Yahoo! JAPAN

銀杏BOYZが“スマホのみ”でライブ配信! 峯田和伸があえてスマホを選ぶ理由は?【直撃インタビュー】

ウレぴあ総研

Photo:小境勝巳

今年の春から夏にかけて予定していたワンマンツアー、横浜アリーナでのコンサートなどが、新型コロナウイルスによって全公演が延期または中止となった銀杏BOYZ。

この時期、「人前で演奏をすることができない」というのは、どのアーティスト、舞台関係者にとっても同じ状況ではある。

ただし銀杏BOYZの場合、同時期にリリース予定だった6年ぶりのアルバムも延期。さらには前述のワンマンツアーは、顧みると約15年ぶりにもなるアルバムリリースツアーの側面もあり、実に意味深い公演がいったんキャンセルになってしまったということだ。

当然、多くのファン、関係者は延期となった先までグッと我慢を強いられる日々だが、ここに来て、ちょっと嬉しいサプライズニュースが入ってきた。8月12日、銀杏BOYZがオンラインでライブを行う。

配信はスペースシャワーネットワークが新たに設立したオンラインライブハウス「LIVEWIRE」。すでに多くのアーティストがこの「LIVEWIRE」を介してのライブ配信を行っているが、銀杏BOYZは、なんと前代未聞のスマホ撮影によるライブ配信を行うという。

タイトルもそのままLIVEWIRE「銀杏BOYZ スマホライブ2020」である。配信を目前に控えたボーカル・峯田和伸に、このライブにかける思いを聞いた。

自粛中は、今までになかった「時間」が作れて良かった

ーー新型コロナウイルスで予定していたツアーが延期、中止となりましたが、どんな気持ちで受け入れましたか?

峯田まぁ、しょうがないよね。だって俺が「ああしろ、こうしろ!」ったって、どうしようもないからね、新型コロナウイルスは。

そりゃさ、こっちだって今すぐにでもライブで、大きな音で、演奏したいですよ。でもさ、「絶対にもう2度とアルバムも出せないし、ライブもできない」ってことではないからね。「1日も早くライブをやりたい」と思うんだったら、だからこそ、今はグッと我慢して、本当に感染拡大が収束するようにするしかないじゃん。

だから、これはしょうがないことだし、それはただただ普通に受け入れただけだったね。

ーー「峯田さん、この時期どうされているのかな?」と思うファンの方も多かったと思いますが……。

峯田普通にしてましたから(笑)。逆にさ、「外に出られないなら、なんか他のことやってみよう」みたいに、今までになかった「時間」が作れて良かったとも言える。

映画を観たり、曲を作ったりとかね。またさ、この間は「ライブも延期になるし、アルバムの発売日も延期になる。なら、さらにアルバムの音を詰めてみよう」と思ってネバれたのがかなり良かったよ。

レコーディングのことで言えば、俺1人でやれることではないんですよ。サポートメンバー、エンジニアさんとかと向き合ってやる作業だから、何度も中断しながら進めてた。

でもさ、たとえば打ち込みの曲とかは、協力してくれているUCARYさん(UCARY & THE VALENTINE)とメールだけでやりとりしながら詰めていったりして、これが良かった。

こういう時間が取れたことは、実は僕にとってはこの自粛で良かったことですね。普段だったらできないことだし。

敷居の低いスマホで何かを感じてもらえたら…

ーーそんなアルバム制作時期に、突如発表されたLIVEWIRE「銀杏BOYZ スマホライブ2020」。ライブ配信はこの時期珍しくなくなりましたけど、銀杏BOYZはスマホで撮影したものを配信するという。

峯田結構いろんなバンドが「どうにしかして、歌を通して気持ちを伝えたい」ってことでライブ配信をやってるじゃないですか。この気持ちはすごくよくわかるし、だから俺もやってみよっかなーと思ったの。

たださ、これは俺だけの感覚かもしれないけど、「ライブ」っていうのは、単にステージ側の演奏だけを見せればライブっていうことではないんだよね。やっぱりお客さんとバンドの空間ができてこそライブになると思うの。

銀杏BOYZで言えば、音だけじゃなくて、お客さんの汗とか、お客さんのヨダレとか、ライブハウスの湿気とか、「峯田ー」っていう声とか、「死ねー」っていう怒号とか。そういうものが全部一緒になって初めてライブになるんだ。

これに対して、ライブ配信ってまずお客さんがいないでしょ。だから銀杏BOYZで言うと、配信ライブっていうのは実はありえないことでもあったの。だからと言って「ライブじゃないんだから、練習スタジオでメンバーで音を合わせているところを見せましょう」っていうのもやっぱり違う。

でもさ、せっかくの機会でしょ。だったらちゃんとした機材を揃えて配信するんじゃなくて、徹底的に画質を悪くして、徹底的に音も悪くして見せたいと。それにはスマホで録るのが一番だなと思って。それでスマホでやることにしたの。

普段皆さんが動画とか写真を観ているようなあの画質ですよ。敷居の低い、あのスマホの感覚で何かを感じてもらえたらいいなと思って。

ーースマホは何台使うんですか?

峯田今のところ2台。自撮り棒のやつと手持ちのやつ。どうなるかわかんないけど、普段のライブでは味わえない映像になると良いなと思っています。

ーー観る人にメッセージはありますか?

峯田ない。

ーーないんですか?

峯田ないよ、そんなもん。だって音楽って、最初は俺が作ったとしてもさ、やっぱり誰かが聴いたり観たりしたら、それはお客さんのものになるわけだから。だから、観てくれる人は、勝手に楽しんでもらうのが一番良いよね。勝手に楽しんでもらって、銀杏BOYZとお客さんの間で何か共有できるものが生まれたら最高。

俺はそれをやりたくて、ずっとバンドやってるんだから。だから、スマホでのライブも、家だろうとどこだろうと、好き勝手に自由に楽しんでもらえたらいいなと思っています。

LIVEWIRE「銀杏BOYZ スマホライブ2020」

2020年8月12日(水)20:00 開演 ( 19:00 開場 )~2020/8/18(火)
会場:PIA LIVE STREAM

(ぴあWEB/松田 義人)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 虹コン、泥んこになりながら稲刈りに挑戦! 「“これが収穫か!”と感動し、楽しい気持ちになりました!」

    Pop’n’Roll
  2. 「うわぁかわいい!」ダックスパピーを見て超笑顔!ドラマのような超ホッコリシーンに癒された【動画】

    ダックスフンドライフ
  3. CY8ER[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]“別れ”を意識したエモさあふれる熱演「ぶち上がっていくぞー!」

    Pop’n’Roll
  4. 熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成による男性声優5人組グループ「GOALOUS5」、テーマソングCD第2弾のジャケット、MV(Short Ver.)を解禁

    SPICE
  5. 加藤浩次、山本圭壱に“紗理奈と結婚”猛プッシュ

    ナリナリドットコム
  6. 熊本市電に3両編成の新型車両導入計画 朝夕ラッシュ時の急行運転も?

    鉄道チャンネル
  7. 星野源・長谷川博己・新田真剣佑・橋本環奈・浜辺美波が“全員先生”に 新TVCM「先生、5Gって知ってる?」篇が全国でオンエア

    SPICE
  8. Appare![NATSUZOME2020 Legendライブレポート]キラーチューンを連続投下したアクセル全開アクト!

    Pop’n’Roll
  9. 埼玉「おふろカフェutatane」サウナとお部屋でゆっくりする『ととのう旅』国内でフィンランド体験!

    おんせんニュース
  10. 大人なバナナジュースが話題!代々木公園「TREE by NAKED」

    WWSチャンネル