Yahoo! JAPAN

あゆみくりかまき[インタビュー]再びファンとひとつになるクリスマスワンマンへの誓い「飾らずにさらけ出して、丸裸で飛び込みます」

Pop’n’Roll

あゆみくりかまき[インタビュー]再びファンとひとつになるクリスマスワンマンへの誓い「飾らずにさらけ出して、丸裸で飛び込みます」

あゆみくりかまきが、2020年12月6日(日)に東京・日本橋三井ホールにてクリスマスライブ<あゆみクリパまき2020>を開催する。通常のライブステージをはじめ、アコースティックセットやトークショー、コントコーナーなどの特別企画を取り入れ、毎年その名のとおりクリスマスパーティ感のあるバラエティに富んだ内容となっている<あゆみクリパまき>。今回は政府のガイドラインに基づいた上で有観客での実施となり、今年、直接対面する機会が少なかったメンバーとファンにとって貴重なライブとなる。そんな同公演において、あゆくまの3人はパフォーマンスを通じて、どんな“クリスマスプレゼント”をファンに届けようとしているのか? <あゆみクリパまき2020>への想いを訊いた。

取材・文:竹内伸一

(まきの)女優っぷりに感動しました(笑) ―あゆみ―

――今年最後のワンマンライブ<あゆみクリパまき2020>が目前に迫ってきました。今日はそのお話を伺いたいのですが、その前に、前回の生配信ライブ<不思議の国のアユクマ>の感想を聞かせてください。ミュージカルに初挑戦となりましたが、いかがでしたか?

まき:
私たちも初めてのミュージカルだったので、どんな風になるのかな、どっちかというと、お笑い要素が多くなるのかなって思っていたんです。でも、アーカイブを見直したら、ちゃんと物語になっていて。私たちもちゃんと物語に入り込めていたと思うし、自分で観ていて、なんだか別人みたいでした(笑)。普段の自分じゃなくて別人やなあってすっごく感じました。

――ちゃんと役になり切れていたんですね。

まき:
100点満点だったと思います! 自分で言っちゃいますけど(笑)。スタッフのみなさんと一生懸命に作り上げていったものなので、自然と感情が入ったんだと思いますね。

くりか:
“始まる前はセリフを噛んだらどうしよう”って、まずそれがすごく不安で。それで“命がけでやります!”くらいの勢いで取り組んでいたんですけど、やってみたら意外と……もちろん、すっごく緊張もしたんですけど、最終的にはすっごく楽しめて、ホントにあっという間でした。体感速度が速かった! そういう風に感じたってことは、本当に楽しめたんだなって思います。

あゆみ:
私は、ちょっと違って……いつもだったら、MCとかで間が取れたりするんですけど、あの日は映像とリンクする演出があったりして、自分たちのペースではできなくて。それでちょっとパニックになってしまった部分もあったんです。全力で楽しむことができなかったので、それが悔しかったです。

――確かに、かめはめ波を出す場面など、本当に手から波動が出ているみたいで、映像と合わせるのが大変だったんだろうなと思いました。

まき:
当日、リハで細かく調整して。立ち位置とかどのくらい屈んだらいいのかとか。そこはかなり念入りにやりましたね。

――そういった段取りが多かったことで、あゆみさんはちょっとライブに入り込めない感覚があったんですね。

あゆみ:
うーん、やっぱり間なんだと思います。いつもの自分たちの間ではなかったので。それと、いつもなら緊張していても、MCで何気ない会話をすることで、緊張がほぐれたりするんです。でも役を演じているので、あの時は全部セリフだったんです(苦笑)。“いつもは2人に緊張をほぐしてもらってんねんな”って改めて感じました。あ、あと、リハの時、まっちゃんの演技に笑ってしまったんですよ。でも本番では、“マジですげえ!”って思いました。

――まきさんの女優っぷりがすごかった?

あゆみ:
はい、女優っぷりに感動しました(笑)。

まき:
もう、こんなところで褒めなくても(笑)。

あゆみ:
リハの時は目がギンギンだったのに(笑)。

まき:
そうそう。“もうちょっと抑えて演って”って言われました(笑)。

――最後はアコースティックセットで、感動的な締めくくりになっていましたけど、<あゆみクリパまき2020>でもアコースティックはやるんですか?

