Yahoo! JAPAN

劇団鹿殺し、20周年記念公演第二弾は3年ぶりの新作 松島庄汰、河内大和、多田直人、谷山知宏らがゲスト出演

SPICE

劇団鹿殺し 活動20周年記念公演vol.2 『ランボルギーニに乗って』

劇団鹿殺しが、2022年7月に東京・大阪にて、活動20周年記念公演vol.2『ランボルギーニに乗って』を上演することを発表した。

2000年に旗揚げし、2021年に活動20周年を迎えた劇団鹿殺し。2021年~2022年を「劇団鹿殺し20周年YEAR」と銘打ち、2021年には活動20周年記念公演第一弾として『キルミーアゲイン’21』を紀伊國屋ホール/IMPホールにて上演した。そして今年7月、活動20周年記念公演 第二弾として、新作本公演を行う。

脚本は、数々の外部作品の脚本演出に加え、AbemaTV『主役の椅子はオレの椅子』の鬼コーチ、舞台版の脚本・演出、秋元康プロデュースの劇団4ドル50セントの脚本・演出、また7ORDERプロジェクトやNHK高松『小豆島に移住してみた!』、TV東京『下北沢ダイハード』の脚本と、話題作に次々と起用され演劇界を牽引する存在となった丸尾丸一郎

演出は、2013年の文化庁 新進芸術家海外研修制度によるカナダ留学を経て、舞台『曇天に笑う』、大阪市助成事業「大阪ドンキホーテ~ス」、イリュージョニストHARAを始め、世界で活躍するアーティストとのコラボしたロングラン作品『真Ninja Illusion LIVE The REAL』、歌劇『桜蘭高校ホスト部』など様々な作品の演出を手がける菜月チョビ

ゲストには、仮面ライダードライブで悪役の”ブレン”を演じ注目を集め、その後もドラマ『シャーロック』、舞台『ゲルニカ』、『罪男と罰男』、『富美男と夕莉子』など様々な作品で活躍をする松島庄汰、2004年以降『りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ』にて中核的存在として活躍し、以降、舞台『ヘンリー五世』、『春のめざめ」、NODA・MAP『THE BEE』など話題作へ次々と出演し強烈な印象を残す河内大和、演劇集団キャラメルボックスで数多くの作品で主演を担い、舞台『容疑者Xの献身』、『かがみの孤城』など客演でもその存在感を示す多田直人、今年創立35周年を迎える花組芝居の主軸を担い、椿組、木ノ下歌舞伎、新国立劇場シリーズなど近年その活動の幅をさらに広げる谷山知宏らが集結した。活動20周年の一歩に相応しいゲストが集結し、劇団員と共に2都市公演に臨む。

本公演は、丸尾・菜月作品への参加経験からお馴染みのキャストに加え、20周年にふさわしく「劇団」を知り尽くすからこそ集まった異色の取り合わせで劇団鹿殺しの活動20周年だからこそできる挑戦的な作品を目指す。

さらに20周年を記念して、「劇団」に所縁のある先輩方をゲストに迎えてスペシャル・アフタートークイベントや、観劇される方と双方向で作品を楽しめる企画、そして劇団鹿殺し作品をまだ見たことがないという方に向けてのスペシャル・キャンペーンなど、20周年を記念した様々なイベントが企画中。

劇団鹿殺しの20周年を、一緒にお祝いしてみてはいかがだろうか。

【あらすじ】
友人のマイケルが死んだ。
ある朝、水死体として発見されたのだ。
テルオは「明後日」と呼ばれる妄想の世界へ逃げ込み、ランボルギーニに乗って爆走する。
これはテルオが自分を守るために考え出した妄想だ。
しかし、同級生のトワだけは「明後日」の秘密を知っていた。
トワはテルオに「ラストデイ(世界最後の日)」と書かれたノートを手渡す。
2人の分身、テディとトリーは世界を守るために奔走する!
一方、テルオとトワはマイケル殺害事件の謎を追う!
これは不完全な人間たちの不完全な物語だ。
走れ、ランボルギーニ!
まだ見ぬ荒野に向かって

【関連記事】

おすすめの記事