Yahoo! JAPAN

2.5次元ミュージカル・舞台おすすめ人気作品ランキング…刀剣乱舞、テニスの王子様、鬼滅の刃がTOP3に。

ランキングー!

2.5次元ミュージカル・舞台おすすめ人気作品ランキング

漫画・アニメ・ゲームなどを舞台化した「2.5次元ミュージカル」。

原作を限りなく忠実に再現したビジュアルに、オリジナリティあふれる革新的な演出や歌・ダンスで次々にビッグブームを生み出し、今や舞台におけるひとつの演劇ジャンルとして安定の人気を誇っています。今回はそんな2.5次元作品に「興味はあるけれど、どれから見たらいいのか悩んじゃう…」という方へ向けた<入門編>として、人気の王道作品情報をまとめたランキングを発表!間違いなく、素敵な世界に出会えますよ~!

※新型コロナウイルスの影響にて、舞台公演中止・延期となっている場合がございます。最新の公演情報は各公演の公式ホームページなどでご確認ください。
1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【2.5次元ミュージカル・舞台おすすめ人気作品ランキング】

第1位 テニスの王子様
第2位 刀剣乱舞
第3位 鬼滅の刃
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)

2.5次元の先駆けにして現役人気シリーズ。第1位はテニスの王子様!

<投票者のコメント>
「2.5次元人気の先駆け作品!漫画を再現するオリジナルの手法、演者さんの熱が素晴らしい。永遠に語り継がれるべき作品」

「2.5次元舞台に興味があるならやっぱりテニミュからでしょ!」

「何度見ても見飽きない名作シリーズです。ここからブレイクした俳優もたくさんいます。自分でもこんなにハマると思わなかった!キャストさんみなさん素敵なお人柄なのも素晴らしい」

堂々の第1位に選ばれたのは、2.5次元ミュージカルの原点と言われる「テニスの王子様」通称“テニミュ”!
歌やダンスといったミュージカル要素をふんだんに盛り込みつつも、原作に忠実なビジュアルや設定で2.5次元の先駆けと言われる舞台を作り上げたテニミュ。テニスボールをピンスポット照明のみで表現し、演者はラケットを手に踊り、歌う。さらに同キャストでライブステージを行うなど、ファンを喜ばせる手法を次々に編み出し2.5次元カルチャーの原点を築き上げました。それでいて、2003年の初演から18年目となる今もなお現役の人気シリーズというから驚き!
さらにテニミュは斉藤工さんや城田優さんなどの人気俳優を排出し続ける「若手俳優の登竜門」という一面も。3rdシーズンで青学10代目・越前リョーマ役に抜てきされた阿久津仁愛さんも、今まさに大ブレイク目前!ネクストブレイク俳優にいち早く会いに行けるのも魅力のひとつ!これまで舞台演劇に興味がなかった人でも、アニメ・漫画に興味がなかった人でも…見れば必ず大きな感動が待っているはず!


舞台とミュージカル、2つの異なる実写化で大人気!第2位は刀剣乱舞!

<投票者のコメント>
「演者さんがみんな役になりきっていて本当に完璧。歩き方やお辞儀の仕方など、時代設定に合わせた動き・セリフは勉強にもなる」

「紅白にも出た貴重な作品!」

「それぞれの役者さんを最大限魅力的に見せている舞台。舞台で沼落ち、原作ゲームにもハマっちゃいました」

2位は日本刀が擬人化した“刀剣男子”を育成するシミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の舞台&ミュージカル!一見同じように見えるこの2つ、実はキャストからストーリー、テーマまでまったくの別物。ミュージカル版は“刀ミュ”、舞台版は“刀ステ”の愛称で親しまれ、ゲーム&2.5次元の市場規模としてはトップクラスのモンスターコンテンツとなっています。

ミュージカル「刀剣乱舞」は、ミュージカルとライブパートの二部構成!佐藤流司さん(加州清光役)、黒羽麻璃央さん(三日月宗近役)、太田基裕さん(千子村正役)、有澤樟太郎さん(和泉守兼定役)、鳥越裕貴さん(大和守安定役)など今をときめく2.5次元俳優を多数輩出しているのも刀ミュのスゴイところ!ミュージカルで感動し、ライブパートでアドレナリンを放出!一度で二度楽しめる、最高のミュージカルです!

一方で舞台「刀剣乱舞」は、重厚なストーリーとキャラクターごとに個性ある殺陣がみどころのひとつ。舞台版のキャストは鈴木拡樹さん(三日月宗近役)、荒牧慶彦さん(山姥切国広役)、 和田琢磨さん(歌仙兼定役)、和田雅成さん(へし切長谷部役)、東啓介さん(燭台切光忠役)とこちらも実力と人気を兼ね備えた役者がズラリ!何度だって新しい発見と感動を与えてくれるハイクオリティな舞台、必見です!

早くも舞台化で話題沸騰!第3位は鬼滅の刃!

<投票者のコメント>
「バトルアクションの演出・魅せ方、役者さんたちの殺陣が素晴らしくかっこいい!」

「華やかで力強く、漫画・アニメの再現度も高い!想像以上に面白かった。無惨様、歌うますぎ!」

「全集中の呼吸とか再現できる~⁉って思っていましたが、完璧です。圧巻。鳥肌もの!泣いた!!」

3位は令和のメガヒット作「鬼滅の刃(漫画:吾峠呼世晴)」を実写化した舞台「鬼滅の刃」通称“キメステ”!ここ数年は、ヒット作が2.5次元舞台化…という流れも増えてきましたが、中でもとびきり注目が集まった作品。初演は2020年1月。東京・兵庫で全20公演、さらに79館にてライブ・ビューイングが実施され、多くの鬼滅ファンに届く舞台となりました。
鬼滅作品の見どころである鬼とのバトルシーンは、役者たちの殺陣に合わせて「呼吸」と呼ばれる必殺技を映像で表現。さらに舞台ならではの劇中歌では鬼舞辻無惨役の佐々木喜英さんが華麗なる歌声を披露!キャストは小林亮太さん(主人公・竈門炭治郎役)、高石あかりさん(竈門禰豆子役)、植田圭輔さん(我妻善逸役)ら若手実力派が集結。漫画・アニメのみならず舞台でもまたまた大ヒットを叩き出す「鬼滅の刃」ブームはまだまだ終わりそうにない!


4位以下には他にも、弱虫ペダル、ハイキュー!!、黒子のバスケといった作品がランクイン!あなたはどの作品に興味がありますか?

以上、10~40代の男女4382名が選んだ「2.5次元ミュージカル・舞台おすすめ人気作品ランキング」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10~40代の男女4382人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事