まき:
今回もやります。もともとアコースティックセットは<あゆみクリパまき>から始まったんですよ。

――現時点ではどんなワンマンライブになりそうですか?

まき:
今年はコントをやったりミュージカルをやったり、いろいろ挑戦したんですけど、年内最後のワンマンライブは、“これがあゆみくりかまきだ!”というライブを見せたいです。だから、今回はコントやミュージカルといった要素はなしにして、ライブで満足してもらいたい。そう思ってもらえるようなライブにしたいですね。ただ、逆に、私たちがその感覚を取り戻すのが難しくて。ライブだけのワンマンが久々なので。本番さながらにリハをやったら、“この感覚、久々やな”って思いました。今、頑張ってリハをやって、感覚を取り戻しているところですね。MCも、家で時間を計りながら練習していますよ。

――MCって、時間を計って練習するものなんですね。

まき:
MCで押しちゃうと、ダラダラしているように見えちゃって、そのブロックに締まりがなくなってしまうんですよ。そういう経験があるので、体内時計にMCの感覚を入れ込むというか、リハから時間を計ってやっています。

くりか:
がっつりライブをやるんですけど、“クリパ”なので、クリスマス要素も満載なんです。そういう特別感もあるライブになると思います。でも、“THEあゆくま”っていうものを見せたい……あゆくまの本気を見てもらいたいです。

あゆみ:
歌で、曲で、“ド直球”にライブをやるんですけど、あゆくまとまたぎ(あゆみくりかまきのファンの総称)で作り上げる空間というのが、私たちのライブのよさだと思うので、今年最後のワンマンライブで最高の空間を作り上げて、今年を終えたいなと思います。

あゆみ

お客さんとのコミュニケーションは“レジごっこ”で学んだんだ ―まき―

――原点回帰でしっかりライブを見せつつ、「みんなの歌声募集」という企画も実施します。

まき:
これは夏の配信ライブで1度やったんですよ。ただ、有観客でやるのは初めて。最初は、やる予定ではなかったんですけど、群馬への遠征中に、ワンマンについてみんなでいろいろ話をしていて、どうしても来られない人もいるし、そういう人ともちょっとでも一緒にライブをしている気持ちになりたいなと思って。それで“「みんなの歌声」またできませんかね?”ってスタッフに聞いたら、“できるよ”ってことで、すぐに募集をかけました。

――今回だけの特別な企画もありますか?

まき:
クリスマスパーティにちなんだ企画を用意しています。楽しみにしていてほしいです!

――話題が少しズレるのですが、クリスマスの楽しみといえば、みなさん、想い出に残っているプレゼントはありますか?

まき:
う~ん……あ、レジスター! 私、レジが大好きで、将来の夢はスーパーのレジ打ちだったんですよ。ホームセンターに1万円くらいで売ってたんですよ、“ピッ!”(バーコードリーダー)は付いてないタイプでしたけど。それがどうしても欲しくて。ずっと“大人になったらあれを買おう”って思っていたんです(笑)。そうしたら、クリスマスにサンタさんからおもちゃのレジが届いて! めちゃめちゃ嬉しくて。“ピッ!”ってやると、ちゃんと値段が出るんですよ!

くりか:
すご~い!

まき:
嬉しくて、そのレジでずっと遊んでいました。レジごっこ(笑)。きっと、アイドルになりたいというのは、そこから来てると思います。

――アイドルになりたいと思うようになったのは、レジ打ちに関係している?

まき:
人とのコミュニケーション、会話のキャッチボールが好きですし、人を笑顔にしたいと思いますし……レジ打ちも、お客さんとのコミュニケーションが大事だし、笑顔で買い物してほしいじゃないですか! そういうことを“レジごっこ”で学んだんだと思います(笑)。

――なるほど。くりかさんは、想い出に残っているプレゼントはありますか?

