Yahoo! JAPAN

橋田壽賀子さんの言葉から紐解く!結婚しても円満でいる“秘訣”は「男性を育てる」こと

ウレぴあ総研

今年の4月にシナリオライターの橋田寿賀子さんが他界しました。

ドラマ好きなら誰もが知っている、アジアでも大ヒットした『おしん』(NHK)や『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)など数多くの話題作を手掛けた脚本家です。

筆者は橋田さんのドラマはどちらかといえばあまり興味がなかったのですが、亡くなってからの追悼番組で、橋田さんのテーマは一貫して戦争と女性の生き方であることを知りました。

橋田さんの数々の発言には、はっとするような発見があり心に浸透する深い含蓄が満ちていて、男女の機微に精通していたこともうかがわれたのです。

その中で恋愛や婚活に関心のある女性達に特に伝えたい名言があります。それは「女性が男性を育てるのが夫婦円満の秘訣」というものです。

橋田壽賀子さんが提唱する「男性を育てる秘訣」とは?

「女が男を育てると、結婚生活はうまくいくの。だから結婚してやったのだから、という奢った気持ちでは、男は育てられないわ」

そう橋田壽賀子さんは語っています。

男性を育てるということに多くの男性女性から反発されそうですが、離婚した男女の発言から「女性が男性を育てる」ことの重要さが浮き彫りにされます。

そこで事例を交えながら、「男性を育てる」とは具体的にどういうことなのか、さらにその「秘訣」をご紹介します。

夫婦になった途端、うまくいかない理由とは?

40代アラフォー男性の佐藤和樹さん(仮名・43歳)はIT企業に勤務の優秀な男性。28歳で同年代の女性と結婚しましたが、3年後に離婚。

結婚して2年を過ぎたころから、妻とほとんど話をしなくなり、遂に妻が「価値観が合わないから」と一方的に離婚を切り出したそうです。

「互いにリセットしたほうがいいと判断して別れたが、今でも別れた理由がわからない。」、「結婚前はあんなに楽しかったのに、どうして?」と頭を抱える佐藤さん。

再婚願望があるものの、結婚が失敗した原因がわからないため、再婚の婚活に弾みがつかないと寂しそうです。

また、30代後半のアラフォーで会社員の珠美さん(仮名・38歳)も33歳で離婚。

再婚婚活を開始するものの、「次の結婚では失敗できない」と焦りを感じているそうです。

「結婚前、元夫はとても優しかった。でも結婚してから、甘えてばかりで家事をあまり手伝ってくれない。すれ違いが多くて、ある時口げんかしたら夫が手を挙げたので、DV夫から逃げて実家へ。夫が謝罪したので戻ったものの、それからぎくしゃくしてしまって。結局別れました」

離婚した佐藤さんと珠美さんに共通なのは、「結婚前は楽しい、相手が優しい」、そして「結婚してから相手が変わったから別れた」です。

このように結婚前と結婚後に変わってしまったと嘆くカップルは多いですが、相手が変わってしまったのではなく、相手の本当の姿を見てしまったから、期待を裏切られた気持ちになるのです。

恋愛の最中は、男性も女性も相手に愛されようとするあまり、“ええかっこしい”なことが多いですが、結婚すると素のままの自分を見せることになるので、「こんなはずではなかった」と幻滅したり、されたりします。

結婚前から相手の長所も短所もわかっているカップルは夫婦になっても円満に過ごせる傾向がありますが、「期待が裏切られた」という最初の躓きが尾を引いてしまうと、関係が悪化し、遂に離婚というケースが多々あります。

相手に期待したいことは理解できますが、それよりも橋田さんが提案するように「結婚したら男性を育てる」という考えに切り替えたほうが夫婦関係がうまくいきます。

また婚活中も“育てやすい男性”という観点で接すれば、嬉しい発見があるかもしれません。

男女の関係で大切なのは“女性主導”のコミュニケーション

男性は女性に「育ててもらいたい生き物」

これまで20代から70代までと年下とも年上とも付き合った筆者が理解したことは、どんな男性も同じように子どもだということです。

男性はプライドや見栄にとらわれやすいので、女性に無条件で受け入れてもらいたいのです。

男性は潜在的に女性に育てられたいという願望を持っています。というのは、女性に「いい男として育てられた男性」が多いからです。

ダンディな男性が素敵なのは、妻や過去の女性、女友達などから立派に育てられてきたおかげです。中には「娘に学ぶことがある」という謙虚な大人の男性もいます。

男性と向き合うときは積極的に女性主導で

さらに橋田さんは夫婦円満の秘訣で、重要なことをこう教えています。

「夫婦間で何か事が起こったら、『あなた、ちょっとここに座ってください』とまず目の前に座ってもらいます。向き合って話すことが大事なんです」

このように、夫婦のコミュニケーションを積極的にとっていくのも女性主導でと、橋田さんはすすめます。

前述したように、話し合いがないまま離婚してしまい、そのため「なぜ離婚したのか?」という理由を知らないせいで、再婚になかなか踏み出せない男女が非常に多くなっています。

そうにならないためにも、「話すこと」「話し合いをすること」がとても大事。

また男性は女性と向き合うことを避けようとする傾向があるので、女性主導の「向き合うコミュニケーション」を推進することによって、夫婦の円満もはかれるのです。

男性を育てられるのは、男性が愛する妻や恋人、人生の先輩など、男性にとって特別な存在の限定された人だけ。かけがえのない女性なのです。

画家のマリー・ローランサンの『鎮静剤』という詩の最後に、「死んだ女よりもっと哀れなのは忘れられた女です」とありますが、男性が忘れない人になれる女性とは、男性を育てあげたかけがえのない女性と言い換えてもいいでしょう。

(mimot.(ミモット)/夏目 かをる)

【関連記事】

おすすめの記事