Yahoo! JAPAN

【子育て】遊びが増える「夏休み」こそ注意!子どもに絶対伝えたい“お金のルール”6つ

ウレぴあ総研

夏休み中も規則正しい生活を、と心がけてはいても、やっぱり乱れてしまいがちな生活リズム。

そんな気のゆるみがお財布のゆるみにつながらないよう、この夏休み中に親子でしっかり「お金」について話す時間をつくってみてはいかがでしょうか。

小学生低学年のうちは公園等で遊ぶことがほとんどですが、高学年にもなると、子どもの交友関係や行動範囲が広くなり、保護者の目が行き届かなくなります。

その分、子ども自身が判断していく機会が増えるので、その前に子ども同士で出かける際の、家庭内での「お金のルール」を話し合っておきましょう。

お祭りで散財!?

筆者の息子が小学2年生当時、PTA主催のお祭りが小学校で開催されたときのことです。

各クラスの保護者がそれぞれ出店を担当し、私は「スーパーボールすくい」の受付担当となりました。
一回200円のスーパーボールすくいは子どもたちに大人気!受付前は長蛇の列で、子どもたちが次から次へと小銭を握りしめてやってきます。

楽しんでくれるのは嬉しいのですが、その中に何度も繰り返し列に並ぶ子がいて、合計で1500円近くもつぎ込んでいたのです。度々「大事なおこづかい、足りなくならない?」などと声掛けしましたが、その子は「だいじょーぶ!」と笑顔で応じてはまた列に並んでしまいます。

担当者同士で打ち合わせて、急きょ「お一人様2回まで」というルールを設けましたが、その子の親御さんは我が子がそんなにつぎ込んでいるのを知ったら仰天されるのでは…と心配になりました。

お祭りなどの場の雰囲気に流されて、お金を使いすぎてしまうことのないよう、事前にしっかりと家庭内で話し合っておくことの必要性を感じた出来事でした。

子ども同士で出かける際の「お金のルール」

我が家の小学4年生の息子は、友達と公園で遊ぶときのお菓子やジュース代には自分のおこづかいを使っています。

そこで定めている我が家の「お金のルール」と、その理由はを紹介します。

1.おこづかいの中から、自分で決めた金額(300円~500円の範囲内)以下を持っていくこと

理由:大きなお金を持ち歩くと、紛失したり使いすぎたりする可能性があるため。

2.買い物をしたら必ずレシートをもらい、おつりの金額を確かめること

理由:レシートを見て、金額を確認する習慣をつけるため。

3.エコバッグ、水筒を持っていくこと

理由:レジ袋は買わないなど、普段からコスト感覚を持てるようにするため。

4.お金の貸し借りはしないこと

理由:友達同士でのトラブルになる可能性がある為、原則禁止としています。

交通費が足りず友達が困っている場合といった例外を除き、安易に貸し借りしないよう伝えています。

5.おごったり、おごってもらったりしないこと

理由:お金の貸し借りと同様、友達同士でのトラブルになる可能性がある為、原則禁止としています。

ただし、アレルギーに配慮しつつ、自分で買ったお菓子を友達とシェアして食べるのはOKとしています。

6.お金のトラブルにあったら、すぐに家族に相談すること

理由:お金のトラブルは子どもだけでは対処が難しいことも多いため、大人への相談がとても大切です。

「独立行政法人国民生活センター」のホームページでは、身近な消費者トラブルの事例が参照でき、最近のお金のトラブルの傾向などがタイムリーに把握できます。

近年急増している、オンラインゲームの高額課金や架空請求などの事例を共有し、もしお金のトラブルに巻き込まれたり、困ったりしたことがあれば、一人で悩まずすぐに相談するようしつこいくらい伝えています。

どれも当然のようですが、ルールは理由あって定めていること。こちらは伝えたつもりでも、子どもにはきちんと伝わっていないことがありますので、根気強く重ねて伝えるようにしています。

「お金のルール」定期的な見直しのポイント

家庭内のお金のルールやおこづかい制度については、子どもの性格や成長段階にあわせて定期的に見直す必要があります。

見直す際のポイントは2つあります。

過去の買い物の様子をふりかえり、子どもの消費傾向にあわせた方法を試す

例えば、無駄遣いしすぎる子であれば、おこづかいの一部は貯金するルールを追加したりします。

逆に、全くお金に興味がない子であれば、自分や他人の為にお金を使う楽しさを体験できるようにしたりと、身につけてほしい習慣を経験できるよう、うまく誘導してあげるとよいでしょう。

子ども自身が「何にいくらお金を使ったか」把握しているかを親子で確認する

一円単位まで把握しておく必要はありませんが、「いつのまにかお金がないけど、何に使ったか覚えていない…」という状況なら修正が必要です。

レシートや電子マネーの履歴を確認するように伝えましょう。

中高生ともなれば、キャッシュレスでおこづかいを支給している家庭もあるようですが、いつ・いくら・何に使ったのかを親子で確認し、子ども自身でお金を管理できる習慣を身につけられるよう、周囲の大人がサポートできたらいいですね。

きょうだいでも性格がまるで違う我が家の子どもたちですが、お金はあるだけつかってしまうタイプの妹に関しては、おこづかいを毎月一度支給するのではなく、毎週分割して支給するルールに変更してしばらく様子を見ようかと検討中です。

無駄遣いをしないタイプの兄に関しては、ゲームソフトやパソコンが欲しいという希望があるため、長期的な資金計画を実行するためのサポートをしています。

同じ商品でも、時期や販売店により、値段が違うことなどを親子で調べるのも楽しいものですし、自分で苦労して手に入れたものならば、長く大事に使うことができるのではと考えています。

まずは大人が率先して「お金の話」を

お金についてよく話題にする我が家ですが、先日は「万引き」について息子と話をしました。

その中で、お金を支払わずに品物を持ち帰ることは「窃盗罪」という犯罪であり、お店が得るべき利益を台無しにする卑劣な行為であると夫が説明していました。

さらに、商品の値段すべてがお店の利益になるわけではなく、原価等を差し引いた一部の金額がお店の利益になる事なども話題にあがり、万引きがなぜいけないのかを息子なりに理解してくれたようです。

日常的に子どもとざっくばらんにお金の話をすることは、大人にとっても様々な気づきが得られるのでお勧めです。

また、子どもは意外に大人たちの行動をよく見ているものです。口で言っていることとやっていることが違うと、子どもは大人を信用しなくなります。

お金を大切に扱うことは言うまでもありませんが、お会計時にはお店の人に「ありがとうございます」「ご馳走様でした」と気持ちよく感謝の気持ちを伝えるなど、日常生活の中でお手本となれるようなお金の使い方を実践してみせることが、子どもたちの金融リテラシー向上のためには効果的です。

【執筆者プロフィール】髙柳 万里
キッズ・マネー・ステーション認定講師/ファイナンシャルプランナー

金銭教育を受ける機会が全くないまま社会人となっていたことに愕然とし、必要に迫られて平成二十年FP資格取得。

「創意工夫と試行錯誤」をモットーに、主に親子向け金銭教育や教育費関連について執筆しています。

(ハピママ*/キッズ・マネー・ステーション)

【関連記事】

おすすめの記事