くりか:
すごく想い出に残っているのが3つあるんです。1つ目は自転車。サンタさんが自転車をくれました(笑)。2つ目が、編み物ができるおもちゃ。ぐるぐる巻いてたら編めちゃうみたいな(笑)。それをもらって、すごく編み物にハマりました。3つ目が犬のおもちゃ。お手とかできるんですよ。aiboではないんですけど……aiboよりも前のヤツというか。aiboよりも動きが硬かったです(笑)。でも、すごく可愛くて、我が子のようにずっと抱っこして。それでずっと遊んでいました。

――それって今も残っていたりしますか?

くりか:
今はどうやろ? 実家にあるのかなあ、最近見ていないので、どこかに仕舞われていると思います(笑)。

――あゆみさんはいかがですか?

あゆみ:
私はめっちゃでっかいクマのぬいぐるみ。すごくびっくりしました。

――どのくらいの大きさだったんですか?

あゆみ:
くーちゃんくらい。

くりか:
すごい! 150cmですね。

まき:
148!

――サバよみましたね(笑)。

くりか:
はははは(爆笑)。

まき:
その2cmは大きいよ(笑)。

――いずれにせよ、すごく大きなぬいぐるみですね。

あゆみ:
のちのち聞いたら、何かの抽選で当たったものだったらしいです(笑)。実はクリスマスって、お父さんの誕生日なんです。なので、ウチでは、子どもたちがプレゼントをもらうというよりも、お父さんにプレゼントする日なんです。でも、1度だけそのぬいぐるみが枕元に置いてあって。“サンタさん、飛ばし飛ばしで来るんやな”って思いました(笑)。でも、めちゃくちゃ喜んだのを覚えています。嬉しかったです。

まき

気持ちを全部伝えたいなと思います ―くりか―

――ライブの話に戻りますが、歌声企画で「ぼくらのうた」が課題曲になったのはなぜですか?

まき:
「ぼくらのうた」というタイトル通り、あゆくまだけじゃなくて、またぎとの歌だと思っているので、この企画にはぴったりだと思うんですよね。前回も「ぼくらのうた」だったので、今回はどうしようかって思ったんですが、やっぱり「ぼくらのうた」しか考えられなくて。

――またぎのみなさんが送ってくれた音源が、会場で流れるんですよね?

まき:
そうです。みなさんの歌声を1つにまとめてもらって。またぎも、自分たちの声が入った「ぼくらのうた」を直接聴くのは初めて……配信ライブで聴いてはいますけど。私たちと一緒に感動が味わえるんじゃないかと思います。

――みなさんのいろいろな想いが込められたライブになりますね。

まき:
1年の締めくくりのライブにしたいと思っているんで、伝えたい想いはたくさんあります。それもあって、今回、MCがすごく多いんです。大事な曲を歌うところではMCもやっぱり大事なので、自分としっかり向き合って、メンバーとも向き合って、あゆみくりかまきとして気持ちを伝えたい。今はその気持ちを、自分の中でどうまとめようかって考えている最中ですね。

――時間をしっかり計ってMCの練習しているのは、回数も多いし、伝えたい想いもたくさんあるからでもあるんですね。

まき:
今年はコントをやったりミュージカルをやったりして、ライブで自分の気持ちを伝えることがあんまりできなかったんですよ。この1年で、状況が大きく変わったり、大変なことがたくさんあった中で会いに来てくれるまたぎに対して、また、来たくても来れないまたぎに対して、伝えたい想いがたくさんあるんです。それをどう言葉にするのかが大事になってくる。だから、今、すっごく考えてます。ただ、ありのままのあゆくまを体感できるライブにはしたいと思ってて。だから、飾らずにさらけ出して、丸裸で飛び込むので、またぎも、声も出せないし、いつもとは勝手が違うと思うけど、そんなものは取っ払ってしまえるように、最初からぶちかましていきたいです。

――くりかさん、あゆみさんも自分の想いを伝える場面があるんですよね?

くりか:
そうですね。今は、何を伝えようか考えつつ、でも当日に思うことが1番大事だと思うので、考え過ぎないようにしつつ……そんな感じです。1番伝えたいことが、当日、頭の中に出てくるはずなんで、それをウマく言葉にできれば。いつも、あとから後悔するんですよ。こういう風に伝えればよかったって。その日の夜に感情があふれてきて、これを伝えたかったっていうのが出てくるんですよね。だから、伝えたいと思っていることをしっかりまとめておいて、さらにその時の気持ちもしっかり伝えられるように……気持ちを全部伝えたいなと思います。

あゆみ:
私は、言葉で伝えるのがすごく苦手なので、歌で自分の気持ちを伝えたいです。言葉は、その時に思ったことを大切にして、それを伝えたいと思っています。

――今、伝えたい気持ちがよく表れている、今のあゆみさんの感情に1番近いと思う曲は何ですか?

あゆみ:
なんやろ……やっぱり「ぼくらのうた」かな。ホンマに、こういう状況で1つになれるのか……「ぼくらのうた」には“僕らは本当にひとつになれるのか”っていう歌詞があるんです。そこは私が歌っているんですけど、歌うたびに胸が苦しくなってて。今は、またぎの前でこのパートを歌う自分が想像できないくらい。きっと今まで以上に胸が苦しくなるんじゃないかと思うんです。でも、みんなの声を乗せて「ぼくらのうた」を歌えるので……。

――胸が苦しくなってしまうほど、想いを込めて一緒に歌いたいと。

あゆみ:
はい、1つになれると信じて歌いたいと思っています。

くりか

私たちがバンドを引っ張っていきたい ―あゆみ―

――今回はお客さんを入れてのライブとなりますが、またぎのみなさんがいるからこそやりたいと思っていることはありますか?

まき:
配信ライブの時と、有観客ライブでは振り付けを変えていますね。配信ライブって、テレビで音楽番組を観ているような感覚だなって思うので、熱く歌っていても伝わり切らないような気がするんです。だから、パフォーマンスの精度を上げていかないと。振り付けも“合わせるところはきちんと合わせないとね”っていう話を3人でしたんです。でも、有観客では、気持ちが大事。もちろん、しっかり合わせないとダメなんですけど、フリーのところだったら熱く歌いたい。“そういう場面では、振りなしで歌ってもいいと思う”って、2人には言っているんです。そこは、お客さんがいるからこそ変わるライブのよい部分だと思いますね。ステージに出たら、3人ともそうだと思うんですけど、アドレナリンが出ちゃうんですよね。だから配信ライブの時こそ、気をつけないといけないんです。私たち、気持ちが出過ぎちゃうんで。それだと画面を通すとちょっと違って伝わる気がするんですよ。でも、今回はまたぎがいるので、思い切りバチコンかまそうと思ってます(笑)。

くりか:
配信ライブでは、“気をつけなくちゃ”って考えちゃう部分もありますね。それはライブ中でも気づくことがありました。でも、あゆくまの1番いいところというか、よいライブになる時って、“考えるな、感じろ”っていう精神状態の時なんで、またぎから感じたものを、何も考えずに表現できれば……なんていうか、本来のあゆくまに戻るってことなのかも。

あゆみ:
コロナの感染が拡大してからのライブって、その時にしかできないライブを全力でやってきたつもりなんです。いろいろ新しいことにも挑戦したけど、私たちのいいところって、やっぱり“ド直球”のライブだと思うんです。今年最後のワンマンライブなので、私たちのド直球を見せたい。それが今回の1番のテーマなので、かましてやろうって思います(笑)。

――熱い想いが伝わるライブを期待しています! さて、年内にはもう1つトピックがありますよね。年末の<COUNTDOWN JAPAN 20/21>に、バンドセットで出演します。

まき:
Kubotyさん率いるメンバーでやります。本当なら5月のワンマンライブでやる予定だったんですけど、中止になってしまって。幻で終わったバンドメンバーと、<CDJ>の舞台でできるのはすごく嬉しいです。バンドのメンバーとは初めましてですし、まだリハをやっていないのでどんな感じになるのかわからないし、不安な部分もありますけど、私たちが引っ張っていくようなライブにしないといけないなと思っています。

――<CDJ>でのライブについては、ワンマンライブが終わらないと考えられないですよね。

まき:
って、くうちゃんが言ってます(笑)。

くりか:
1つのことにしか集中できなくて(笑)。でも、<CDJ>や<ロッキン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)>には、すごくお世話になっているスタッフさんがいるので、そのスタッフさんにも感謝の気持ちを伝えるライブ、感動してもらえるライブをしたいなと思っています。

あゆみ:
5月にバンドでワンマンができるってことになって、みんな、すごく喜んだんです。私もすごく楽しみだったんですけど、中止になってしまって……。その時のメンバーとライブができることになって、本当に嬉しい。でも、それってお客さんには関係ないんですよね。私たちの嬉しさなんて、観ている側にはいらないじゃないですか。だから、お客さんを楽しませることが1番。あゆみくりかまきとしてステージに立つんだから、バンドに引っ張られるんじゃなくて、私たちが引っ張っていきたい。その思いは3人とも持っているので、ワンマンが終わったら、しっかりリハをやって頑張りたいです。

あゆみくりかまき

1本1本、心から楽しんで、全力でライブしたい ―くりか―

――それでは、早いもので今年ももう終わってしまうということで、最後に来年の目標や、来年やってみたいことを教えていただければ。個人的なことでもかまいません。

まき:
あゆくまとしては、大きく変わるってことはないと思っているんです。今がベストだっていう気持ちが強いですし。だから、どうやって研ぎ澄ましていくか。今、ワンマンに向けて、リハで曲のおさらいをしているんですけど、今までは“まあ、いいや”って思っていたことも、しっかりと向き合っていかないと。曲の振り付けについても、私、2人にけっこう細かく言ってて。2人とも“わかっとるわ!”って思っているでしょうけど(笑)。でも、そこに向き合うことで、よいライブになると思うし、そこ(細かいところも精度を上げていく)が、今までのあゆくまには足りなかった部分でもあると思いますね。これまでのよさを生かしつつ、細かいところもしっかりできれば、もっともっとライブのスキルがアップすると思います。いきなり大きく変わるっていうのは難しいことだと思うので、“塵積”でやっていければ。時間を無駄にせず、細部まで突き詰めていきたいです。けっこう苦手意識があったんですけどね。人に何かを言うのも、人から言われるのも苦手なタイプなんで。でも、お互い言い合っていかないと。そういうことに気づけたのは、今年、配信ライブをやったからというのが大きいかも。自粛期間に、自分たちのことを見直すこともできたので、あの時間も無駄じゃなかったと思います。

――今年の経験を活かして、来年は、これまで築き上げてきたものを、さらに研ぎ澄まして精度の高いものにしていきたいというわけですね。

まき:
そうですね。個人的な目標ではなくて、あゆくまとしての目標だけになっちゃいますけど(笑)。

――自分のことはどうでもいいですか?

まき:
いや、そういうわけじゃないんですけど(笑)、自分のことなんて、些細なことなんで。人生をかけてあゆくまをやっているので、“大どんでん返し”を信じて来年もやっていきたいと思っています(笑)。

くりか:
目標かあ~、う~ん……さっきも話しましたけど、1本1本、“考えるな、感じろ”なライブができるようにしたいです。配信ライブも楽しかったんですけど、やっぱりまたぎに会いたいなって思っちゃうし。今の状況は、自分たちではどうにもできなくて、もどかしいですけど、だからこそ、1本1本、心から楽しんで、全力でライブしたいなと思います。

――やっぱり最初に考えるのはあゆくまのこと、ライブのことなんですね。

くりか:
はい、そうです!(笑)

――では最後に、あゆみさん、締めていただければ。

あゆみ:
今の状況が改善されるには、まだまだ時間がかかると思うんです。でも、会いに来られない人が多い分、逆に私たちがいろいろなところに会いに行きたい。もしできるのであれば、来年はあゆくまとしていろいろなところでライブをしたいなと強く思ってます。

まき:
ホント、そうやな。行きたいな。<クリパ>で、またぎにとって明るいニュースが届けられると思うんで、それも楽しみにしていてほしいです。素敵なニュースをプレゼントします!

あゆみくりかまき

ライブインフォメーション <あゆみクリパまき2020>

開催日時:2020年12月6日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京・日本橋三井ホール

一般チケット
全席指定 ¥7300(税込)
※特製オリジナルサイリウム付き
※ドリンク代(¥500)込み

【関連記事】

おすすめの記事