんなで歌いたい」

    Pop’n’Roll
  6. 10万本売れた!全国の名産をつかった「お取り寄せできるご当地調味料」

    anna(アンナ)
  7. 演説大会 日本の歩む道は 11月28日 杜のホールはしもと〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  8. 秋の叙勲 相模原市内から7人が受章〈相模原市緑区〉

    タウンニュース
  9. 県赤十字血液センター 子連れ献血 サポート開始  ルフロンで見守りサービス〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

    タウンニュース
  10. ジャズでクリスマス 12月にチェチリア工房で〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース